京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 07月 31日 ( 1 )

大杉先生との出会い

 7月27日(金)に、札幌コンベンションセンターにて、セミナーが行われた。
この日は、辞書について大杉正明先生が、講演された。その後、今井が辞書の実践的な
使用について、実際に電子辞書を使いながらセミナーを行った。大杉先生は、約30年
前の貴重な英英辞典を持参され、表紙はなく、ぼろぼろと紙が落ちるような年代物のウ
ェブスターを慈しみながら、見せてくれた。英語の学びに対する深い愛情を感じた。
 前夜、札幌グランドホテルにて、夕食をとりながら、英語教育談義に花を咲かせてい
た。同僚も2名参加し、素敵な時間が流れた。大杉先生のラジオ講座のお話し、愛車
ポルシェのお話し、現在務めている清泉女子大のお話し、どのお話しにも、きらっと
光る話題が含まれていた。常に何が本質かを問いながら生きてきた先生の人柄を感じた。
ラジオやTVで訥々(とつとつ)と語る大杉節に包まれて時間は過ぎた。
 爆笑、爆笑であっという間の3時間が過ぎた。大杉先生は、「そろそろ良い時間だね」
と言う。この日は、日本対スペインのサッカーの試合だ。応援するらしい。流石、
テニスで日々自分を鍛えている。体も筋肉質で、日に焼けている。トレーニングの成果だ。
アンジェラ・アキさんを絶賛していた。一緒に番組作りをすると人間性が見えるらしい。
 我々、50代の英語教員が目指すべき60代の先生に触れた思いだ。英語を愛し、本を
愛し、音楽を愛し、ファッションやデザインを愛する。苦労もたくさんあったであろう。
苦労しているからこそ魅力が増すのだろうと思った。
 じつは僕も苦しい日々だ。全てが理想的には進まない。でも苦労があるから、人とし
ての価値が増すのだと言い聞かせている。人生は一度である。先輩方の中に、光る人材を
見つけて、目標として生きていきたいと思う。
 次回は、7月28,29日のセミナーについて書く予定。これから郵便局と銀行に行って
から、学校に行って、残りの仕事を片付け、生徒の添削を返し、講習(補習)の準備を
する。暑い夏だが充実している。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2012-07-31 08:21 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)