京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

札幌セミナーby啓林館終了

吹雪の中、開催された札幌でのセミナー。
かなり前から準備してこられた福塚支店長さんはじめ、スタッフの方々の心配を
よそに多くの先生方に集まっていただきました。今回はライティング指導についてお伝えしました。正確さと流暢さのバランス、そこを鍛える地道ながら、効果ある指導法を共有しました。セミナーも何度も受けることで自分のイメージが確信に変わります。やはり、体験を積むことが人を成長させますね。
若い頃の僕は、あらゆるセミナーに出かけました。最初は模倣でした。徐々に自分流に変えていきました。先輩の背中を見ながら、気が付くと自分がたいそうな年齢になっていました。日々、研鑽しかありませんね。
来月は東京へまいります。
12月10日(日)です。啓林館東京支社にお問い合わせください。
東京でお会いしましょう。
以下、北の英語大学セミナーの内容です。こちらもよろしくお願いします。

第6回「北の英語大学セミナー」の要項ができました。全国から参加される先生方と是非、交流し、学びを深めてください。

1.2018年を北海道函館からスタートしませんか。新しい学びがあるはずです。

2. 日 時 2018年1月
4日(木) 13:30~16:50
5日(金) 9:00~16:30 ...
6日(土) 9:00~11:10

3.場 所   遺愛女子高等学校(函館市)

4.対 象   全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員 及び 英語教育に携わっている方々

5.テーマ  「英語の基礎力を充実し、発信力をつける授業のための指導の工夫」

6.講 師
・山岡 憲史 (立命館大学教育開発機構 教授)
・臼田 悦之 (函館工業高等専門学校 教授)
・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)
・藤原功生  (函館ラ・サール中学校・高等学校 教諭)

7.参加者2名によるマイクロティーチング (100分(20分授業・20分解説・10分QA)×2人)

8.タイムテーブル 
4日(木)
13:00~13:30  受付
13:30~14:30  藤原功生講師によるセミナー「コンテクスト設定から始めるReading」
14:40~15:30 今井康人講師によるセミナー「ACTIVE Writingの指導法SSCCの実践的活用法の伝授」
15:40~16:50 山岡憲史講師によるセミナー「文法学習と読解からアクティブラーニングへ①」

5日(金)
9:00~10:00  今井康人講師によるセミナー「コミュニケーション英語Ⅱの授業展開・語彙・音読指導」
10:10~11:10  今井康人講師によるセミナー「英語の理解・内在化・発信のプロセス体験」
11:20~12:20  臼田悦之講師によるセミナーTBLTにおけるタスク作成の考え方-インプットタスクからアウトプットタスクまで」
13:20~15:00  参加者2名によるマイクロティーチング(20分授業・20分解説・10分Q&A)×2人)
15:10~16:30 山岡憲史講師によるセミナー 「文法学習と読解からアクティブラーニングへ②」

6日(土)
9:00~10:00 今井康人講師によるセミナー「基礎を固め、豊かな英語力を育む文法指導の実践」
10:10~11:10  山岡憲史講師によるセミナー「文法学習と読解からアクティブラーニングへ③」

9.費 用  参加費 3日間 6000円(書籍代金含む)(1日参加2000円)

10.主 催  北海道英語授業研究会(代表 今井康人 事務局長 瀬戸伸晴)

11. 申込先  メールまたはFAXにて下記まで申し込みください。宿泊や交通の斡旋をご希望の方は、申し込み時にご相談ください。会場へは、ホテル法華倶楽部が近いです。宿泊先のご相談にも応じますので、メールしていただければと思います。
事務局長    瀬戸伸晴(せと のぶはる)  
メールアドレス nobseto1978@icloud.com  
FAX番号   0138-33-4565

①申込者氏名 (ふりがな) ②性別 ③年齢 ④連絡先メールアドレス ⑤勤務先
※参加費は当日、会場受付でお支払いください。


[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/27737148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2017-11-20 16:53 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)