京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

不安のない人はいない

 どんなに授業が上手くなっても、どんなに英語が出来るようになっても
授業前に不安にならない人はいない。たぶん、英語教育の道を極めれば、
極めるほど、あれこれ考え、悩みは尽きないのだろう。
 長女の教育実習が始まった。初日から落ち込んでいた。忙しすぎて、
足下が見えなかったようだ。そうそう、今の学校現場は、やたら忙しい。
いつ授業準備をしたらいいのか、いつ小さな問題解決をした方がいいのか。
なかなか見えないものだ。
 50代の先輩達を見ていると、力の入れるところと抜くところがわかって
いる。生徒指導のここは重要という部分がわかっている。だから、ここま
では許容範囲ということが明確になっている。だから、余裕があるのだろ
う。
 一生懸命に走る20代、充実の30代、リーダーになる40代、後輩を育成
する50代、そして、定年が65才になろうと世の中はシフトしている。
 そうなるとみんなを陰から支える60代になるのではないかと僕は思って
いる。どの世代に属していても重要なのは、授業を基本としていること。
教壇から僕の22才は始まった。そして、49才、27年間、教壇に立たせて
いただいている。
 僕のつたない授業だが、色々なところから見に来ていただいている。
 今日は名古屋からケンブリッジ大学研修の仲間がやってくる。
 明後日から、広島だ。舟入の西先生がいる広島だ。翌日は大阪、9月2日
には京都に泊まる。立命館大学の山岡憲史先生、立命館宇治の東谷先生が
いる。3日は東京。品川のパシフィックに泊まる。9月で閉館するとのこと
で高校生の団体を初めて泊める高級ホテル。世界一のホテルに生まれ変わ
るらしい。生徒にも良い思い出になるだろう。
 ipadがあるので、メールのチェックなど自由自在です。良い時代になりま
した。ホルスト「惑星」から「ジュピター」を聞きながら。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/13871384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2010-08-29 10:12 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)