京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

授業改善

 どんなに授業が上手くなっても、生徒の英語力が向上し、生徒の人間形成に良い影響が
ない限りは、まだまだです。生徒の心に届く授業がしたいものです。
 中国の英語教育が暗記中心から、大きく変化しています。体験型、あるいは経験型という
ことができるでしょう。詳しい内容は、リサーチしなければなりませんが、自然な言語習得
を目指したのでしょう。子供が言語を習得するとき、無理な暗記はしません。きっとそのプ
ロセスを再現したようなシステムを組んでいると思います。
 ただ、高校生が今の言語環境の中で、英語を急速に習得するには、音読・暗写・多読は
必要だと思っています。小学校から高校までの英語習得プログラムを完成させれば、日本は
かなり変わっていくでしょう。音を重視した指導から進むべきでしょう。
 ユニクロや楽天の動きは、すでに地球的規模で英語をツールとして使いましょうという
メッセージでもあり、そうしなければ日本が世界から取り残されていく状況になっていると
いうことでしょう。世界を相手にしている企業は切実な問題なのです。
 今のところ一般大衆は、英語が出来なくても、生きて行けそうですが、これからの職業を
考えるとき、英語が出来る日本人は仕事があり、英語が出来ない日本人は仕事に制限がでて
くるかも知れません。Nationalでは7割の新入社員は外国人にするそうです。
 英語教育の平成維新が始まっています。小学校も中学校も高校も大学も何とかしなければ
と考えているのに、それぞれがばらばらに動いていては効果が半減です。
 中・高一貫校が風穴を開けてくれていますが、目標が大学入試だけでは、片手落ちです。
発信力の強化こそ、今一番大切ではないかと思っています。Output中心の英語教育が今こそ
必要です。
 「読んでは話す、聞いては話す、書いては話す」という山岡憲史流の活動が重要なのでし
ょう。ペアワークが生徒の英語力を変えていくでしょう。
 では、また。
 
[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/13591116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2010-07-14 00:28 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)