京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

夜中の格闘

 原稿書きという作業が容赦なく、僕に襲いかかる。毎日、何をするか決まっている。
今日は、明日からの札幌での仕事のPP資料作り。昨日は、本関係の原稿書き。
昨日は夜中2時30分に、原稿書きを終了し、風呂に入り、就寝。しかし、脳が活性化
してなかなか寝付けない。体は、寝ようとしているのに、脳は活発にいろいろと考え
る。なるほど、知人の先生が、夜中の原稿書きはやらないようにしているという意味
がわかった。脳は興奮状態なので、なかなか寝付けないのである。
 今日は、12時前に、資料作成が終了しているので、これから、風呂に入って寝よ
う。明日は、1時間目に英語科会議を行い、11時に校長と面談、昼に新聞社の取材を
受けて、午後から教育実習生受け入れ準備。何しろ僕は今年から教務部にいるのだ。
夕方、札幌に向かい、9時過ぎにホテルに到着。プレゼンの予習をして、早めの就寝と
行きたい。しかし、宿泊するホテルのバーのオリジナルカクテルは秀逸なのだ。
これが困る。ホテルのバーを好む人は、そのホテルのオリジナルが頭に入っている。
しかし、僕は早く寝るだろう。2時間で6クラスの授業を回る。じっくりと一つのクラ
スを見れない分、違った視点で、それぞれの授業を見せていただく。授業を見て、
コメントする仕事が最近、少しずつ増えている。セミナーや講演、ワークショップは
慣れてきたが、授業へのコメントは、まだまだこれからの世界。
 苦労がわかるだけに、コメントも実践的になるだろう。
 最近、2名の女性教員の方が見学に来られた。コメントに感動した。僕の授業を、
見てからも苦労の連続に変わりはないが、自分の中では大きく変わっていて、授業に
自分なりのビジョンを持てるようになったという。目標や意識で人は変わる。
 教員が変わっていくお手伝いをすることも、僕の仕事のように感じている。
 若い先生方が生き生きとするとき、僕はとても嬉しい気持ちになる。たぶん、
未来が明るくなるからだと思う。希望があるから人は生きていけるんでしょう。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/13404087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2010-06-03 23:26 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)