京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

それぞれの春

 引っ越しのシーズン。
 出発する人がいて、来る人がいる。本校の校長先生も札幌へ転勤し、次の日新しい校長さ
んが到着した。2年から3年で校長先生は代わる。本校は地域の中心校なので、立派な校長先
生が来る。先生方も定年退職する人、市内移動する人、別の街に行く人など合計9名の職員が
入れ替わる。本校は研究指定校なので、英語科の職員はさらに一人増える。ありがたい。
時間的余裕は新たな創造を生み出す。人の力がチームになることで、さらに大きなパワーに
なる。組織の力は偉大だ。個人の動きには自由もあるが、限りがある。正しい方向に動いて
いけば、必ず同意してくれる人が現れる。そんな人生が僕の人生のような気もする。
 人生は出会いの蓄積なのだろう。
 良い人生とは、良い出会いをどれだけ積み重ねることができるのかにかかっている。
 長寿の地域、沖縄では、年寄りを大切にし、アドバイスをもらう。年寄りの経験は人生の宝
なのだ。そして、食材がすばらしい。昆布をたくさん食べ、豚肉を湯がいて食べる。プロテイ
ンは、細胞の老化を防ぐ。そして、良く踊る。お祝い事には必ず、音楽に合わせて踊る。運動
が重要なのだ。
 コミュニケーション、食事、運動は長生きの3要素なのだ。
 んー僕は、今運動不足だ。時間があれば、原稿に向かっている。ひたすら、本を読み、考え、
書く。運動不足解消が当面の課題。
 今日から札幌に向かう。二女のアパートのセッティングが目的だ。良い環境を作り、しっか
り勉強してもらおう。貴重な大学生の時にたくさんの本を読んで欲しい。外国にも行って欲しい。
ボランティアにも積極的に参加して欲しい。しかし、ただ見守りたい。口は出さず。
 自分で考えて動かなければ、意味はない。
 石原裕次郎さんのように「我が人生に悔いはない」と歌ってほしいものだ。
[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/13086694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2010-04-02 08:44 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)