京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

3年生の自由英作文講座も最終段階です。

 3年生の自由英作文講座もまもなく終了になります。添削の日々でしたが、
次の講座で必ず返却すると約束したことが守りきることが出来て、良かった、
良かった。さらに、生徒達の作文力が、確実に向上していったことが、じつに
嬉しかった。一生懸命に、学校に来てくれた生徒達。この時期、東京や札幌に
受験にいく生徒がいて、講座には余程の事がないと来れない。
 さすがに、国立大学の二次に向けて、一秒も欲しいのだろうが、寒い中、
良く通ってくれた。講座最中に、医学部の合格がわかった生徒もいた。皆で、
拍手したこともあった。センター利用で、中央大学などに合格している生徒は
早稲田、慶応に向けて、さらに努力を重ねている。
 一緒に英国に短期研修に行った生徒は、ICU、上智に合格。後は、東京外大の
結果を残すのみ。上智はどうだったとの問いに、楽勝でしたとの心強い返事。
僕は高校生の頃、ICUに行きたかった。父親に交渉したが、長男は、遠くに出さ
ないという昔ながらの理由で断念。その代わり、教員になってからは、海外に
行きまくった。その後、今の函館中部高校に転勤してきてから、しばらく海外に
行っていなかった。暫くぶりに、一昨年、昨年と、英国に行ってきた。昨年の
ケンブリッジ大学での研修も充実していたし、一昨年のウェールズも感動的だ
った。
 今年も、わくわくするような一年にしたいものだ。すでにいくつかのプロ
ジェクトが進んでいる。山口で学んだディクトグロスは、かなり使えそう。
岡山大学の高塚先生にならった、グラマリングも興味深い。
 3月には、タヒチ救済チャリティーワインパーティーを企画している。どうな
りますか。また、3月の送別会の幹事になっている。日本酒は特にこだわる。
山口の松井先生にはかなわない。良い日本酒は日本の文化だと思う。
 今週は、立命館大学の山岡先生がいよいよ函館上陸。2泊3日でどっぷりと
山岡ワールドにつかりたい。そこに、英語の達人が集結する。参加した先生方の
英語教育観が少しでも変わったら、最高。
 明日は、北広島高校から11名の英語科の先生方が来られる。良い交流が出来
ればと思う。今週も忙しそうだ。

 下記のように成果発表会を行います。申込みは下記の今井のメールアド
レスにいただければと思います。ホテルは、本校まで歩いて行ける距離に、
ホテルシエナ五稜郭があります。
何と、素泊まりで3500円です。劇団四季の定宿でもあり、良い雰囲気
のホテルで、隣はコンビニです。函館の街の真ん中にあります。予約は、
0138−55−0487まで直接、ご連絡ください。

平成21年度 函館中部高校「英語教育の改善のための調査研究事業」に係わる
  運営指導委員会・成果発表会開催要項

1 目  的 : 海外大学と連携し、総合的な英語力を効果的に養成できる授業
        方法の研究開発について研究授業及び成果発表会を実施し、
        今後にむけた課題を協議し、その成果を広く紹介する。
2 日  時 : 平成22年2月18日(木)、19日(金)
3 会  場 : 北海道函館中部高等学校
      〒040-0012 北海道函館市時任町11-3
     Tel 0138-52-0303 Fax 0138-52-0305
4 日 程
2月18日(木)
15:00-15:30 受付
15:30-17:00 講演会 「これからの英語教育~小・中・高・大の連携~」
        講師 山岡憲史教授(立命館大学)
2月19日(金)
10:15-10:45 受付
[研究授業]
10:45-11:35 (英語Ⅱ 厚谷智教諭,英語W 辻広美教諭,英語Ⅰ 荻津賢教諭)
11:50-11:55 開会式
12:00-12:40 授業について意見交換
12:40-13:40 昼食
[ 運営指導委員会]
13:40-14:10 成果発表Ⅰ 海外連携プログラム全般について(白鳥宏之教諭)
14:15-14:45 成果発表Ⅱ ディスタンスラーニングについて(辻広美教諭)
14:50-15:50 シンポジウム 「これからの英語教育~小・中・高・大の連携~」
15:50-16:00 閉会式 
5 シンポジウム参加者
  萬谷隆一教授(北海道教育大学札幌校),山岡憲史教授(立命館大学),
  御手洗昭治教授(札幌大学),臼田悦之准教授(函館工専)、
  加澤雅裕主査(北海道立教育研究所)、 伊藤都章指導主事(道教委)
6 申し込みの締め切りは2月16日(火)。
7 問い合わせ 担当 : 今井康人  E-mail : imai3598@hokkaido-c.ed.jp
8 昼食を希望者のみ700円にて用意。
9 講演会、研究授業、実践発表・シンポジウムのみの参加も可。
[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/12840219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2010-02-14 17:28 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)