京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

感動の札幌

 今日、札幌から帰ってきました。
 ベネッセ主催、英語教育研究会に参加し、大麻の森田先生、帯広のジョイ・イングリッシュ
・アカデミーの浦島久学院長に会い、大いに盛り上がりました。浦島先生のブログ「浦島久の
玉手箱」も是非、ご覧ください。英語教育の情報満載です。
 特に、山口県英語教育フォーラムで、久保野りえ先生が行ったセミナーでは、浦島先生の
お父様が中学校教科書に記載されており、その題材を使いながら、感動の授業を行いました。
そのお話などもしながら、浦島先生と盛り上がった次第です。
 さて、札幌西高校の髙橋哲先生の講演は、素晴らしかった。57才での授業変革がテーマ
で、内容は、宝石のようなきらめきを持つ、英語教育の実践紹介であった。
 成功の原因は、つねに「生徒のために」がキーワードになっていたことに尽きる。
 髙橋先生の生徒への深い愛情のなせるものだと痛感した。
 後輩教員たちの胸にしっかりと刻まれた。
 今回は、相武さん率いるベネッセ北海道事業所チームに東京から青木さんが加わり、パワー
アップし、見事な運営がなされた。
 当初、130名だった参加人員が、160名を超える規模になったのは、この時期にして
非常に希有なことであった。大成功であった。
 北海道から、間違いなく新しい英語教育が発信されるものと確信している。
 今後も日本の英語教育改革に向けて、一日たりとも無駄にはできないなと感じた週末だった。
[PR]
トラックバックURL : https://yasuhitoi.exblog.jp/tb/12455232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2009-12-07 02:00 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)