人気ブログランキング |

京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大阪ロングセミナーはいよいよ明日です。
甲子園決勝とかぶってしまった。甲子園と同じくらい熱くお送りします。
明日は5時間に及ぶ内容ですが、授業方法とコンセプト、中でも音読はなぜ
有効なのか、その理由を明日、初公開。脳科学から回答します。
どうぞお楽しみに。大阪、本町(ほんまち)でお会いしましょう。
よろしくお願いします。

# by yasuhitoi | 2019-08-21 20:47 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
夏休みですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
函館には台風が来ています。が、風が少し強いくらいで、雨が降っています。
大きな被害は出ないようです。

甲子園も試合が再開されました。今日の宇部鴻城と明石商業の試合は最後、さよならスクイズという劇的な内容でした。キャッチャーの山本選手の気持ちが痛いほど伝わりました。函館で感動のあまり涙してしましました。高校生の努力には敬服しますね。素晴らしいです。

夏休みは少しだけ時間がありますので、色々と考える時間が取れます。英語の授業については、やはりどの教材をどこまで掘り下げて、授業を行い、一生懸命についてくる生徒たちにこれだけの英語力がつくという実感と実際の能力が向上することを感じ取れるようにすることが重要ですね。英文の質は語彙と表現そしてその英文の持つ構造の複雑さによって決まると思います。特に文の構造理解は大切ですね。英語力が向上してくるとさらに高度な英文が読めるようになりたいと思うものです。生徒の要求にこたえる授業を展開していきたいものです。

具体的にはまたセミナーなどでお伝えできればと思います。大阪でお会いできますことを願っています。

8月22日(木)には大阪ロングセミナーを行います。
基礎指導からから4技能をバランスよく鍛える指導方法についてお伝えします。
こちらは僕が今持っているすべて技と考え方をお伝えします。
ロングセミナー(アルク主催)の詳しい内容とお申し込み先はこちらです。

# by yasuhitoi | 2019-08-16 18:46 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

2019年度 京都英語教育セミナーが終了しました。皆さん、ありがとうございました。138名の皆さんが参加してくださいました。感謝あるのみです。 

浦島 久先生 「話すための英語音読のすすめ」(90分)

美しい写真と音楽、感動あるセミナーに酔いしれました。浦島先生の人柄、英語教育の実践、着実な歩み、人生をゆるぎない方向でしっかりと歩む、その姿勢に感動の輪が広がりました。


田尻悟郎先生 「英語指導と部活動指導」(90分)

テレビでおなじみの田尻先生、実際のTVの画像を見せながら、具体的な学びに言及され、より分かりやすく解説していただきました。田尻先生の人生観も含めた英語教育観、あり方と共に具体的は方策を示していただきました。どのお話もタイミングが抜群で聴衆の皆さんの深いうなずきが印象的でした。


今井康人先生 「基礎から発展する英語の学び―音声で学ぶ英文法から高レベルの読解までー」(60分)

具体的な教材を示しながら、何をどのように使い、生徒の英語力の何を涵養するのかお伝えしました。あり方と具体的なやり方を示すことでイメージできる内容にしました。皆さんのお力になれば幸いです。


正頭英和先生 「これからの時代に必要な「環境」と「学び方」」(60分)

強烈なインパクトでした。これからの英語教育の方向性の一つを示してくれました。今までの手法を変えるのだという強い意志を感じました。そして、何をどう変えるのか、その具体策に期待が高まります。言語学習の基本から応用、発展を考え、どのような生徒を作るのか、時代の先端を見極めるその手法の発展を早く見たいですね。


パネルディスカッション (浦島先生、田尻先生、正頭先生、今井先生)

圧巻はこのコーナーでした。時代の疑問に答える講師陣、この内容はTVで放映したほうが良いものでした。具体的に、残っている映像を確認して、今後に生かしたいところです。今後、このブログなどで発信してきたいです。


どうぞよろしくお願いします。

今井康人


# by yasuhitoi | 2019-07-30 17:12 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。

いよいよセミナーが近づいてまいりました。

日本全国からご参加いただきます。感謝申し上げます。

有意義な一日となりますよう楽しくお過ごしください。

京都府(長岡京市)でお待ちしています。

2019年度 京都英語教育セミナー 

(兼 第5回 英語教育今井塾セミナー)の開催について

--- 揺るぎない英語教育の基本から学ぶ---

1.目 的

(1)豊富な指導経験を持つ英語教育実践者から英語の学び改善のためのコンセプトや手法を共有する。

(2)全国の英語教育者や英語学習者のネットワークを構築し、英語教育の発展を目指す。

2.日 時 2019年7月28日(日) 10:0017:10

3.場 所 立命館中学校・高等学校清和会記念ホール (京都府長岡京市調子1丁目1-1) ☎0753237111)

4.対 象 全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員、英語教育に携わっている方々、英語を学んでいる方々

5.テーマ  「理想的な英語の学びを求めて」

6.講 師

・浦島 久 (ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長・小樽商科大学特認教授

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

・田尻 悟郎 (関西大学教授・語学教育研究所評議員・パーマー賞選考委員・英語授業研究学会理事)

One World English Course』(2006年、教育出版)検定教科書など著書多数、NHKでの語学番組など多数出演。

・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)

1982年から高等学校教員として4校に勤務したのち、立命館高等学校(京都府)に勤務し、現在に至る。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。

正頭英和先生 (立命館小学校教諭・英語科・ICT教育部長。)

1983年大阪生まれ。関西大学大学院博士課程前期課程修了(外国語教育学修士)。京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。ICTを活用した英語授業やゲームを活用したプログラミング授業の実践などを行っている。2019年には、日本人小学校教員としては初のGlobal Teacher Prizeにノミネートされ、「世界の優れた教師10人」に選ばれる。

7.タイムテーブル

9:30-10:00 受付

10:00-11:30 浦島 久先生 「話すための英語音読のすすめ」(90分)

11:30-12:30 ランチタイム

12:30-14:00 田尻悟郎先生 「喜びを感じる英語の学び」(90分)

14:15-15:15 今井康人先生 「基礎から発展する英語の学び―音声で学ぶ英文法から高レベルの読解までー」(60分)

15:30-16:30 正頭英和先生 「これからの時代に必要な「環境」と「学び方」」(60分)

16:40-17:10 パネルディスカッション (浦島先生、田尻先生、正頭先生、今井先生)

8.費 用  無 料 

9.主 催 英語教育今井塾セミナー実行委員会 (代表 今井康人)

10. 申込先  メールで下記まで申し込みください。

        今井康人(いまい やすひと)

メールアドレス yasuhitoimai@icloud.com  携帯電話0905989-7851

申込者氏名(ふりがな) 連絡先メールアドレス 勤務先  *懇親会はありません。

11.その他

*阪急西山天王山駅から徒歩12分程度、JR長岡京から徒歩15分程度です。

*近くにコンビニがありませんが、生協(スーパーマーケット)があります。昼食は持参の方が良いでしょう。

*会場収容人数最大1000名収容可能*申し込み締め切り 724日(水)昼12時まで 

*駐車場はありません。公共交通機関でお出でください。*ゴミは各自でお持ち帰りください。       

*今回は懇親会の設定はありません。

講師紹介

浦島久(うらしま・ひさし)先生

1952年豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英語教室「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。

現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

趣味は、写真(風景)、音楽(ジャズ)、カーリング(世界シニアカーリング選手権20092010201320142018出場)。その他として、豊頃町観光大使、帯広市文化賞受賞(2016)、文部科学省検定済中学校英語教科書“ONE WORLD EnglishCourse著作者。  ブログ「浦島久の玉手箱」http://www.joyworld.com/blog/

田尻悟郎(たじり・ごろう)先生

島根大学教育学部中学校教員養成課程英語科卒。関西大学外国語学部教授。長年にわたり公立中学で英語教師を勤め、生徒思いで熱く楽しい授業の探求が評価され、2001年に(財)語学教育研究所よりパーマー賞を受賞。中学英語の教科書(ONE WORLD)の執筆も務めるなど、英語教育に幅広く携わる。著書に、『自己表現お助けブック』『楽しいフォニックス』『英語授業改革論』(以上教育出版)、『チャンツで楽習! 決定版』(共著、NHK出版)などがある。TVにも多数出演している。

*英語大好き人間養成計画(FNSドキュメンタリー大賞、2005730日初回放送)

*プロフェッショナル仕事の流儀

*中学英語教師 田尻悟郎の仕事 楽しんで学べ ついて育て(NHK総合テレビ、200697日初回放送)

NHKの出演の教育番組は、再放送あり。テレビで基礎英語(NHK教育テレビ、201247 - )など多数。

今井康人(いまい・やすひと)先生

1960年、北海道北見市に生まれる。中学時代に出会った故倉田秀夫先生に感銘を受け、英語教員になることを決意。以来、英語教員になるために勉強を重ねた。大学卒業と同時に、教員採用試験に合格し、1982年から北海道立高等学校教員として3校に28年、勤務したのち、立命館慶祥中学校・高等学校(北海道)に3年勤務し、その後、立命館高等学校(京都府)に配属され、現在に至る。2003から8年間、北海道立函館中部高校SELHi研究主任などを務め、音読・暗写を核とした英語学習法「HCラウンドシステム」をチームで開発・実践し、注目された。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。全国で英語教育セミナー講師を年に10回程度行っている。私的な研究機関として英語教育今井塾(ブログ)を開設し、年に3回程度、セミナーを開催し、後輩の育成に尽力している。趣味は写真、読書。英語授業研究学会会員。著書に『スーパー英文読解 英語を自動化するトレーニング基礎編』アルク)、『ゼスター総合英語』(Z会出版)、『英語力が飛躍するレッスン』(青灯社)、ACTIVE Writing(啓林館)など多数。

正頭英和(しょうとう・ひでかず)先生

立命館小学校教諭・英語科・ICT教育部長。

1983年大阪生まれ。関西大学大学院博士課程前期課程修了(外国語教育学修士)。

京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。ICTを活用した英語授業やゲームを活用したプログラミング授業の実践などを行っている。2019年には、日本人小学校教員としては初のGlobal Teacher Prizeにノミネートされ、「世界の優れた教師10人」に選ばれる。


# by yasuhitoi | 2019-07-25 22:24 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
好評受付中の2つのセミナーです。

8月22日(木)には大阪ロングセミナーを行います。
基礎指導からから4技能をバランスよく鍛える指導方法についてお伝えします。
こちらは僕が今持っているすべて技と考え方をお伝えします。
ロングセミナー(アルク主催)の詳しい内容とお申し込み先はこちらです。

7月28日(日)に豪華講師によるセミナーを行います。

2019年度 京都英語教育セミナー 

(兼 第5回 英語教育今井塾セミナー)の開催について

--- 揺るぎない英語教育の基本から学ぶ---

1.目 的

(1)豊富な指導経験を持つ英語教育実践者から英語の学び改善のためのコンセプトや手法を共有する。

(2)全国の英語教育者や英語学習者のネットワークを構築し、英語教育の発展を目指す。

2.日 時 2019年7月28日(日) 10:0016:30

3.場 所 立命館中学校・高等学校清和会記念ホール (京都府長岡京市調子1丁目1-1) ☎0753237111)

4.対 象 全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員、英語教育に携わっている方々、英語を学んでいる方々

5.テーマ  「理想的な英語の学びを求めて」

6.講 師

・浦島 久 (ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長・小樽商科大学特認教授

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

・田尻 悟郎 (関西大学教授・語学教育研究所評議員・パーマー賞選考委員・英語授業研究学会理事)

One World English Course』(2006年、教育出版)検定教科書など著書多数、NHKでの語学番組など多数出演。

・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)

1982年から高等学校教員として4校に勤務したのち、立命館高等学校(京都府)に勤務し、現在に至る。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。

正頭英和先生 (立命館小学校教諭・英語科・ICT教育部長。)

1983年大阪生まれ。関西大学大学院博士課程前期課程修了(外国語教育学修士)。京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。ICTを活用した英語授業やゲームを活用したプログラミング授業の実践などを行っている。2019年には、日本人小学校教員としては初のGlobal Teacher Prizeにノミネートされ、「世界の優れた教師10人」に選ばれる。

GTEC担当者  「4技能測定テストGTECについて」(20分)

7.タイムテーブル

9:30-10:00 受付

10:00-11:30 浦島 久先生 「話すための英語音読のすすめ」(90分)

11:30-12:30 ランチタイム

12:30-14:00 田尻悟郎先生 「喜びを感じる英語の学び」(90分)

14:15-15:05 今井康人先生 「基礎から発展する英語の学び―音声で学ぶ英文法から高レベルの読解までー」(50分)

15:10-16:00 正頭英和先生 「これからの時代に必要な「環境」と「学び方」」(50分)

16:15-16:35 「新テスト紹介~GTECの特徴~」(20分)

16:35-17:00 パネルディスカッション (浦島先生、田尻先生、正頭先生、今井先生、GTEC担当者)

8.費 用  無 料 (上履きをご持参ください。

9.主 催 英語教育今井塾セミナー実行委員会 (代表 今井康人)

10. 申込先  メールで下記まで申し込みください。

        今井康人(いまい やすひと)

メールアドレス yasuhitoimai@icloud.com  携帯電話0905989-7851

申込者氏名(ふりがな) 連絡先メールアドレス 勤務先  *懇親会はありません。

11.その他

*阪急西山天王山駅から徒歩12分程度、JR長岡京から徒歩15分程度です。

*近くにコンビニがありませんが、生協(スーパーマーケット)があります。昼食は持参の方が良いでしょう。

*会場は学校内ですので、上履きをご持参ください。*会場収容人数最大1000名収容可能

*申し込み締め切り 724日(水)昼12時まで *駐車場はありません。公共交通機関でお出でください。

*ゴミは各自でお持ち帰りください。       *今回は懇親会の設定はありません。

講師紹介

浦島久(うらしま・ひさし)先生

1952年豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英語教室「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。

現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

趣味は、写真(風景)、音楽(ジャズ)、カーリング(世界シニアカーリング選手権20092010201320142018出場)。その他として、豊頃町観光大使、帯広市文化賞受賞(2016)、文部科学省検定済中学校英語教科書“ONE WORLD EnglishCourse著作者。  ブログ「浦島久の玉手箱」http://www.joyworld.com/blog/

田尻悟郎(たじり・ごろう)先生

島根大学教育学部中学校教員養成課程英語科卒。関西大学外国語学部教授。長年にわたり公立中学で英語教師を勤め、生徒思いで熱く楽しい授業の探求が評価され、2001年に(財)語学教育研究所よりパーマー賞を受賞。中学英語の教科書(ONEWORLD)の執筆も務めるなど、英語教育に幅広く携わる。著書に、『自己表現お助けブック』『楽しいフォニックス』『英語授業改革論』(以上教育出版)、『チャンツで楽習! 決定版』(共著、NHK出版)などがある。TVにも多数出演している。

*英語大好き人間養成計画(FNSドキュメンタリー大賞、2005730日初回放送)

*プロフェッショナル仕事の流儀

*中学英語教師 田尻悟郎の仕事 楽しんで学べ ついて育て(NHK総合テレビ、200697日初回放送)

NHKの出演の教育番組は、再放送あり。テレビで基礎英語(NHK教育テレビ、201247 - )など多数。

今井康人(いまい・やすひと)先生

1960年、北海道北見市に生まれる。中学時代に出会った故倉田秀夫先生に感銘を受け、英語教員になることを決意。以来、英語教員になるために勉強を重ねた。大学卒業と同時に、教員採用試験に合格し、1982年から北海道立高等学校教員として3校に28年、勤務したのち、立命館慶祥中学校・高等学校(北海道)に3年勤務し、その後、立命館高等学校(京都府)に配属され、現在に至る。2003から8年間、北海道立函館中部高校SELHi研究主任などを務め、音読・暗写を核とした英語学習法「HCラウンドシステム」をチームで開発・実践し、注目された。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。全国で英語教育セミナー講師を年に10回程度行っている。私的な研究機関として英語教育今井塾(ブログ)を開設し、年に3回程度、セミナーを開催し、後輩の育成に尽力している。趣味は写真、読書。英語授業研究学会会員。著書に『スーパー英文読解 英語を自動化するトレーニング基礎編』アルク)、『ゼスター総合英語』(Z会出版)、『英語力が飛躍するレッスン』(青灯社)、ACTIVE Writing(啓林館)など多数。

正頭英和(しょうとう・ひでかず)先生

立命館小学校教諭・英語科・ICT教育部長。

1983年大阪生まれ。関西大学大学院博士課程前期課程修了(外国語教育学修士)。

京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。ICTを活用した英語授業やゲームを活用したプログラミング授業の実践などを行っている。2019年には、日本人小学校教員としては初のGlobal Teacher Prizeにノミネートされ、「世界の優れた教師10人」に選ばれる。



# by yasuhitoi | 2019-06-29 09:34 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)