人気ブログランキング |

京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2019年度 京都英語教育セミナー 

(兼 第5回 英語教育今井塾セミナー)の開催について

--- 揺るぎない英語教育の基本から学ぶ---

1.目 的

(1)豊富な指導経験を持つ英語教育実践者から英語の学び改善のためのコンセプトや手法を共有する。

(2)全国の英語教育者や英語学習者のネットワークを構築し、英語教育の発展を目指す。

2.日 時 2019年7月28日(日) 10:0016:30

3.場 所 立命館中学校・高等学校清和会記念ホール (京都府長岡京市調子1丁目1-1) ☎0753237111)

4.対 象 全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員、英語教育に携わっている方々、英語を学んでいる方々

5.テーマ  「理想的な英語の学びを求めて」

6.講 師

・浦島 久 (ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長・小樽商科大学特認教授

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

・田尻 悟郎 (関西大学教授・語学教育研究所評議員・パーマー賞選考委員・英語授業研究学会理事)

One World English Course』(2006年、教育出版)検定教科書など著書多数、NHKでの語学番組など多数出演。

・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)

1982年から高等学校教員として4校に勤務したのち、立命館高等学校(京都府)に勤務し、現在に至る。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。

正頭英和先生 (立命館小学校教諭・英語科・ICT教育部長。)

1983年大阪生まれ。関西大学大学院博士課程前期課程修了(外国語教育学修士)。京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。ICTを活用した英語授業やゲームを活用したプログラミング授業の実践などを行っている。2019年には、日本人小学校教員としては初のGlobal Teacher Prizeにノミネートされ、「世界の優れた教師10人」に選ばれる。

GTEC担当者  「4技能測定テストGTECについて」(20分)

7.タイムテーブル

9:30-10:00 受付

10:00-11:30 浦島 久先生 「話すための英語音読のすすめ」(90分)

11:30-12:30 ランチタイム

12:30-14:00 田尻悟郎先生 「喜びを感じる英語の学び」(90分)

14:15-15:05 今井康人先生 「基礎から発展する英語の学び―音声で学ぶ英文法から高レベルの読解までー」

15:10-16:00 正頭英和先生 「これからの時代に必要な「環境」と「学び方」」

16:15-16:35 「新テスト紹介~GTECの特徴~」

16:35-17:00 パネルディスカッション (浦島先生、田尻先生、正頭先生、今井先生、GTEC担当者)

8.費 用  無 料 (上履きをご持参ください。

9.主 催 英語教育今井塾セミナー実行委員会 (代表 今井康人)

10. 申込先  メールで下記まで申し込みください。

        今井康人(いまい やすひと)

メールアドレス yasuhitoimai@icloud.com  携帯電話0905989-7851

申込者氏名(ふりがな) 連絡先メールアドレス 勤務先  *懇親会はありません。

11.その他

*阪急西山天王山駅から徒歩12分程度、JR長岡京から徒歩15分程度です。

*近くにコンビニがありませんが、生協(スーパーマーケット)があります。昼食は持参の方が良いでしょう。

*会場は学校内ですので、上履きをご持参ください。*会場収容人数最大1000名収容可能

*申し込み締め切り 724日(水)昼12時まで *駐車場はありません。公共交通機関でお出でください。

*ゴミは各自でお持ち帰りください。       *今回は懇親会の設定はありません。

講師紹介

浦島久(うらしま・ひさし)先生

1952年豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英語教室「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。

現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

趣味は、写真(風景)、音楽(ジャズ)、カーリング(世界シニアカーリング選手権20092010201320142018出場)。その他として、豊頃町観光大使、帯広市文化賞受賞(2016)、文部科学省検定済中学校英語教科書“ONE WORLD EnglishCourse著作者。  ブログ「浦島久の玉手箱」http://www.joyworld.com/blog/

田尻悟郎(たじり・ごろう)先生

島根大学教育学部中学校教員養成課程英語科卒。関西大学外国語学部教授。長年にわたり公立中学で英語教師を勤め、生徒思いで熱く楽しい授業の探求が評価され、2001年に(財)語学教育研究所よりパーマー賞を受賞。中学英語の教科書(ONEWORLD)の執筆も務めるなど、英語教育に幅広く携わる。著書に、『自己表現お助けブック』『楽しいフォニックス』『英語授業改革論』(以上教育出版)、『チャンツで楽習! 決定版』(共著、NHK出版)などがある。TVにも多数出演している。

*英語大好き人間養成計画(FNSドキュメンタリー大賞、2005730日初回放送)

*プロフェッショナル仕事の流儀

*中学英語教師 田尻悟郎の仕事 楽しんで学べ ついて育て(NHK総合テレビ、200697日初回放送)

NHKの出演の教育番組は、再放送あり。テレビで基礎英語(NHK教育テレビ、201247 - )など多数。

今井康人(いまい・やすひと)先生

1960年、北海道北見市に生まれる。中学時代に出会った故倉田秀夫先生に感銘を受け、英語教員になることを決意。以来、英語教員になるために勉強を重ねた。大学卒業と同時に、教員採用試験に合格し、1982年から北海道立高等学校教員として3校に28年、勤務したのち、立命館慶祥中学校・高等学校(北海道)に3年勤務し、その後、立命館高等学校(京都府)に配属され、現在に至る。2003から8年間、北海道立函館中部高校SELHi研究主任などを務め、音読・暗写を核とした英語学習法「HCラウンドシステム」をチームで開発・実践し、注目された。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。全国で英語教育セミナー講師を年に10回程度行っている。私的な研究機関として英語教育今井塾(ブログ)を開設し、年に3回程度、セミナーを開催し、後輩の育成に尽力している。趣味は写真、読書。英語授業研究学会会員。著書に『スーパー英文読解 英語を自動化するトレーニング基礎編』アルク)、『ゼスター総合英語』(Z会出版)、『英語力が飛躍するレッスン』(青灯社)、ACTIVE Writing(啓林館)など多数。

正頭英和(しょうとう・ひでかず)先生

立命館小学校教諭・英語科・ICT教育部長。

1983年大阪生まれ。関西大学大学院博士課程前期課程修了(外国語教育学修士)。

京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。ICTを活用した英語授業やゲームを活用したプログラミング授業の実践などを行っている。2019年には、日本人小学校教員としては初のGlobal Teacher Prizeにノミネートされ、「世界の優れた教師10人」に選ばれる。


# by yasuhitoi | 2019-06-26 15:14 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
2019年度 京都英語教育セミナー(兼)第5回 英語教育今井塾セミナーの
申し込みについて参加フォームを作っていただきました。

ご参加される方は、こちらからどうぞ。
楽しいセミナーになるでしょう。
お楽しみに!

https://forms.gle/SsGCaTEXNqA6vd8n7
# by yasuhitoi | 2019-06-24 14:50 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)


7月28日(日曜日)に大きなセミナーを行います。浦島久先生、田尻悟郎先生、そして今井で行います。どうぞよろしくお願いします。詳しくは、以下の要項をご覧ください。豪華な内容です。今から楽しみです。

2019年度 京都英語教育セミナー 

(兼 第5回 英語教育今井塾セミナー)の開催について

--- 揺るぎない英語教育の基本から学ぶ---

1.目 的

(1)豊富な指導経験を持つ英語教育実践者から英語の学び改善のためのコンセプトや手法を共有する。

(2)全国の英語教育者や英語学習者のネットワークを構築し、英語教育の発展を目指す。

2.日 時 2019年7月28日(日) 10:0016:30

3.場 所 立命館中学校・高等学校清和会記念ホール (京都府長岡京市調子1丁目1-1) ☎0753237111)

4.対 象 全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員、英語教育に携わっている方々、英語を学んでいる方々

5.テーマ  「理想的な英語の学びを求めて」

6.講 師

・浦島 久 (ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長・小樽商科大学特認教授

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

・田尻 悟郎 (関西大学教授・語学教育研究所評議員・パーマー賞選考委員・英語授業研究学会理事)

One World English Course』(2006年、教育出版)検定教科書など著書多数、NHKでの語学番組など多数出演。

・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)

1982年から高等学校教員として4校に勤務したのち、立命館高等学校(京都府)に勤務し、現在に至る。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。

GTEC担当者

 「4技能測定テストGTECについて」(20分)

7.タイムテーブル 

:01:0  受付

1:001:0  浦島 久先生 「話すための英語音読のすすめ」(90分)

11:30~12:30 ランチタイム

1:30~1:00 田尻悟郎先生 「喜びを感じる英語の学び」(90分)

1:151:25 今井康人先生 「基礎から発展する英語の学び―音声で学ぶ英文法から高レベルの読解までー」

1:401:00 「新テスト紹介~GTECの特徴~」

16:00~16:30 パネルディスカッション(浦島先生、田尻先生、GTEC担当者、今井先生)

8.費 用  無 料 (上履きをご持参ください。

9.主 催 英語教育今井塾セミナー実行委員会 (代表 今井康人)

10. 申込先  メールで下記まで申し込みください。

        今井康人(いまい やすひと)

メールアドレス yasuhitoimai@icloud.com  携帯電話0905989-7851

申込者氏名(ふりがな) ②連絡先メールアドレス ④勤務先

11.その他

*阪急西山天王山駅から徒歩12分程度、JR長岡京から徒歩15分程度です。

*近くにコンビニがありませんが、生協(スーパーマーケット)があります。昼食は持参の方が良いでしょう。

*会場は学校内ですので、上履きをご持参ください。

*会場収容人数最大1000名収容可能

*申し込み締め切り 724日(水)昼12時まで

*駐車場はありません。公共交通機関でお出でください。

*ゴミは各自でお持ち帰りください。

講師紹介

浦島久(うらしま・ひさし)先生

1952年豊頃町生まれ。小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。大学卒業後に松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英語教室「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。

現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。

著書に『音読JAPAN』(IBC,『1分間英語で自分のことを話してみる』(共著、KADOKAWA)、写真集『Jewelry Ice』(十勝毎日新聞社)など34冊。うち7冊が韓国、1冊が台湾で翻訳出版されている。累計発行部数は約30万部。

趣味は、写真(風景)、音楽(ジャズ)、カーリング(世界シニアカーリング選手権20092010201320142018出場)。その他として、豊頃町観光大使、帯広市文化賞受賞(2016)、文部科学省検定済中学校英語教科書“ONE WORLD EnglishCourse著作者。  ブログ「浦島久の玉手箱」http://www.joyworld.com/blog/

田尻悟郎(たじり ごろう)先生

1958島根県松江市理髪店の息子として生まれる。「家業を継ぎたくない」という思いから、猛勉強の末、島根大学入学。学生時代は音楽活動に熱中。1981、大学卒業時に小学校教員試験を受けるが失敗、中学校教員として神戸底辺校へ配属される。荒れる生徒に舐められないよう筋トレを欠かさず、強面教師を装う。野球部の顧問として活躍するものの、英語教育そのものはうまくいかず、教師として悩む日々をおくる。神戸市公立中学校2校で教えたのち、島根県の公立中学校へ転任。赴任先でもうまくいかず、悩んでいるときに島根大学の築道和明教授(現・広島大学)を知り、教授の勉強会に通うことで多くを学ぶ[1]。また、生徒たちが日系カナダ人ALT(外国語指導助手)と楽しく遊びながら英語を身に付ける姿を見て、自分の教え方を見直し[2]、試行錯誤を重ねながら、自分なりの中学英語の教授法を形作り、2001に語学教育研究所よりパーマー賞を受賞。島根県内の5校に勤務したのち、20074月より関西大学教授。20094月より関西大学外国語学部・大学院外国語教育学研究科教授になる。

今井康人(いまい やすひと)先生

1960年、北海道北見市に生まれる。中学時代に出会った故倉田秀夫先生に感銘を受け、英語教員になることを決意。以来、英語教員になるために勉強を重ねた。大学卒業と同時に、教員採用試験に合格し、1982年から北海道立高等学校教員として3校に28年、勤務したのち、立命館慶祥中学校・高等学校(北海道)に3年勤務し、その後、立命館高等学校(京都府)に配属され、現在に至る。2003から8年間、北海道立函館中部高校SELHi研究主任などを務め、音読・暗写を核とした英語学習法「HCラウンドシステム」をチームで開発・実践し、注目された。20146月に新英作文指導法「SSCC(同時自己添削英作文)とCOC(連鎖意見英作文)」を研究開発。その指導法は全国に広がっている。全国で英語教育セミナー講師を年に10回程度行っている。私的な研究機関として英語教育今井塾(ブログ)を開設し、年に3回程度、セミナーを開催し、後輩の育成に尽力している。趣味は写真、読書。英語授業研究学会会員。著書に『スーパー英文読解 英語を自動化するトレーニング基礎編』アルク)、『ゼスター総合英語』(Z会出版)、『英語力が飛躍するレッスン』(青灯社)など多数。


# by yasuhitoi | 2019-06-23 20:52 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

授業構築について一考

 5月に香川、6月に静岡にてセミナーを行いました。多くの先生方にお話が出来て光栄でした。
 ありがとうございました。
 さて、英語教育に大きな変化があります。センター試験が新学力テストになり、8つの業者
テストから2回の受験を生徒が選択する方法にシフトします。約50万人もの受験生は、年間2回
のチャンスをもとに、大学受験を考え、受験する大学によって2次試験の英語の扱いも異なるの
で益々いろいろなことを考える必要があります。
 そのため、混迷を深める可能性もありますが、一番不安なのは、生徒ですね。都会に住む生徒
さんたちは近くにいくらでも受験会場があり、高1から高2にかけて、デモで受験することも可能
です。自分に最も合ったテストを体験してから決めることが可能です。
 では、それが出来ない生徒さんたちはどうするべきでしょうか。ここが懸念されている部分です。
ただ、英語力を鑑みるとき、4技能に優れた技能を備えた生徒さんを育成することができれば、
問題は幾分軽減されます。
 では、4技能を高めた英語力を持った生徒育成にはどのような授業をするべきなのでしょうか?
僕が考える英語学習の基盤をお伝えします。
 1 英語の基礎力が充実している生徒を育成することを目標として熱意ある指導を行う
 2 英語の基礎力とは何かを明確にして指導する
 3 教材の精選を的確に行う
 4 授業スピードを適切に設定する
 5 授業メソッドを常に研究し、実行し、改善する
 6 教員の発問力を鍛える
 7 教員の美しい発音を追求する
 8 生徒に前向きな姿勢を持つように教員自体が英語を楽しむ
 9 授業を受けながら生徒の可能性の高まりを感じさせる 
10 何より生徒の英語力向上が実感できる授業を行う

 以上です。一緒に頑張りましょう。
 お知らせです。
 7月28日(日)立命館高校1Fホールにおきまして、セミナーを行います。
詳細は、もうすぐ、お伝えします。ちなみに、ホールには1000人収容可能です。
では、また。

# by yasuhitoi | 2019-06-17 16:16 | 学校・教育 | Trackback | Comments(0)
皆さん、連休を楽しんでいますか?
部活でお忙しい先生もいらっしゃるでしょう。
ご自愛ください。

この連休中に、ある熱心な先生からSSCCについてのご質問がありましたので、
ここにご紹介いたします。SSCCとは、Simultaneous Self-Check Compositionの
略です。日本語訳は、同時自己添削英作文です。

SSCCの目的は、英文の内在化と発信にあります。その使用目的は
状況によって変わります。

自由英作文が流暢に書けるようにする目的で、高3では行っています。
高1では、レッスンの最終段階で、そのレッスンのサマリーの英文を
SSCCしています。つまり授業の目的によって使用方法を変えているわけです。

SSCCは正確性を鍛える手法です。では、実際にその手順をお伝えします。

1 ルール説明をします。教員から伝えられた日本語をノートには書かずに、
自分の頭の中で英文を構築し、その英文をノートに書くことに専念することを
伝えます。自分が英文を書き終わりましたら、黒板の教員の英文と比較し、
赤ペンで自己添削します。ここで重要な事は、疑問点は質問して良いと言うことです。
ここまでを説明します。

2 次に実際に取り組みます。教員は日本語を伝えます。生徒は、考えてから、
書き始めます。教員は全員が書き始めたことを確認してから、黒板に英文を
書きます。

3 英文を書き終えてから、教室全体を見て、生徒の状況を把握します。
ほぼ全員が記入して、頭を上げて、自己添削をしていたら、話し始めます。
解説です。ここで、話しながら、生徒に質問はないか聞きます。ここでの
質問が重要です。一つの質問は、その他多くの生徒たちも同じ質問がある場合が
多いのです。

4 ここで、ここはこの表現でも良いです、とか、この表現を書いた人も
多いかもしれませんが、こちらの表現の方が良いですよなどと解説します。
この段階で教室はかなり良い雰囲気になっています。

以上の作業を繰り返し、6文前後の英文を完成します。

5 完成しましたら、音読させましょう。基本は3回です。

6 3回の音読が終わりましたら、教員は黒板消しで、一部波のように
消しましょう。そして、音読1回です。

7 もう一度、波のように消して、音読1回です。

8 3回目に波のように消してから、ペアで立って、じゃんけんを行い、
勝った方が、黒板を見ながら音読、負けた方が後ろを向いてシャドウイングをします。
これを交互に行ったら、座ります。

9 その後、英文の真ん中を消します。そして、全員で音読します。

10 時間があれば、ペアでじゃんけんをして勝った方が、ノートの英文の日本語訳を
言います。負けた方が英語で返します。交互で行って終了です。

ここまで来れば、大体の生徒は、内在化します。

生徒さんの英語力向上の一助となるでしょう。

ご参考になれば、幸いです。

連休後半もゆっくりと過ごしください。
では、また。

# by yasuhitoi | 2019-05-02 14:22 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)