京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 昨日、帝塚山中高校さんでのセミナーが終了しました。英語科の先生方、熱心に参加していただき
ありがとうございました。英文読解の手法と英作文の授業方法について細かく、お伝えできました。
3時間の長丁場でしたが、先生方のお陰で無事、終了しました。
 さて、2017年も秋のセミナーシーズンが来ました。僕が顧問をしている卓球部の試合と英語教育
セミナーを休日に行うため、全く休みがない状況になっています。なので、平日の夜はゆっくりと
休むようにしています。行きつけのお蕎麦屋さんでです。何しろ単身赴任なので。
 9月24日(日)は6時間ロングセミナーを行います。昨年も80名の席が満席になり、参加は
キャンセル待ちになっていました。今年は、英語を自動化するトレーニング応用編や英文読解の
指導方法、新開発の英作文指導方法をお伝えします。時間があるのでじっくりしっかりとお伝えできます。申し込みはこちらからどうぞ。https://teacher.alc.co.jp/high/seminar/seminar/
10月15日(日)は大阪でセミナーをします。お問い合わせはこちらからどうぞ。06-6775-6526
10月29日(日)は名古屋でセミナーです。
11月19日(日)は札幌でセミナーを行います。
 日本中で熱意ある先生方にお会いできることを楽しみにしています。
 しかし、何と言っても、日常の中で生徒と一緒に教育活動ができることが一番の幸せです。
 では、また。

[PR]
by yasuhitoi | 2017-08-27 14:36 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
8月20日、函館から京都に向かう。
夏休みもこれで終了。明日は、小中高合同会議。英語科主任は司会を行う。
北海道は寒いくらいだ。外は天然のクーラー状態になっている。
20度から33度に世界に戻る。テスト作成に、補講、週末は帝塚山中高さんで
セミナーを行う。資料は完成している。PPデータもできている。先生方の
参考になれば本望だ。

ところで、9月24日(日)に東京でロングセミナーを行う。申し込みの準備が
でき次第、ここでご紹介したい。これまでの指導方法にさらに新しい内容を
付加してお届けする。皆さんにお会いできることを楽しみに準備します。

夏休みも終わるが授業をするのが楽しみだ。
正しい手法で、良い教材を使い、50分の中で適切な進度で行えば授業は成功する。
つまり、手法、教材、進度がキーワードだ。
では、また。

[PR]
by yasuhitoi | 2017-08-20 12:26 | Trackback | Comments(2)

夏休みに英語教育を思う

 札幌セミナーも終了し、盛会のうちに幕を閉じた。
 山形県の山口先生も東京の中野先生も非常に密度の濃いセミナーを展開した。
教材の特徴を踏まえて、どのように使うと有効かが理解される内容となった。
夏休みに参加費3000円を自己負担し、5時間に及ぶセミナーを受講する。各先生
方の授業内容に少なからず好影響があるだろう。
 英語の授業はコンセプトが重要だ。正しい言語習得と知的好奇心に溢れた内容
は生徒の心をつかみ、正しい勉強方法の中で確実に言語力を向上させるであろう。
時々、勉強方法がわからないという生徒がいるが、じつは勉強方法がわからない
のではなく勉強自体がしたくないというのが実情であることが多い。
 勉強がしたくない生徒は方法ではなく、別のところに原因がある。自分の能力
は自分が一番知っている。ただ、自分の能力を生かす方法が見つからない場合も
あるし、自分の能力に気が付いていない場合も多いのだ。
 絶対にしてはいけないのは、自分の能力に勝手に限界を設定しないことである。

 さて、前回のブログでもご紹介したように今月は奈良県の帝塚山中高校さんに
お邪魔します。8月26日です。どうぞよろしくお願いします。
 英語教育とは離れますが、僕の趣味の世界をご紹介します。
 8月12日(土曜日)には、東北・熊本災害復興チャリティーワインパーティを行
います。会費は5000円。500円を募金させていただきます。
6:30からです。申し込みは、函館市のレストラン「みなとの森」です。
電話番号は0138-21-1181です。氏名、人数、電話番号とともにお申し込みくだ
さい。
 タップダンスやボーカルアンサンブルをご披露していただきます。
 少しでも社会貢献できれば、本望です。
 では、また。

[PR]
by yasuhitoi | 2017-08-02 21:11 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)