北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

学びの秋

 秋は学びの季節。セミナーがたくさんある。5月に行った東京でのセミナーは、
80名の定員に対して、キャンセル待ちの状態となった。お金を出し、休日に学ぶ
先生方が増えている。一つの学校に複数いる場合は最高に良い状態だが、
大体、1校に一人くらいであろう。今の教育はチームで対応しなければ上手くいか
ない。個人で対処する時代は終わった。しかし、熱意ある教員、方向性が同じ教員
が1校に一人の場合は、校外に学びや交流の場を持つことが有効となる。
 必ず、志同じくする先生は存在する。56才の僕がここまで来ているのも同士の
先生方がいるからだ。
 先週、今週と茨城県、新潟県から授業見学に来ていただいた。お二人ともじつに
熱心な先生方だ。熱意ある先生方に触れると、こちらも元気をいただくのである。
 それにしても、授業をしているとどんどん新しい手法がわき出てくる。意欲的に
授業をしているだけなのに、興味深い授業手法が次々とわき上がってくる。
 この年になって、ますます英語の授業がおもしろいのだ。

 9月25日(日)の東京アルクセミナーの資料が完成した。新たな手法を伝授
します。4時間いただいています。
 前半は英文読解からの授業展開、後半は英作文指導をお伝えします。
デジタル教科書の使い方も伝授いたします。教科書付属のCDRにある様々な教材。
 どれをどのように使うべきなのか、お伝えします。
 英語授業の本質を見つめ、生徒が輝く授業構築を目指して共に学びましょう。
申し込みは、こちらです。
            http://ndsnet.com/alc-event/20160925/
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2016-09-17 12:32 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

学びの秋がやってきた

 京都で機嫌良く生きている。授業が納得のいくものになっているのですこぶる
機嫌が良い毎日である。しかし、良い授業がいつまでも続くわけではない。生徒達は
日々、成長している。彼らの実力の少し上になる授業を心がけなければならない。
 いつも生徒の事を考えながら、授業をしている。
 先週、本校の英語の先生の公開授業に参加した。二十代の日本人女性の先生と
ネイティブの先生とのTTの授業で、中学校2年生が対象生徒だった。じつに良い授業で
あった。今井の新たな気付きもたくさんあり、大変勉強になった。良い授業は、見てい
るだけでこちらが幸せになる。生徒の英語力が向上していることが見えるからだ。
 さて、良い授業の要因を考えてみよう。
 1 テンポが良い。
 2 教材が適切である。
 3 進度が適切だ。
 4 言語習得の基本ができている。
 5 様々な活動が徐々に高度になっている。
 6 4技能の活動がバランス良くなされている。
 7 生徒との信頼関係ができている。
 8 生徒の成長を教員が心から喜んでいる。
 9 教員の英語が分かりやすく、発音が良い。
10 授業以外でも生徒が勉強できる仕組みがある。
 多少、重複するところもあるが、この十箇条を常に自分の授業を見つめる材料に
すると良いだろう。

 さて、9月25日(日)は、東京でのアルクセミナー。4時間いただいています。
前半は英文読解からの授業展開、後半は英作文指導をお伝えします。
デジタル教科書の使い方も伝授いたします。教科書付属のCDRにある様々な教材。
どれをどのように使うべきなのか、お伝えします。
英語授業の本質を見つめ、生徒が輝く授業構築を目指して共に学びましょう。
申し込みは、こちらです。
            http://ndsnet.com/alc-event/20160925/
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2016-09-11 18:53 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 夏休みが終わり、順調に目標を目指して、授業が進んでいる。忙しい毎日だ。
今日はオープンスクールの一日となった。リスニング問題を解きながら、高校入試
の準備としていただく。
 夏休み明けに久々に生徒に会ったが、やはりきらきらした目の生徒達は、素晴ら
しい。人間の歴史がつながってきた彼らの存在は、未来の地球の財産だ。
 人はその存在そのものが歴史であり、文化の継承だ。なんて貴重な存在なのだ
ろう。真剣なまなざしを向ける彼らに、誠実に接する以外の何があろうか。
 年をとってようやく見えてきた人間のすばらしさ。若いときにはなかなか気づかな
かったと思う。経験を積むって、素晴らしい。毎日が楽しい今井である。

 さて、9月25日(日)は、東京でのアルクセミナー。4時間いただいています。
前半は英文読解からの授業展開、後半は英作文指導をお伝えします。
デジタル教科書の使い方も伝授いたします。教科書付属のCDRにある様々な教材。
どれをどのように使うべきなのか、お伝えします。
英語授業の本質を見つめ、生徒が輝く授業構築を目指して共に学びましょう。
申し込みは、こちらです。
            http://ndsnet.com/alc-event/20160925/
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2016-09-03 23:46 | 英語教育 | Trackback | Comments(3)
 夏休みが終わり、順調に目標を目指して、授業が進んでいる。忙しい毎日だ。
今日はオープンスクールの一日となった。リスニング問題を解きながら、高校入試
の準備としていただく。
 夏休み明けに久々に生徒に会ったが、やはりきらきらした目の生徒達は、素晴ら
しい。人間の歴史がつながってきた彼らの存在は、未来の地球の財産だ。
 人はその存在そのものが歴史であり、文化の継承だ。なんて貴重な存在なのだ
ろう。真剣なまなざしを向ける彼らに、誠実に接する以外の何があろうか。
 年をとってようやく見えてきた人間のすばらしさ。若いときにはなかなか気づかな
かったと思う。経験を積むって、素晴らしい。毎日が楽しい今井である。

 さて、9月25日(日)は、東京でのアルクセミナー。4時間いただいています。
前半は英文読解からの授業展開、後半は英作文指導をお伝えします。
デジタル教科書の使い方も伝授いたします。教科書付属のCDRにある様々な教材。
どれをどのように使うべきなのか、お伝えします。
英語授業の本質を見つめ、生徒が輝く授業構築を目指して共に学びましょう。
申し込みは、こちらです。
            http://ndsnet.com/alc-event/20160925/
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2016-09-03 23:46 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)