京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 4月23日(土)はサンドイッチパーティーというイベントがある。保護者と学年教員の交流の場でもある。
私学は土曜日も普通に授業や行事がある。公立高校でも進学校は、土曜日の補習や講習を行っている。事実上の週休二日はない。私学と公立の差は広がることになるのだが、伝統ある進学校では、公立は強い。私学の強さもあるのだが、経済的な余裕があるところ、あるいは私学教育に魅力を感じている保護者や生徒が来ることになる。公立で29年、私学で6年目となる僕は、どちらの教育も向上してほしいと願っている。
 さて、今年は高1の2クラス4単位×2と高3の2クラス4単位×2で16時間の授業にLHRが1,会議が3で20コマが1週間に埋まっている。まあ、やるしかない。お互い、頑張りましょう。
 さて、高3の授業ですが、1クラス4単位で、週の前半2単位は長文読解を中心に最後にCOCを行う。後半の2単位で英作文指導を行っている。英作文指導では最後にSSCCを行う。これで、難関大学の受験対策はかなりカバーできる。さらに、他の教員が4単位を使って、中文読解とリスニングを指導する。高3でえいご8単位は贅沢な布陣である。京大に行った生徒は、学校の授業を中心に合格している。受験ででる英文はじつは結構、限られているとも言える。同じ受験参考書が使われていることもうなずける。大切なのはどれだけ、理解し、内在化し、発信活動まで行けるかである。ここに、Q&A、要約、意見を言えるように、書けるように指導すれば、良い。
 この基本さえ、大切にすれば、必ず良い授業ができ、生徒の英語力は向上するのだ。僕が実践しているので間違いない。ただ、小技も必要なので、そこは勉強や研修が欠かせない。日本全国で良い授業が行われることをこころから祈念している。
 熊本の状況に心が痛い。テキストもままならない生徒にどんな授業をするべきか。僕は、生徒の心をケアしつつ、SSCCで英作文の授業をして、書けたパッセージを音読して、内在化すれば、テキストなしで、ノートとシャーペンだけで授業ができると考えている。熊元で授業やセミナーができる日を待っている。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2016-04-23 09:56 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

新学期スタート。

 新学期がスタートした。生徒は良くついてきている。きっと良い成果が出るだろう。高1の教科書では、理解、内在化、発信の基本に授業構成している。予習プリントと和訳プリントで理解、サイトラシートなどの音読で内在化、バックトランスレーションで定着、これに、Q&A、サマリーを行い、リテリングを行い、最後はCOCで意見を書かせて終了というパターンで1週間4単位で1レッスン修了。教科書を徹底的に内在化して、力を蓄える。
 英単語は1週間に100語をマスター。文法はゼスターを使って、ゼスターノート(気付きノート)を1週間に一度、チェックする。毎週月曜日の行事だ。総合英語を1年間読めば、文法力は構築される。総合英語の暗唱例文集を完全にマスターしたらかなりの英語力になりますね。
 では、次回は高3の指導について書きますね。
 明日、月曜日からまた頑張りましょう。
[PR]
by yasuhitoi | 2016-04-17 22:39 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

新学期、始まる

 今年度はなかなか忙しい。
 高1担任、英語科主任、卓球部顧問、英語参考書の執筆、セミナー講師などなど、やるしかない。しかも教科担当は高1と高3だ。テスト作りや授業研究と24時間があっという間に過ぎていく。人生は長くはない。やれるときにやるしかないのだ。
 子供達も二人の娘達は小学校の教員になり、息子は商社で働いている。時々、電話が来る。それぞれの人生が輝くことを祈るしかない。
 さて、明日から高3の授業が始まる。京大、阪大、神大、医学部メインでの受験指導が中心となる。豊富な語彙力、正確な構文分析、豊かな日本語表現力が求められる。さらにミスの少ない英作文力が2次試験を左右する。言語習得の基礎原理を重視し、日々の努力を行う。
 多くの生徒の合格を願う。
 今年度も頑張ろうと心新たに船出する気持ちだ。
 一緒に頑張りましょう。
 では、また。
 
[PR]
by yasuhitoi | 2016-04-10 23:47 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)