北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 夏休みにもかかわらず、集中講義が行われている北海道大学。演習中心の講義に多くの希望者の中から抽選で25人程度が受講している。一様に熱心に多読に取り組んでいる。英語の本は多種にわたり、興味が沸く本が多い。文化的な内容からディズニーの物語まで基本的な英文で書かれ本が多いのだが、英語を文頭から理解する力を育成することができる。つまり、英文を速く読む事が出来るようになる。多読の3原則を大切にしながら授業は進んでいた。90分の授業が2コマ連続の授業はあっという間に終了した。
 高見先生の多読の授業は成功している。成功している授業の特徴は指導している先生が多読をする環境整備をしっかりと行っている点にある。そして、自らが多読の効果を十分に理解している点にある。
 夏休みの総括を考えながら、今後の指導内容を考えていく上で、非常に参考になった。高見先生の授業に対する熱意も素晴らしい。大学でここまでしっかりとした取り組みをしているところは少ないと思う。なぜなら、多読の環境設定には本の準備や記録方法の構築、予算の確保、そして、時間がかなりかかる。ここまで来るのに10年、かかっている。僕が函館中部高校で英語教授法式を構築するのに10年かかった。壊れるのは速いのだが、作るには時間がかかるのである。
 京都の立命館でも少しずつ効果的な学習環境やシステムを構築したいと考えている。慌ててはいけないが、着実に歩みたいと思う。
 昨年開発したSSCCとCOCはとても効果的である。このシステムが広がれば日本人の英作文力はもっと向上するはずだ。さて、明日から学校に行き、補習や授業の準備、校内模試の準備をする。生徒達の英語力をさらに向上させたいと考えている。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2015-08-23 17:49 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
 熱心な先生方、学生諸君、日本の英語教育は熱意ある人々の思いが支えている。基本的な言語活動を大切にしながら、生徒の英語力を涵養していく。授業だけの活動で英語力は伸長しない。家庭学習や課外活動を通して生徒の英語力は向上していく。
 音読しながら、読める、書ける、意味が分かるの3要素を大切にしてほしい。やはり、何度もお伝えするが理解、内在化、発信が基本である。自分の授業が今、何をしているのか明確でなければ行けない。生徒のどの力を向上させているのか、はっきりしているから教える方も教わる方も気持ちよく授業活動が行えるのである。
 SSCCを授業でしっかりと使うことが骨太の英語力を育成することにつながるのである。英作文はこれからの英語教育の重要な要素となる。初期の段階から英作文活動をするべきなのだ。ただ、日本語を英語にする事だけが英作文ではない。例えば、ピクチャーディスクりプションも良い。状況や場面を英語で表現できれば良いのである。
 小学生から英検2級がでている。主に多読の効果である。単語帳を暗記しているわけでもないのになぜ語彙が増え、英語力が向上するのか、その理由は絵とその表現している英語にある。理解が絵と文字で進むのである。文字のない世界でも人間は音声だけで言語を使うことは出来る。しかし、多読では、どの場面でどの英語を使うのか、絵と文字で判断しながら、言語体験を積み重ねていく。そんな小学生の中から、英語を理解していく子どもたちが現れている。
 8月21日(金)には、北海道大学の多読の授業を見学をさせていただく。多読の授業についてさらに探求する機会にしたいと思う。高見先生、よろしくお願いします。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2015-08-10 11:33 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

夏休みに原稿執筆

 出会いが人生の重要な時期を決定する。今年も色々な出会いがあって、そこから何かが生まれそうである。一昨年まで、前任校では、学年主任など行っていて、自由になる時間を捻出することが困難だった。こんなに多忙を極めた時期はそうそうなかった。
 そして今、高3生の担任になって、忙しいのだが、自由な時間を作り出すことが出来ている。授業方法のイノベーションが確立できたことが主たる要因である。授業のコンセプトを明確にし、理論的に考えながら、教材や授業方法を工夫した。結果、すっきりとした授業になり、生徒も何を行うか明確になった。授業を行う方も、受ける方もじつにすっきりとしている。
 コンセプトが明確だから、間違いなく向上していく自分たちの英語力を見つめることが出来ている。そこに英作文の充実が生徒の英語力を向上させている。速読と精読が効果的であるように、速書と精書によって英作文力が向上するのである。この理論と言葉は今井が作り出した。生徒達の英作文力は向上し、読解力にも好影響を与えている。過去3年間で最高の成績が生まれている。
 本州ではすでに、大阪、東京、高松、仙台で公開したが、好評をいただいている。すでに授業に取り入れている先生方もおられる。
 8月8日(土)に札幌大学で北海道で初公開する予定である。札幌大学OB,OGの皆さんはこの機会に是非参考にしてくれれば幸いである。授業が活性化するだろう。
 午前10:00〜12:00に札幌大学にてセミナーを行う。対象は、札幌大学を卒業した教員の皆さんである。内容は、英語教育の基本コンセプト、長文読解からの授業展開、SSCCを使用した英作文指導、そして理解、内在化、発信を中心とした活動からのCOCへの展開事例をご紹介する。
 涼しい北海道であってほしい。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2015-08-04 23:58 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)