北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

授業に良い香り

 僕はかすかな良い香りの中で生きることが好きだ。
だから、オーデコロンを愛用している。ブルガリから始まり、今はck one。そろそろ、
ck oneがなくなってきたので、ドラッグストアで、新しいものを購入した。帰ってきて
開けてみるとck beであった。結構、良いではないか。新たな香りとの出会いになった。
 生活に少しの快適さ、それが香りかも知れない。
 さて、「授業の普遍の真理」は来年のテーマになるような気がしている。来年3月、
愛知県にお邪魔する。一宮高校の伊藤先生のお招きでお世話になる。新年度の新しい
テーマをお持ちできそうな気がする。それが「授業の普遍の真理」なのだ。
 この手法は必ず、成果が上がるという絶対的な手法の数々。考えただけでもワクワク
する。授業の名手は全国にいる。立命館大学の山岡憲史先生、明海大学の小林裕子先生、
神奈川大学の久保野雅史先生、奥様のりえ先生、山口県鴻城高校の松井孝志先生、大分県
上野ヶ丘高校の麻生雄治先生などなどいくらでも素晴らしい先生はいらっしゃる。
それらの先生方のこれはという授業手法を紹介できたらきっと皆さんのお役に立てるので
はないだろうかと考えている。すでに、これらの先生方は各地で活躍中であるが。

 今年も「北の英語大学」を行います。2014年1月4〜6日です。場所は、函館です。
 講師は、立命館大学の山岡憲史先生(北の英語大学初代学長)はじめ、ゼスターの著者
を中心に大集合です。詳しい要項を近日、この場でも発表します。よろしくお願いします。
昨年は北は北海道から南は鹿児島までお越しいただけました。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-11-26 01:02 | 英語教育 | Trackback | Comments(3)

授業の普遍の真理

授業について真剣に考える日々。
いつも授業のことばかり考えている。
授業の成功が僕の最高の成果なのだ。
だから授業が上手くいっているときの今井はとても機嫌が良い。
最近の気付きは、授業は成功事例から普遍の手法を取り入れた方が上手くいくということ。
授業の普遍の真理を少しだけ紹介しよう。

①文法は生徒に教えさせると上手くいく
②リスニングしてTFしてからリーディングさせると真剣に読む
③正確な発音は、生徒の元気な音読につながる
④理解した内容は必ず発信させると良い授業になる
⑤Q&Aが英語の授業の根幹だ
⑥語彙指導が成功すると生徒の英語力は一気に加速する
などなどである。

僕の授業は授業の普遍の真理の手法しか使わない。
では、また。

11月23日(土)函館市亀田福祉センター特別室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin函館」を行います。
  ①函館高専    臼田悦之准教授
  ②立命館慶祥高校 今井康人
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-11-21 21:09 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 「英語は言葉だ
  言葉は心だ
  心は愛」
 これが僕の信条だ。言葉は使って身につけるという意識改革が必要だと
投野由起夫先生は言う。同感だ。講義式で、理論として研究し、耳を傾け
るのも学びだ。しかし、言葉は理論漬けにするよりも使って身につける方
が適切なのだ。ただし、時間がかかる。だから、理論的な知識も鍛えなが
ら、使って覚える方法を実行した方が短時間で高度な運用力の構築に繋が
ると思うのである。投野先生と昨日、一献、交わした。じつに有意義な時
間だった。
 SEFR−Jの紹介に尽力している。さらにコーパス的見地から、語彙
習得に一石を投じている。確かに、骨組みになる語彙は100語程度。この
100語をいかにマスターするかが焦点である。さらに、内容を示す語意は
2000語で、その内、1000語は名詞なのである。2000語の内、書き言葉
が80%という研究結果である。
 これが分かれば、英語力、中でも構成力を伸長することが容易にできる
のである。
 効率的な語彙習得は日本人学習者の悲願でもある。いつか風穴を開けや
ろうと考えている。かなり、解明できているのだが、公開するにはもう少
し時間を頂きたい。
 久々の旭川である。
 電子辞書のお話しをしながら、授業形式で、実際の英語学習について情
報を共有したい。特に、今年の今井が提唱する構成力と運用力についてお
伝えしたい。是非、お越しください。冬の旭川も味があります。
 お知らせ
 11月16日(土)旭川産業創造プラザ 会議室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin旭川」を行います。
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
 11月23日(土)函館市亀田福祉センター特別室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin函館」を行います。
  ①函館高専    臼田悦之准教授
  ②立命館慶祥高校 今井康人
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-11-12 00:34 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 僕が勤務している立命館慶祥中学校・高等学校は朝の6時に暴風警報が出ると休校になる。
今朝は、まさにその状況が起こった。予定されていた今井の授業も出来ない。今日は、I組は
直接話法と間接話法の英作文やタスクを行い、長文読解に進む予定であった。
 長文読解も英文のアクティブレベルを目指すので、理解・内在化・発信の3段階を踏まえて
授業は進む。どんな英文もこの原則は変わらない。音読はそれらの活動の骨子である。
その他にも、今井の原則があり「読める・書ける・意味がわかる」が重要な3要素である。
 副教材選定の時期なので、英単語帳も見直した。教材は教員の方向性を示すものである。
今井のこだわりは、本質を突いているかということだ。何事もシンプルで良いことに気付く。
sophisticated という英単語がある。「洗練された~、非常に複雑な~、教養人向けの~」
という意味がある。意見すると矛盾するかのような訳語に生徒は何を感じるだろう。
 来週末は旭川である。電子辞書の効果的な使い方や機能についてお話をする予定である。
 では、また。

お知らせ
 11月16日(土)旭川産業創造プラザ 会議室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin旭川」を行います。
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
 
 11月23日(土)函館市亀田福祉センター特別室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin函館」を行います。
  ①函館高専    臼田悦之准教授
  ②立命館慶祥高校 今井康人
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-11-08 13:24 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 僕には弟がいる。小さな会社の社長さんだ。奥さんと二人で仲良く経営している。
昨日は、久々に泊まりながら、心温まる時間を過ごした。人とのコミュニケーション
こそが人の気持ちを高める。言葉がその間を行き交う。
 英語も言葉。コミュニケーションツールとして、言葉が人の心を映し出し、思いを
行き交うのである。授業も心を映し出す瞬間の連続である。言葉にはルールがあり、
表現方法があり、語彙がある。こう言うとこの意味になるという学びが言語習得なの
だ。正確さと流暢さを鍛えながら、授業は進む。
 学びには段階がある。いや、何事にも段階がある。難しいことを行うには、易しい
ことからスタートするべきなのだ。語彙や表現について、クイックレスポンスを行う
ことで、基礎ができる。音声が大切だ。
 現在は、同時通訳者の皆さんのトレーニング方法に僕は非常に興味がある。英語と
日本語の両方がしっかりできる点が最大の魅力だ。バイリンガルになれたら良い。
帰国子女という言葉がある。僕の生徒にもいた。彼女は日本語で随分苦しんでいた。
日本社会では日本語もできないとコミュニケーションに苦しむ。
 言葉は思い。
 思いは心。
 心は愛なのだ。
 僕たち、英語教員は、明日も思いをつなぐ英語という言葉を教える。
 頑張りましょう。
 
 お知らせ
 11月16日(土)旭川産業創造プラザ 会議室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin旭川」を行います。
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
 
 11月23日(土)函館市亀田福祉センター特別室にて14:00〜16:30まで
 「授業に活かす電子辞書セミナーin函館」を行います。
  ①函館高専    臼田悦之准教授
  ②立命館慶祥高校 今井康人
 申込み カシオ伊藤さん ito12753@casio.co.jp  か 080-5028-8644 までどうぞ。
 
[PR]
by yasuhitoi | 2013-11-04 19:46 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)