北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お知らせです。
SEAの吉田さんは素晴らしい方です。是非、英語教育に携わる先生方に是非、お越しいただければと思います。日曜日の午後、良い時間を過ごしませんか。

申し込み先はこちらです。 http://www.apumate.net または、0977-78-1120 です。

立命館アジア太平洋大学(通称 APU)が主催するセミナーです。
是非、お越しいただければと思います。僕もお話しさせていただきます。

海外進学・国際系大学セミナーin 北海道
今、本当に必要な英語力とは、どのようなものでしょうか?今春から完全実施された高校の新学習指導要領にも、「英語の授業は英語で行う」という新ルールが盛り込まれ、政府の教育再生実行会議でも大学入試への外部の英語力テスト活用が提言されました。日本の英語教育界がかつてないほどの変革期を迎える中、教育関係者にはどのような対応が求められるのでしょうか。「高い英語力を身につけたい」、「海外留学したい」、「将来はグローバル・キャリアを目指し海外勤務したい」・・・。様々な夢を持つ生徒をどうサポートし、どうMotivateするかが問われています。今回のセミナーでは、今必要とされる本物の英語力、新たな人材育成の可能性や、多文化環境での学びについて、参加者の皆様と共に考えます。お誘いあわせの上、ふるってご参加ください。
9月29日(日)
13:00~16:00(12:30受付開始)
 会 場 :SEA国際教育研究所
(札幌市北区北8条西4丁目1-1パストラルビル.N8 3F)
13:00〜13:40 なぜグローバルキャリアか〜海外留学に必要な英語力を考える〜
            講師 SEA国際教育研究所長  吉田茂
13:40〜14:30 【スピーチ①】“本物の英語力”とは?
           ~英語力をつけたい生徒をどうサポートし、どうMotivateするか~
            講師 立命館慶祥高等学校 今井康人
14:40〜15:30 【スピーチ②】新たな人材育成への挑戦
       ~80カ国の学生と英語で学ぶことの価値、日英二言語キャンパスの可能性~
     講師 立命館アジア太平洋大学 アドミッションズ・オフィス 課長 伊藤健志
15:30〜16:00 質疑応答・意見交換


申し込み先はこちらです。 http://www.apumate.net または、0977-78-1120 です。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-09-24 00:13 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)
 函館市においてビッグなイベントが行われる。メイン講演は田尻悟郎先生。小学校、中学校、高校の公開授業を行い、それぞれの連携の可能性を探る研究会である。函館市銭亀沢中学校の安達校長先生が3年前から準備してきた研究会だ。その熱意には頭が下がる思いである。
 翌日は週末。函館旅行も視野に入れて、英語教育を考える一日にしてはどうであろうか。
 お勧めの研究会だ。申込みは以下からどうぞ。
http://hakochu.com/index.php?英語でつながろう%E3%80%80函館%E3%80%802013の申込関係
[PR]
by yasuhitoi | 2013-09-23 18:43 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 台風の中、英語教育に燃える先生方が約60名集まりました。先生方やこれから教員に
なろうとする若い方々で会場は熱気に包まれました。
 今年から提唱している構成力・運用力を中心にお話ししました。そして、授業も行い
ました。sigmoid曲線を話題にしているユニットをはじめてセミナーで使いました。熱意
ある先生方のエネルギーで僕まで充実していました。指導主事の先生方も数名いらしていま
した。これからの英語教育は難しさもありますが、生徒のために頑張りましょう。
 そして、昨日、昭和女子大学に来ていただいた皆さん、心から感謝いたします。
 僕のような普通の教員のお話を熱心に聞いていただきました。2年連続で来ていただい
た先生もいらっしゃいます。愛知の髙橋先生、山梨の八巻先生、お土産をありがとうござ
いました。岡山の是近先生、京都の中川先生、福岡の古賀先生、名古屋の坂先生、香川の
長尾先生、本当にありがとうございました。出会いに感謝します。
 また、いつかお会いしましょう。楽しみにしています。
 アルクの矢部さんにはいつもお世話になっています。また、やりましょうね、矢部さん。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-09-16 16:19 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)
 東京の昭和女子大学にて、セミナーを行う。
 今回は、教科書のワンセクションをどのように教えると有効なのか、実際の授業も
行い、考えてみたい。今年、今井にはさらなる気付きがあった。まだ、数回しかお話ししてい
ない内容をお伝えし、それらが言語習得の中でどのような意味を持つのかお話ししたい。
 また、授業で最低限行うべき活動は何か、そしてその活動を通して、生徒の英語力
にどのような好影響を及ぼすのかお伝えしたい。具体的には、理解・内在化・発信に
最も効力のある活動とそれに必要な最小限度の教材はなんだろうかということ。
 僕たち英語教員はとても忙しい。この職業の特色だが、これで終わりということがない。
しかし、良い授業はしたい。いや、しなければならない。そのために、僕たちは生きて
いると言っても過言ではない。これで給料をもらっているのだから。
 今回も新たな気付きから、コンセプトをお伝えし、その実践に必要な教材、そして実際の
手法をお伝えする。英語をどう体内に取り込むか。音韻と文字、そして意味の統合である
英語という言語を学び、習得し、自分の心をその言語で表してみる。新しい語彙との出会
いは、自分の世界の広がりなのである。他言語で自分の世界を広げるというダイナミック
な作業を行える喜びを感じたとき、人は自ら学び始めるのではないだろうか。
 今回のセミナーのキーワードは「感動の共有・言葉としての英語が私たちの世界を広げる」
である。
 昭和女子大学でお会いしましょう。申し込みはこちらです。すでに50人以上の皆さん
が全国から集まっています。一緒に英語教育を学びましょう。

http://www.alc.co.jp/event/13/0915g/
[PR]
by yasuhitoi | 2013-09-06 17:25 | 英語教育 | Trackback | Comments(5)

楽しい出会い

 久々にジョイイングリッシュアカデミーの浦島久先生とSEA代表の吉田茂先生と
お会いした。大御所お二人と楽しい会話となる。年に一度のセミナーができないか
僕が提案させていただいた。お二人の素晴らしいご経験をより多くの英語教育者の
方々に聞いてほしいと思っている。僕は前座を務めさせていただければ十分である。
 英語教員の発音トレーニングの場所がないか考えていて、お二人に協力してほし
い旨をお伝えした。今後の展開が楽しみである。
 お二人とお会いした後、僕は紀伊国屋書店に向かった。英語を自動化するトレー
ニング基礎編と応用編が二冊ずつ、置いてあった。僕は自分で1冊ずつ購入した。
それ以外に気になった本を4冊購入した。合計6冊、1万円を超えてしまった。さて、
どの本から読んでいこうか、楽しみである。でも、読んでほしいと叫んでいる本は
まだまだあった。10冊くらいが、読まれるのを待っている。最近は、英語関係の
本が一番多いのだが、英語以外も入っている。石原真弓さんの英語で日記を書いて
みるも新しくなっているのを見たが、以前のものはやはり迫力がある。文法学者も
感心するくらいの分量に圧倒される。昔の方が内容が重いの良いと思う。ただ、時
代の流れもあるだろうが本質を見通す目は常に持っていたいものである。
 授業でアウトプットする僕たちは、大いなるインプットが必要である。
 さて、9月8日は小生の誕生日である。前日の7日は、函館に出張だ。

 9月15日は東京で単独セミナー(4時間)アルク主催だ。また、全国の皆さんとお
会いできることを楽しみにしています。申込みはこちらからどうぞ。

     http://www.alc.co.jp/event/13/0915g/

 翌週の21日は帯広に出張します。9月29日(日)には札幌でセミナーです。
主催はAPU(立命館環太平洋大学)です。10月のセミナーもありますが、次回、
お知らせします。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-09-01 23:31 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)