北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

嬉しいお知らせ

 夏休みの4つのセミナーが終了し、女子バスケの長万部合宿も終了した。つかの間の
夏休みがやって来た。原稿執筆は3種類、授業準備の時間もほしいから上手く時間を
配分しながら、仕事をしたい。読んでいる本が3冊、こちらも時間の合間に読みたい。
するべき事がたくさんあるのは嬉しいことでもある。大分県では、多くの先生方から
熱いコメントを頂き、幸せな時間を過ごさせていただいた。上野ヶ丘高校の麻生先生
には本当にお世話になった。「ありがとうございます。」帰ってきてから、札幌で
セミナーを一つさせていただいた。北海道の先生方も熱い先生方がいらっしゃった。
感謝あるのみ。アルクの矢部さんから嬉しい連絡が来た。
英語を自動化するトレーニング(基礎編・応用編)のこの夏の学校採用の連絡が入っ
た。
・淑徳巣鴨中学校・高等学校
・北海道白石高等学校(継続採用)
・柏原高等学校
・盛岡中央高等学校
・今治北高等学校
・川口市立川口高等学校
・英明高等学校
・新庄南高等学校
他にも使っていただいているのだが、「自ートレ」を使っていただけるとわかるの
だが、生徒達が英語を苦もなく、reproductionしている姿を見ることができる。
英語が内在化している生徒の姿はとてもたくましく思える。未来への明かりも感じる。
英語では文法・語法・音・語彙・表現の基礎事項を盤石にしながら、丁寧に英文を
読み込む作業を積み重ねることで、英語力は向上していくだろう。
 久々に函館にいる。リフレッシュして、夏休み明けに備えよう。
 皆さん、良いお盆をお過ごしください。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-08-14 10:53 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

明日は大分でのセミナー

 今、大分にいる。今夜は麻生雄治先生と夕食をとり、幸せな気分で英語教育の
気になるブログを読んでいた。食後の珈琲がとてもうまい。コンビニの製品の
品質の高さは尋常ではない。
 さて、明日だが、13時からハーバード大学生によるワークショップの成果を見
学し、夕方からは、セミナーの講師を行う。50人以上が集まるという。遠くは3時
間以上かけて来られるという。気持ちが引き締まる。
 ハーバードの学生の中には日本人もいる。今年、女子で、公立高校から入学を
果たした世界ヴァイオリンコンテスト1位の学生もいらっしゃる。さて、どんな
気付きがあるか、自分でも楽しみである。
 その後のセミナーも緊張する。何せ、先生方にお話しをするほど、僕は実力者で
はない。まだまだ修行が不足している。ほんの少しだけ英語教育が面白くなって
きただけである。日々、苦しんでいることは事実である。この夏、いろいろと反省
をしてきた。いろいろなことをやろうとして空回りもしてきた。実践方法を見直し
ている。その時、基礎基本の重要性に戻り、再度、授業方法を見直した。早く授業
したい気持ちである。必ず、生徒達の英語力を向上させる。全員、英検2級合格と
心に決めた。高校1年生終了時に、全員が合格できる素地を作りたいのだ。どこまで
できるか勝負である。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-08-07 00:32 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

二つのセミナーが終了

 夏の四つのセミナーの二つが終了。
JALT北海道では、田中直子先生に大変お世話になった。感謝あるのみである。
参加されたネイティブの先生方もとても協力的で素晴らしい反応をしていただき
じつに話しやすかった。オールイングリッシュでのセミナーであったが2時間は
あっという間だった。大学で教える先生方の優しさや幅の広さを感じながら、
高校からの先生方もいらっしゃり、とても良い雰囲気でできた。
 授業もセミナーも講師と参加者の気持ちのやり取りがあって、最高のムードに
なるのだろうと思った。
 夏休みの夜、いつもより遅くにブログの更新。
 自分を見つめて、夏休み明けの授業に全力を尽くすことを決意。もっともっと
できるはずである。自分の授業をもっと追求していく覚悟だ。
 最近の僕はこの覚悟という言葉がとても好きなのである。
 人生は短い。適切な覚悟を持って生きていくことにしよう。
 最高の夏になりそうだ。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2013-08-02 02:06 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)