京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

英語を自動化するトレーニングの方法をお伝えします。3日にアメリカから帰って
来まして、最新のアメリカ事情もお伝えします。本当に英語力の向上する授業実践
を一緒に探してみましょう。今回の目玉は、どんなハンドアウトが有効なのか、
実際に著書 英語を自動化するトレーニングをご参加の皆さん、全員に差し上げ、
その本を使ってモデル授業を行います。楽しく充実した日曜日にしましょう。
ここから申し込みができます。
http://www.alc.co.jp/event/11/1106/

41名の生徒、2名の教員、1名の添乗員の方と計44名でアメリカに行ってきます。
NASA、スタンフォード大学、高校交流、スミソニアン博物館、ホワイトハウス、
リンカーン記念館などなどを訪問。授業を受けたり、地元の高校と交流したり、
NASAではATXに挑戦し、宇宙旅行に挑む。多彩なプログラムを十分な準備から
成功に導きたい。明日の今頃は、太平洋上を飛行機で移動している最中である。
ipadも持って行くし、携帯も持っていくが、早朝からびっしりのプログラムなので
いつ更新できるかわかりません。
 なので、しばらく更新しない場合は、今井はアメリカだと思っていただければ幸い
です。今日も、朝から学校で12時間、働きました。
 では、行ってきます。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-26 20:14 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

シラバスの見直し

 現在、シラバスの見直しや来年度に向けての計画作りの為に考えたり、前任校で作成
したCan-do listを見直している。立命館慶祥中学校•高等学校はもちろん私立、そして
中高一貫校なので、今まで独自の英語教育を実践してきた。新学習指導要領が導入され、
数名の教員も入れ替わり、これから新しい時代の計画が必要になっている。英語教育は
現在、様々な指導方法が研究開発されてきている。生徒が必要な英語力を効率よく提供
して行く為にどの方法が適切か、どの段階で、どの教材を使い、どのように授業を展開
するべきか。従来の指導方法の問題点を洗い出し、適切な問題解決が必要だ。
 もちろん従来の指導方法の中には、効果的なものもある。よく話題になる英文和訳も
すべてが悪ではない。最終的なゴールから逆算し、英文和訳から和文英訳できるように
なることで、発話がスムーズにできるようになるだろう。
 札幌学院大学で教鞭をとられていた中川文夫先生は、和訳した日本文を英文にする学習
法で効果をあげられていた。中川先生は、僕が新米教員の頃指導主事をなさっていた。先
生がオールイングリッシュで講演された様子は未だに脳裏に焼き付いている。英語教育に
全霊をかけてきた人たちの背中を見ながら、僕も今まで歩いてこられた。自分ができる範
囲を超えてしまい病に倒れたこともあった。しかし、ここまで来れたのも、仲間の先生方
のおかげである。これからも僕は英語科の先生方と歩んで行く。
 明日は、函館地区高等学校英語教育研究会で、講演をさせていただく。約40名の先生
方に、「これからの文法指導と英語を自動化する授業構成」という演題で2時間講演をす
る。実際に授業も行う予定。これが、15年、お世話になった函館地区へのお礼である。

 11月6日(日)に札幌でセミナーがあります。下記から申し込みができます。
 模擬授業を中心に行います。一緒に学びませんか。
 http://www.alc.co.jp/event/11/1106/
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-23 22:09 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)

何が大切か

好きなことを一生懸命に頑張ること。
人生ではこんな大切なことはない。好きなことが職業になったら最高だろう。
福沢諭吉先生も人生で最も幸福なことは生涯をかける仕事がある事であり、
最も不幸なことは生涯をかけた仕事が無い事だという。
このブログを読んでくださる人々はほとんど英語教育関係の方が多い。
我々の幸福は何だろう。答えは簡単だ。一生をかける仕事についている事だ。
英語教育という壮大で地道な道を歩んでいる。僕は倒れるまで、英語教育の
仕事をして行きたいと思う。凡人にできる事は、継続なのだ。
諦めませんよ。継続しましょう。
では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-16 11:00 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

東京で思う

久々に神田に来ている。昨夜は立命館大学の山岡憲史先生と歓談。半年ぶりの再会に
話が弾んだ。今日は、御茶ノ水でロング会議、重要な会議に身も引き締まる。
夜には予定は無いものの、会いたい人はたくさんいる。アルクの皆さん、明海大学の
原口先生に小林先生、立命館大学の曽田先生に、副水副社長に、都立高校の安田先生に
早稲田の和田先生、千駄木の海老野さんもお元気だろうか。久保野先生も相変わらず、
ご活躍だろうし、田尻先生からいただいたチーズケーキのお礼もしなくてはいけない。
松本茂先生にもお話を伺いたいものだ。特に、福井県での研修のことなど。
イングリッシュポケットの赤嶋さんもご活躍だろう。などなど気持ちに多くの人が
浮かんでくる。東京はいい街だ。特に神田は何年も来ているので非常に落ち着く。
土曜日の神田から皆さんのご活躍を願っています。
そろそろ会議に行って来ます。
では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-15 09:37 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)

帯広に行って来ました。

ジョイ・イングリッシュ・アカデミーの浦島久先生に大変お世話になりました。
浦島先生のお父さんが中学校の教科書に出ています。また、新学習指導要領に
対応した新しい教科書にも出ます。お父さんのお名前は、浦島甲一さんです。
浦島甲一さんは写真家でした。特に、豊頃町のにれの木の写真で有名です。
昨日、僕は教科書の内容を使って公開授業を行いました。そして、翌日の今日、
そのにれの木に行き、写真を撮ることができました。浦島先生の車で片道1時間を
かけて連れて行ってもらいました。充実した時間を過ごせました。感謝です。
浦島先生の新しい本ができました。音読ができる本です。下記をご覧ください。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4534048742/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=joyenglishaca-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4534048742
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-10 20:50 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

セミナーの知らせです。

11月6日(日)に札幌でセミナーを行います。
今回は新刊「英語を自動化するトレーニング」を使って、英語を自動化する方法と
Inputした英語をどのようにOutputするか、そして理想の授業へと導く方法を
実際の授業を行いながらお伝えします。
参加者にはもれなく新刊(約1500円)が贈呈されます。
是非、お越しください。
http://www.alc.co.jp/event/11/1106/

10月24日(月)には函館で講演をします。
函館地区高等学校英語教育研究会です。
13:30~15:30まで、函館大学付属有斗高校です。
函館の皆さん、お越しください。

11月11,12日には鳥取に行きます。
鳥取東高校の福島卓也先生にはお世話になります。

12月9日は、北海道遠軽高校にお邪魔します。

12月18日(日)は東京でアルクセミナーの予定です。
今年は、このセミナーが最後になりそうです。

冬でも熱い今井のセミナーへ是非、お越しください。
じつは参加者の皆さんから僕がエネルギーをいただいています。

受験を控えた3年生の顔色が変わってきた。僕も彼らの合格を思うとき
力が入る。何とか受験の力以上の英語力をつけさせたいものだ。
4技能をフルに使い、自ら強く勉強してほしい。日本人は皆、職人気質を
持っている。だから、趣味の世界でも、プロ並みの腕を追求してしまう。
気がついたら51歳、でもこれからやれるだけやろう。
若くして他界したスティーブジョブズに心から哀悼の意を表したい。
彼のお陰で僕の家族はアップル製品に囲まれ、人生を楽しませても
らっている。今日はいろいろと思いながらipadを使うことにしよう。
では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-06 19:59 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
感動の福岡から釧路に出張し、札幌で地道に働いています。
「英語を自動化するトレーニング」が全国各地で発売され、一人でも多くの人に
役立つように祈っています。ちなみに、この本の通称は「ジートレ」です。
今、僕の息子がこの本で勉強しています。
ジートレのセミナーの様子がアルクの木下さんがレポートしてくれました。
下記からご覧ください。
http://www.gakko-oendan.com/staticpages/index.php?page=report111005

机の上の仕事の山を片っ端から片付けています。

難しい仕事もありますので、慎重に、大胆に、急ぐ心を抑えながら
日々、仕事に取り組んでいます。

今考えているのは、受験期の3年生の英語力向上のための秘策。
彼らの英語力を必ず伸ばすことにこだわっています。

どんどん読んで、どんどん書く。どんどん覚えて、どんどん使う。
それでできなきゃしょうがないって感じでしょうか。
では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-05 20:42 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
全国五カ所で行ってきたゼスターセミナーもいよいよ福岡で終了。
感慨深い思いだ。どこに行ってもいい出会いがあり、僕が励まされた。
日本は本当にいい国だと思う。この国を必ず隆盛を誇る国にしたい。
成熟した国になればと思う。まずは英語教育の充実が僕たちの仕事。
頑張ろうと思う。Z会の皆さん、木村先生、比日生先生、福岡でお
会いした先生方、本当にありがとうございました。
昨日は新しい著書、英語を自動化するトレーニングの発売日です。
下記をご覧ください。
アルクの皆さんとできた秀作だと自分では思っています。
自分でいうのもなんですが、本当にいい本です。
僕の息子に一番やらせたい本になりました。
よろしくお願いします。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4757420072/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=52033011&s=english-books
[PR]
by yasuhitoi | 2011-10-02 10:40 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)