北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

学校祭当日

 今日は学校祭最終日、1000人を越えるお客さんで学校の中は大騒ぎである。
中学生は、研究発表やヨサコイ踊り、高校生はクラス別パフォーマンス。30分の持ち時間を自由に
演じる。テーマを設定し、今という時代をどう生き抜くか、高校生らしい発想で表現していく。じつに多
彩だ。中学生の展示コーナーに行くと、お客さん一人一人に案内役の生徒がつきながら説明をする。
言葉遣いや態度が非常に重要になる。作品もすばらしいが、生徒の姿勢がいい。生徒はいろいろな
人と接しながら成長していく。中高一貫校の教育にはゆとりがある。6年間で教育をするという意義は
大きい。子供たちの6年の成長を見ながらの教育活動はゆとりがある。
 灘や筑駒が実績を残すのは6年間を使えることの有効性も大きいのだろう。僕が今まで経験してき
た公立高校の3年間で生徒を育てる手法に新たな勉強が加わった。僕の反省点はもっと中学校と交
流を深めておくべきだった。言い訳は忙しすぎるということもあるかもしれないが、今はブログやHPが
あるから、中学校の先生方の忙しさや考え方はかなり勉強させてもらえる。しかし、実際の生徒の様
子を見る機会は少ない。
 さて、学校祭だが、一生懸命に練習の成果を演じる生徒たちのひたむきさにいまさらながらに感動さ
せられる。昨日のバンド演奏の本番でバスドラムの一部が破損するハプニングがあった。修理に戸惑
い、時間が過ぎてしまい、お客さんのボルテージも下がってしまった。演奏はバスドラムなしで終了した。
生徒たちの涙は止まらない。これも経験。人生何がおきるかわからない。ただひたすらに全力を過ご
すのみ。苦い経験が人を育てる。ここまでの準備の中で、衝突もあり、議論もあった。すべては、本番
の一瞬のために努力を重ねる。では本番に何かあったらそれで終わりか。とんでもない。そこまでの
プロセスこそ最高の歩みなのだ。2年生のパフォーマンスは順位が着かない。でも、みんな一生懸命。
自己表現のすばらしさ。何か一つに一生懸命になれる学校際は本当に貴重である。
 ところで踊っている女子の中でひときわ上手な生徒たちに共通しているのは、英語の曲で歌詞を歌い
ながら踊っているということ。歌詞の意味やリズムを大切にすることの重要性。意味を理解するから心
がこもる。心がこもった言葉には力がある。心を込めるために語彙や文法は重要なのである。
 こつこつと学びの糧を積み上げよう。
 全国の皆さんと出会える夏に感謝します。福岡から北海道まで縦断します。今年も英語教育の改善
のために今年も頑張ります。
 7月30日札幌(アルク) 、8月2日名古屋(Z会)、3日千葉(千葉県高英研)、4,5日東京(アルク)、
 8,9日福井(県教委)、11日札幌(北海道高英研)で終了。
 7月25日から28日までは、本校の東大・京大特別講習を担当する。28日夜は東京で会議。29日に
札幌に帰ってきて、この夏を乗り切る楽しい日々の準備です。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-07-17 12:54 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

何が大切か

 毎日、毎日授業をしながら生徒たちと接し、何が必要か考える。時には教材研究を存分に行い、
そのすべてを出そうとして失敗もする。失敗があるから、次がある。修正することは楽なことでは
ない。むしろ苦しいこともある。言語習得だから、文法や語法やことばの紡ぎ方が大切に
なるだろう。ことばの習得はそのルールや語彙や表現の理解と運用がポイントになるだろう。
 英文を読んだり、聞いたりしたときの理解とそこから湧き上がる自らの考えや思いを正しい英
語で伝えることができるかが勝負どころでしょう。英語を正しく使うためには発音も重要。静かに
英語を読むことも大切。練習も大切。
 今の学校にはなかなかの英語の使い手になっている生徒もいる。その生徒たちに必要なのは
高い運用能力へのステップアップとたゆまぬ基礎固めが必要。
 基礎を固めて、数をこなす。目標は本当に英語を使って、話し合うことができる能力を身に付ける。
そんな目標を持ちながら、英語に向かう人間が失敗するはずもない。
 どんなことがあろうとも、基礎基本を大切に学ばなければならない。基礎基本とは、語彙や文法、
語法、発音、表記方法そして辞書の使い方も基礎基本に入るのではないかと僕は考えている。
ことばだから、そこには人の思いもある。深い思考は、複雑な語彙で表現品変えれば見えない部
分もあろう。いたずらに、難解な語を使えばいいというものでもない。
 授業においても、自己満足に陥っている授業では、生徒は寝てしまう。学びや気付きがなければ
じつに授業はつまらない。僕は生徒をしっかり見るようにしている。自分の日常や授業準備や振る
舞いや思いがどの程度なのか、生徒の前に立てるような生き方をしているのだろうか。
 絶えず自問しているのである。そして、英語教育に自分のすべてを投じている先輩方や後輩の
皆さんとの交流を通じて、今何が必要か真摯に向き合って自分に問い、その答えの一部を堂々と
伝えなけれべならない。
 昨日は、帯広のジョイイングリッシュアカデミーの浦島久先生と3時間くらいじっくりと話した。現在
執筆中の書籍の話や今僕が行おうとしている様々な教育活動について聞いていただき、アドバイス
もいただいた。
 充実した帰り道、紀伊国屋、丸善、ジュンク堂を回り、ゼスター総合英語の状況を見ながら、
文房具を購入して、お気に入りのスープカレー屋さんに向かった。帰りに、ユニクロに行き、
靴下を購入。なかなか快適だ。お江さまを見て、疲れたのか一休み。その後、シャワーを浴び、
そこから読書と教材研究。さすがに1時になったので終身、ではなくて就寝。あまりにも、熟睡した
ので目覚ましがならないと思ったら、6時45分だった。4時間の授業をやり終え、明日の中学校
訪問に備える。そして、今年の夏に発信するべき内容をまとめる。今年は、練習の先にある英語の
運用方法の確立です。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-07-11 21:03 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 今年の夏はいろいろな意味で暑い夏になりそうだ。
今日も日本中で英語の授業が行われている。講義形式の授業で教員だけが話しすぎると
学習者は寝てしまう。気付きと学びがある授業では、寝ることは少ない。活動が入る授業も
寝る暇はない。しかし、考える活動も重要。活動の中身を精査する必要がある。発音練習、
語彙練習、語法練習、文法練習と理解、音読練習も多岐に渡る。意外に忘れられているの
はノート作成指導だろう。書くことの重要性も説く必要がある。
 そして、考え方。ここも今後の英語教育では重要になってくるだろう。CLILも注目だ。
内容言語統合型学習である。「Content and Language Integrated Learning」と
書かれている。東京外大や上智大で研究は進んでいる。
 新指導要領に合わせて作られている教科書もどうなるのか、白本がそろそろ出来上がる。
著者には渡されているだろうが、今後、少しずつ広がっていくだろう。松本茂先生もおっしゃ
っているように、内容の量がとにかく増加することは間違いない。
 長文化する英文をどう学ぶか、徹底的に体内に取り込む英語の量はそんなに量は要ら
ないのではないか。基礎ができたら、多読でいいだろう。基礎ができるまでは丁寧な指導と
学びが必要なのだ。英語力が低い生徒に見られるのは、とにかく英語に取り組むきっかけ
がない。語彙も文法もできていないことが多い。
 英語を学ぶ素地を作ってあげる、学ぶ姿勢も作ってあげる、学びの喜びに触れたとき、
僕らが教える必要はなくなる。加速度的に学ぶ生徒が出現する。何度となく、すばらしい生
徒に出会ってきたし、今もそうである。
 教育はすばらしい。
 この世界に身を投じて、29年になる。厳しい世界だが、こちらの姿勢一つで感動が生まれ
る。この仕事に人生をかけ、この仕事と生きる。僕の人生もこの仕事のお陰でずいぶん変化
している。「出会いは人生の宝」
 また、悩める先生方と出会い、悩みを共有し、何とか解決していこう。
 では、また。

セミナーのご案内

7月30日 札幌 with 木村達哉先生
100人定員ですでに半数以上の申し込みがあるそうです。
一緒に学びましょう。
http://www.alc.co.jp/event/11/0730/

8月3日~5日 東京 指導力強化合宿
アルク主催で、柴原先生が初日。
2日目は先生方に授業をして頂き、それを木村先生と今井からの
アドバイスをするセミナーです。がっちり学びたい人には最高の場所です。
詳細とお申し込みはこちらから。
http://www.alc.co.jp/event/11/0803/

英文法指導法研究会

木村先生や久保野先生とセミナーを行います。
難しさを増している英文法指導について考えたいと思います。
生徒が自主的に学び、向上できる文法指導について考えます。
僕自身、楽しみにしています。
是非、お越しください。

主催 Z会出版
申し込みについてはお近くのZ会出版までお問い合わせください。

■名古屋会場:
・日時:2012年8月2日火曜日:
 研究会 14時30分開始予定・懇親会 18時30分開始予定
・場所:TKP名古屋ビジネスセンター
 http://tkpnagoya.net/access/
・第1部講演先生:
 金沢県立金沢桜丘高等学校 正村泉一(しょうむら せんいち)先生
・第2部 今井担当
---------------------------------------------------------------------
■札幌会場:
・日時:
 2012年9月3日土曜日:
 研究会 14時30分開始・懇親会 18時30分開始
・場所:
 TKP札幌ビジネスセンター
 http://tkpsapporo.net/access/index.shtml
・第1部講演先生:
 神奈川大学 准教授 久保野雅史先生
・第2部講演 今井先生
---------------------------------------------------------------------
■東京会場:
・日時:
 2012年9月19日月曜日(祝日)(予定):
 研究会 13時00分開始・懇親会 17時00分開始
・場所:
 TKP日本橋ビジネスセンターhttp://tkpnihon.net/access/
・第1部講演先生:
 神奈川大学 准教授 久保野雅史先生
・第2部講演 今井担当
----------------------------------------------------------------------
■広島会場:
・日時:
 2012年9月23日金曜日(祝日):
 研究会 14時30分開始・懇親会 18時30分開始
・場所:
 TKP広島シティセンター http://tkphiroshima.net/access.shtml
・第1部講演先生:
 兵庫県 私立 灘中学校・高等学校 木村達哉先生
・第2部講演今井担当
---------------------------------------------------------------------
■福岡会場:
・日時:
 2012年10月1日土曜日:
 研究会 15時00分開始予定・懇親会 18時15分開始予定
・場所:福岡駅近辺の会場
・第1部講演先生:
 兵庫県 私立 灘中学校・高等学校 木村達哉先生
・第2部講演今井担当
[PR]
by yasuhitoi | 2011-07-05 09:52 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)