京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

感動がキーワード

 尾木直樹さんの「子どもが自立する学校」(青灯社)を読んだ。特に、堀川高校の
実戦に僕は多くの示唆を頂いた。きっとそこで働いている先生方は忙しいんだろうな
あと思いながらも生徒達の活動の様子がよくわかった。
 日本中から見学者が訪れる学校として、あまりにも有名だから、逆に近寄らないよ
うな意識が僕の中にあった。しかし、文章で読んでみると、生徒が活躍する場を創造
している現場の裏に流れているコンセプトがよくわかった。
 「学び」は生徒の知りたいという知的欲求によって深まっていく。そのきっかけを
与えてあげるのがうまい。僕は今のままの日本の学習内容がいいとは全く思っていな
い。どれだけ知識を持っているのかという暗記の量を計っても仕方がないと思う。
 学びの原点に戻らなければならないと思っている。フィンランドに多くの日本人が
行っているが帰ってきてから本を書いている人もいるが実行している人は少ない。
 知識の量や多くの資料を素早く処理する能力は果たしてどれほどいるのだろうか。
英語で堂々とプレゼンが出来、ディスカッションに参加できる能力の方がはるかに今
の日本人に必要だと思う。
 今僕が英語を教えている高校生達はとても優秀だ。何とか英語をものにしようとし
ている。僕の話しを聞いてくれる。英語で鍛える僕に付いてきてくれる。英語をマス
ターすることは、易しいことではない。言語だから体験が必要だが、短期集中で、英
語を使うために必要な単語や文法や表現をどんどん身につける必要がある。
 こんな気持ちを英語で言いたいと思うとき、英語で何というのだろうという学習欲を
すぐに満たすことができるようにするには、有識者がそばにいれば聞けばいい。いなけ
れば電子辞書を使うといい。これ英語で何というのだろうという言語欲を大切にしてあ
げたい。
 今まで、英語を学ぶときは、この英語の意味はというアプローチを中心に行ってきた。
しかし、この日本語を英語で何というのだろうという姿勢の方がはるかに積極的だ。
 英語はどれくらい発信できるのかが勝負なのだろうと思う。英語を話したり、書いた
りするとき文法が役に立つ。細かな文法問題が解ける生徒よりも、読んだ英文のサマリ
ーを見事に話せる生徒を作りたい。その後、自分の意見を英語で言える人になって欲し
いとつくづく思う。
 そんな授業が溢れている学校はきっと素晴らしいに違いない。残りの僕の人生は理想
の学校を作ることに使うことになっている。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-28 00:21 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
公開授業が終了し、若い先生方からいろいろなメールが来て嬉しい限りです。
潤沢な音読などのトレーニングから自分で考えて英語を話し、書いていく生徒
の姿こそが先生方の共感を生むのでしょう。生徒が超えなければいけない壁は
低くありません。
時に教員が叱咤激励しながら、楽しくも苦しい英語の道を歩いて行くのです。

僕の机の前には一枚の紙が貼ってあります。

うそ、いつわり、ごまかしのない、
借り物ではなく、
自分自身が身を投じる、
がんばってよかったと心底思える授業

とその紙には書いてあります。
こんな授業を目指しながら、授業の後に、生徒に囲まれる教員、
質問責めにあう教員、厳しいのに社会人になってからなぜか
思い出すような教員になりたいのです。
いろいろとありますが、皆さん
頑張りましょう。
では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-25 12:33 | 英語教育 | Trackback | Comments(3)

公開授業終了。

 50才の節目に公開授業ができて、良かった。
いろいろと考えすぎて、導入からしたいことが山ほどあり、直前まで悩んでいた。
静かに授業は始まった。結局、世界の英語について話し、英語には沢山の種類が
あるところから入った。
 バングラディシュの教科書の内容も用意していた。今回、プロジェクター機能
の付いたニコンのコンパクトデジカメを購入し、資料を撮影し、いつでも写せる
状態にしておいた。プロジェクター機能があるので、授業中でもいつでもスクリ
ーンに映すことができる。ただ、光量が大きなプロジェクターよりも少ないので、
できるだけくらい方が見やすい。それでも、いろいろな用途があるので思い切っ
て購入した。授業前に、元同僚の岩田哲教諭も一緒にセッティングしてくれた。
感謝。
 いわゆるティーチャートークが終了し、次に英単語の確認に入る。フラッシュ
カードを使用した。伝統的な手法だが、生徒達の目が突き刺さる。アナログだが、
手作りの教材なので、こちらの気持ちが伝わる感じがする。新出単語の半分をリ
ピートで発音、その後ペアでジャンケンし、負けの生徒が後ろを向いて、勝ちの
生徒がこちらを見て、発音する。後ろを向いている生徒がその単語のスペリング
を言うという活動を行う。ねらいは音と文字の融合。フォニックスの説明までは
行わなかった。
 その後、音読。まずは、オーバーラッピングそしてバズリーディング、その後、
シャドウイングと音読3種類を行う。
 次に、ペアでQ&A in Englishを行う。Qを作るために4分ほどの時間をとり、
生徒はそれぞれ作成していく。4分後、お互いに聞き合う。
 次にサマリー作成。長めのサマリーにブランクがあるものを用意し、そこに埋め
ていく。長めのサマリーが完成したら、そのサマリーをさらに短く絞っていく。そ
の時には、下線だけで、自分で英文を書いていく。帰納的な形で情報を絞っていく
活動だ。書いた後、ペアで発表。それぞれのサマリーに個性が光る。うなずく生徒
が多数。お互いの学びが相乗効果を生む。
 次の活動は意見発表。ジャンケンをして、勝った生徒が聞く。
 What is your opinion, and why?
 それに答えていく。生徒達の様子をしっかりと見ながら、机間巡視。
 なるほどと感心した生徒がいたら手をあげて、パートナーの意見を発表する。
 理由もつけて発表するように促す。
 最後にある生徒の意見を聞いて、皆で拍手して50分が終了。生徒が良く集中
して行ってくれた。感謝である。
 最近の流れは、ワンパートを1時間目で語彙・内容理解・音読、2時間目で
Output的活動を入れるという流れが主流。今回は2時間目の内容を皆さんに見てい
ただいた。約80名の先生方が来てくれた。遠くは九州から、鞍手高校の日比生先生
も来てくれた。どの先生方も一生懸命な先生方で、英語教育の改革に熱心だ。
 今年度の大きな行事がほぼ終了した。
 函館中部高校には多くの先生方が来ていただき本当に感謝いたします。
 3月には、また、明海大学にお邪魔する予定です。音読についての講演をさせてい
ただきます。新年度は、5カ所のセミナーや講演が決まっています。また、全国各地
で先生方にお会いできることを楽しみにしています。東京と埼玉にも行きます。
 今日は、English Pocket函館校にお邪魔して、赤嶋さん(代表)とお話しした。
この教室は小学校英語を中心に充実した英語教育を行っています。応援したい誠実な
運営をしています。全外協のメンバーでもあります。

 久々にイタリアンレストランコルツに行ってきました。岩のりのパスタが最高でした。
 では、また。
 明日は、英語検定の面接委員を行います。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-19 21:40 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

今週末は公開授業

 今週末2月18日(金)に、公開授業及び研究協議会を行う。
今回の公開授業では、今後の授業のあり方を模索しようと思っている。
50分のメニューは大体決定した。教材が決まり、メニューが決まれば、
後は教員の指導力と英語力で、授業の出来は決まってくる。さらに、
根底に生徒と教員の信頼関係がなければいい授業にはならない。
 授業は、生徒と教員が作り出す化学反応である。
 評価も重要で、ゴールや目標になるから、考査が妥当なものであるこ
とが、生徒の取り組みに大きな影響を与える。
 本校のテストの平均点は高い。60〜70点になる。生徒はかなりし
っかりと勉強してくる。勉強すればするほど高得点がとれる。こちらが、
生徒に何を要求しているかが理解されている。まさに、指導と評価の一
体化だ。英語を深く理解し、文法・語法を自由自在に使うことができる
まで習熟してほしい。そのために授業を組み立てていく。
 物事の成功には必ず理由がある。成功への道筋には目標設定とそこに
到達する精密なシラバスや計画が存在する。偶然の成功の確立は低い。
 目標→計画→実行→目標到達→乾杯→目標と繰り返していくのだろう。
チームで動くときは、乾杯が非常に重要だ。一人で成功して喜ぶより、
複数で取り組んだほうが効果も大きいし、うれしさも倍増する。何より、
後輩に広がって行き、自分がその教育現場を離れても、継続されるので
ある。成功例は語り継がれ、繋がっていく。
 だから、セミナーは苦労しても行う価値があるのだ。
 今回は遠くは九州から来られる。
 生徒が自分からわくわくしながら英語を理解していく。
 その時、辞書や書籍が役に立つ。生徒は自分から理解するためにあら
ゆる手段を使いながら調べていく。この行為をリサーチ活動に結び付け
たい。理解→練習→自動化→思考→発表と繋げたい。
 全ての行為が話すという行動に繋がっていく。
 言葉で思いを表現できるという幸せ。
 コミュニケーションは生きることの一つなのである。頑張りましょう。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-12 13:49 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)

美しい英文

 美しい英文は何度音読しても飽きることはない。音の美しさや内容の深さは
読者の心を満たすでしょう。
 最近の授業は、生徒の学ぶ意欲に火を付けることを目標にしています。英語を
遣いながら、内容を考え、さらに発展させていく。今日のレッスンでは、年老い
たおじいちゃんを老人ホームに入れるかどうかというシリアスな内容。それを
聞いていた孫娘が大反対する。母親はその子の言うことに素直に耳を傾け、我に
返る。おじいちゃんに家にいてもらうような決定を下す。
 現在の日本でも起こりうる内容。ある生徒が言う。「お母さんは、幼い娘に
いつかは亡くなるおじいちゃんの死に直面させたくなかったのではないか。」
指摘が素晴らしい。その言葉から、英語で発展させる。
 どちらが孫娘にとっていいのか、そしてその理由は、と全員に問い、3分後に
ペアで発表させた。いい答えが続出した。
 文法がしっかりした英語は、はつらつとしている。音読で、基礎力を養い、
文法・語法・語彙の知識を強固なものにし、「読んでは話し、聞いては話し、
書いては話す」という実戦をしている。
 話すという積極的な行為が積極的な英語学習に繋がるという仮説を論証したい
というのが、今の僕の思いでもある。
 厳しいから楽しい、苦しいから楽しいのである。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-10 00:40 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)
英語教員と編集者の協力で新しい総合英語ができました。
これを作ったのは、文法に心を入れたかったことが一番の理由です。
実際に高校の授業で教えていることが本になることで、日本中の生
徒の英語力を強固なものにしたかったことも理由です。じっくりと
英文法と向き合うことで、しっかりとした基礎力を養成してほしいと
思います。例文がストーリーになっています。記憶の連鎖で覚えること、
そして状況の中で、その文法がなぜ使われるのか理解できるでしょう。
コラムは学習者の知的なうなずきにつながるでしょう。本当にいい本が
できたと自負しています。ただ、反省点はどんどん受け入れます。
この本も皆さんのご協力で成長していくと考えています。
全国発売は、4月からです。
音声は無料でダウンロードができます。
http://www.zkai.co.jp/books/search/book_detail.asp?ID=1897
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-06 20:05 | 英語教育 | Trackback | Comments(6)
 兵庫県の熱心な先生方に支えられて、講演が無事、終了しました。
事務局の宝塚北高校の先生方、本当にご苦労さまでした。土井校長先生にはいろいろと
お気遣いいただきありがとうございました。また、龍野高校の清重校長先生、明石西高
校の十名校長先生ともいろいろなお話しを伺うことができました。淡路三原高校の水田
校長先生からも熱いお言葉を頂き、感謝いたします。
 宝塚北高校の福畠先生は走り回っていましたね。姫路西高校の小笠原先生にも再会で
きて良かったです。さらに、指導主事になられている竹下先生にもお会いできました。
じつにいい気持ちでお話しできました。今回は、トレーニング系の授業実戦から、コミ
ュニケーション活動を4技能統合型で授業構築に取り入れる考え方と実戦についてお話
ししました。英語科組織論についても言及しました。
 今回は、音読がなぜ効果的といえるのかについて、ご紹介できたことも良かったです。
このレポートは、現在、北海道石狩教育局の伊藤都章指導主事が函館中部高校教諭時代
に作成してくれたものです。もっと多くの先生方に読んで欲しいので、何かいい方法を
考えます。
 講演後に、国際大学連合の北中理事長と中野さんと会議を持てて良かったです。日本
の高校生のための有意義なプロジェクトを実現させましょう。
 明日は、重要な計画書の作成、2月18日の公開授業に向けての授業プランなど、いろ
いろと考え、準備しなければなりません。頑張ります。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2011-02-06 00:00 | 英語教育 | Trackback | Comments(6)