京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

東京から帰ってきました

 東京は暖かかった。
長時間会議も充実して終了し、いつもの宿へ行く。
会食まで時間があったので、大浴場へ向かう。サウナで汗を流し、最近の自分を反省。
運動不足だ。少し走ろうかなと思う。夜は、5人で会食。土曜日の渋谷は、大学祭の
ようである。
 教材に時間をかける教員は素晴らしい。信用できる。生徒への愛情を持っているのだ。
良い教材作成こそ、生徒への愛情とは、いつも講演で話す内容の一つだ。
 日本の文化が今、世界で花開いている。その一つが、ウィスキーだ。北海道余市町に、
NIKKA工場がある。竹鶴氏が開いた工場。奥さんはリサさんだった。NIKKAのウィスキー
「竹鶴21年」が本場英国で金賞を受賞。名実ともに、世界一である。歴史と伝統のある
英国になぜ、勝ったのか。昨日の読売新聞は語る。
「工夫」と「組織力」そして「日本人独自の感性」の3要素が、世界一に導いたと分析。
日本の英語教育は、世界一になれると思う。この3要素こそ、僕たち、英語教員が持つ
べきものなのだ。今、教員にもっとも必要なのが組織力なのだ。チームで動く力は偉大
なのである。志同じくするものの絆は強い。
 目の前の生徒を何とかしたいーその一念がすべてを解決するように思う。
 僕は困ると先輩に相談する。
 山口の余韻に浸りながら、毎日を過ごしている。
 山口県英語教育フォーラムの内容については、松井先生が分析を的確に行ってくれて
いる。是非、参考にしていただきたい。http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/
 明日は、国際大学連合の北中教授が来る。東京の文京学院大学付属女子高校からの視
察もある。12月は四つの高校からの視察を受け入れることになった。東京へは2回、
行くことになった。多くのゲストも来校する。その合間をぬって、ワイン会も行う。
 1月11日は札幌で英語教育の講演を行う。札幌にいらっしゃる方は、是非、お越しく
ださい。
 明日も英語教育の発展を目指して、今井は走り回ります。
 
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-29 22:09 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
 西京、山口から昨日帰ってきました。
 お世話になった皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうござ
いました。90名の参加者の皆さんを前に全く緊張せずに話すことができたのは、同
じ悩みを持つ、英語教育に関わる人間としての信頼があったからです。
 さらに、松井先生、永末温子先生 (福岡県立香住丘高等学校教諭)、久保野りえ先生
(筑波大附属中学校教諭)、西先生(舟入高校)、畑山先生(ケンブリッジ研修仲間)、
百々さん、近江さんなどなど、同志の皆さんがいたからでもあります。
 永末先生は今、シンガポールにいます。出発前にもかかわらず、メールをいただき
ました。無事の帰国を祈念しています。ディクトグロス、コピーグロス、北海道でも
紹介します。
 久保野りえ先生の授業では、僕は15才の中学生に戻っていました。英語の教員にな
ろうと決心したあの当時を思い出しました。感動する授業には、いつも信念に基づく
教員がいます。まさに、りえ先生はそんな先生でした。若林先生の教えの一部が、実現
しているような気がしました。生徒に、話しかけていくという気持ちのこもったオーラ
ルアプローチやイントロは必ず、学習者の心に響きますね。
 松井先生と同じ学校の藤本先生、ありがとうございました。先生の暖かい言葉が、
心にしみました。また、山口県鴻城高校の佐藤知起校長先生、お世話になりました。
朝のご挨拶後、席を立たれずに、2時間も講演を聴いておられました。頭が下がります。
ベネッセの皆さんの活躍、いつもながら、優秀な人材力に驚かされます。
 函館に帰ってきてから、多くのメールをいただきました。長州の地に変化が起こりそ
うです。仙台と同じく、英文和訳中心の授業から、生徒が動く授業へと変貌させると
決意表明をされている先生もいらっしゃいました。これから数年の内に、日本の英語
教育は大きく変化することは間違いありません。まさに、英語維新が始まります。
 今こそという思いです。
 松井孝志先生が、長州に僕を呼んでくれました。これも何かの縁に違いありません。
 そして、多くの熱い思いを持った先生方と出会いました。大分の麻生先生もそのお一
人です。僕には、西郷隆盛のように感じました。岩国高校の白井先生、近畿大学付属
豊岡高等学校・中学校の小畑先生、山口高校の古川先生これから、日本の英語教育を
大きく向上させましょう。
 山岡憲史先生(立命館大学教授)は言います。「出会いは人生の宝」
 今回もまさに、その言葉通りの遠征でした。
 今日も3年生に授業を行い、次なる仕事に向かっています。学校訪問は立て続けに、
3校、研究発表、会議が続きます。生徒の英作文添削もがんがん来ています。東京外大に
行く教え子のため今日もがんばりました。看護学校を受験する生徒の面接指導、プレゼン
を行う若手教員との相談にのり、大きな大会で研究発表する若手教員の資料の点検など
など、これから、ある原稿をチェックします。
 みなさん、また何処かでお会いしましょう。
 さあ、明日は、1,2時間目に授業です。頑張りましょう。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-24 22:58 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
 今日の12:40函館発のANAで羽田、その後、乗り継いで山口宇部空港まで
行ってきます。まず、松井先生に会える幸せがあり、久保野りえ先生にも会える。
ベネッセの百々さんに会い、舟入の西先生にも会えるということで、多くの出会いが
待っていることが一番嬉しい。
 さらに、西日本の多くの先生方にお会いできることも、非常に嬉しい。英語教育実
践者の一人として、お話ししてきます。
 帰ってきたら、また、ここで、報告します。
 では、行ってきます。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-21 11:03 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 山口県英語教育フォーラム開催日が近づいてきている。いつものように、講演で
こんなことも話したい、これも重要だなとか、何かを見ても、読んでも、常にアン
テナを張っている自分がいる。90分の自分の時間でどこまで参加した先生方に伝え
られるか、自分との勝負である。

 110名収容の会場とのこと。あと少しの空きはあるようです。インフルエンザも
流行している中、多数の参加者を迎え、参加者の先生方の熱意に応えるべく、気の
引きしまる思いです。広島県舟入高校の西先生も来てくれるとのこと、心強い限り
です。
 フォーラムの詳細は以下のアドレスにアクセスしてみてください。
山口鴻城高校の松井孝志先生作成の要項が見ることができます。
http://cho-shu-forum09.g.hatena.ne.jp/tmrowing/

 とにかく、一生懸命に話します。時間の3倍くらいの内容をお伝えすることに
なるでしょう。僕は日本の英語教育の改善のために、残りの人生を使おうと決意し
ています。日本中の英語の授業が輝くよう、一緒に歩んでいきましょう。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-19 00:47 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

英語検定終了

 昨日は、日曜日。
 朝から、英検面接委員になっている3人で、会場に向かう。夕方から、ワインの会が
あるので、僕の車で函館大学へ行く。終了後は、異業種9人で、ワイン会だ。何しろ、
メンバーにパン屋さんの社長がいるから、パン屋さんで行う。目的はもちろん、焼きた
てパンである。特に、フランスパンは秀逸で、本当に美味しいフランスパンは、口に
入れると溶けるのである。作り手の作品のパンを感謝していただく。ものつくりの
原点に触れる。
 生徒にとってのハンドアウトは、まさに教員の作品だ。生徒が、そのハンドアウトに
全力で向かっていくかは、教員の情熱あふれるハンドアウトにかかっている。
 どのタイミングでそのハンドアウトをぶつけていくか。その前後にどんな活動を
入れるかで、ハンドアウトへの取り組みに大きく影響を与える。授業は、職人技である。
英語を使うことの喜び、理解できたときの達成感、心にしみる美しい音、苦しいときに
威力を発する内容のある言葉、すべてが生徒の心にしみこんでいく。
 人生は楽ではない。皆、苦しさを乗り越えて生きている。英語教育も楽しいことばか
りではない。むしろ、苦しさの方が多いかも知れない。人生そのものが、そうかも知れ
ない。でも、きらりと光る瞬間が必ず、あるのが人生。
 人との出会いはその一つ。苦しいとき、同じ志を持つ仲間がいることを思い出す。
 今日も淡々と時間は過ぎる。日々、頑張らないと、次に仲間に会うときに、胸を張って
会えないではないか。今日もまっすぐに英語に向かう。
 笑顔で友に会えるよう、自分に嘘をつかずに生きていこう。
 僕がこの学校に来たときの校長先生が髙橋國雄先生である。
 今日、はがきをいただいた。TVを見てくださった感想をいただいた。あまりのお言葉に
胸が熱くなった。頑張ってきて良かったと心から思った。髙橋校長先生がいたから
今、僕は函館中部高校で働いている。人の縁が何かを生み出す。感謝しながら、生きている。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-16 23:29 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

TV放送終了

 2ヶ月間で、4回ほどの取材、その間、いろいろとメールで打ち合わせをしてきた。
じつは取材の話をもらってから8ヶ月が過ぎていた。4月から、STVのディレクター
Sさんと取材の打ち合わせは行っていた。Sさんは、アナウンサー出身。メインキャ
スターが、夏休みなどとるときには、代わりに出てくる本格派だ。その語り口は、
水が流れるような心地よいテンポで進んでいく。頭脳明晰とは彼女のためにある
と思う。行動力、判断力など、放送業界の一線で活躍する人物がいかにあるべきか、
お手本のような人である。
 昨日、放送されたと同時に、卒業生の間で、今井が出ていると言うメールが、駆け回
ったそうだ。そして、すぐに卒業生から、電話が入った。スキー仲間の校長先生から
も電話をいただいた。自分が、いかに多くの人たちの関わりの中で生きているか、痛感。
ディレクターさんには、今の英語教育の現状や改善しなければならない点などの話を
した。そして、僕が一英語教員として、生涯をかけて、日本の英語教育の発展のために
尽くしたいと話した。
 いろいろと改善しなければならないことは多い。北海道の指導主事の業務の多さも
その一つである。ほとんど英語関係の仕事ができない環境になっている。大阪の指導
主事のシステムが良いと思う。3日間、学校で授業。2日間は校外で指導するという。
じつに良いシステムである。関西の実質を見るという、現実主事的な側面はいいと
思う。北海道も変わった方が良いと思うのだが、なかなか進まない。これは僕の定年
までの11年で、是非変えたいことの一つになっている。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-14 20:23 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
 明日は、定期考査最終日である。4日間の考査が終わる。さらに、3年生にとって、
最後の考査である。いつもこの時期には感慨深いものが、僕の心に残る。慶応大学に、
受験する二人はほぼ合格決定。指定校推薦ですから。一般受験でも、合格する二人
なので、早稲田やICUも受験して欲しかったが、まあいいでしょう。きっと、いい
正月を迎えるでしょう。何しろ、今時の大学生は大きく二つに分かれますね。
研究に励む者と遊ぶ者と。
 教え子たちには、何度も言い続ける。大学こそ、大いに本を読み、映画を見て、
旅行をして、バイトも経験し、興味ある授業を探し、自分で深く考え、勉強する
所であると。
 今年も東京外国語大学を二人、受験する。二人とも受かるだろう。昨年、一緒に
英国に行ってきた。その英語力の高さに、英国でも高い評価をいただいた。一人は
すでに、今年の6月に準1級に合格している。現在、国際教養大学を受験する教え
子が準1級の1次試験に合格している。今日は、2次試験の練習をした。
 明日は、2級1次合格者を集めて、オリエンテーションを行う。
 そうそう、テストの採点もしなければならない。
 さらに、岩手県から学校視察に来られるので、対応しなければならない。
 良い出会いになるといいなあ。
 今日は、北海道教育大学付属中学校に行ってきた。今、函館中部が行っている
文部科学省指定事業「英語教育改善のための調査・研究事業」の説明をしてきた。
本校は、海外4大学との高大連携を行っている。ねらいは、ずばり、アメリカの
一流大学の医学部に教え子を送り込むことである。日本の医学部の状況は悲惨だ。
国立大学も異常に厳しいし、私大の学費は6年間で2億くらいかかる。とても
普通の給料の家庭ではいけない。部活も勉強もがんがんする生徒で、将来、
医者を志すなら、僕は、海外大学の医学部がいいと思うのだ。英語と高度医療の
両方が学べるのだ。
 なので、中学の時からその意志を持って、函館中部高校に来て欲しいのである。
その旨を伝えてきたというわけです。
 さて、明日も頑張ります。
 人生は何と楽しいのでしょうか。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-12 01:08 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

日本社会に必要なもの

 堺屋太一氏が、TVで非常に面白いことを言っていた。
今後の日本社会には「楽しさ」が必要である。楽しい社会こそ、これからの
日本が目指すものだと言い放った。物質的豊かさは、先代の日本人たちが
作ってくれた。社会の経済活動にも、品格があった。商売にもルールがあった。
まさに、弱い者いじめはしないという正義が、武士道にはあったはずである。
 ドラッカー博士が嘆く社会は、経済活動で、何をしてでも利益を追求する
社会である。利益の追求は、目的ではない、明日も会社を続けるための条件で
あると博士は言っている。
 模試で良い成績が残っても、そこに生徒の笑顔がなければ意味はない。
生徒を心から思うからこそ、厳しい教員が出現する。僕が、高校生の頃、
怖い先生ほど、後になってその優しさを思い出したものだ。社会人になると、
これでもかと言うほど、厳しい現実がやってくる。賢者は、決して屈すること
はない。人生の本当の喜びを理解しているからだ。
 人生の喜びは、家族の健康やつながりから、すぐに発見できる。音楽や読書、
スポーツや芸術から生き甲斐を得ることも多い。そして、何より、仕事から
多くの生き甲斐を得るのである。
 教育の目的は、社会をよりよい方向へ導いてくれる人材育成にある。その
結果は、かなり先になって初めて理解されるのだ。
 若人たちに、僕たちはどんな社会を残すことができるのだろうか。
 今、僕は一人になると無性に感じていることがある。時間は限られている。
今、僕がやらなければならないことがある。英語教育の改善である。
生徒も教員も生き生きとして授業を行える学校作りから、その一歩は始まる。
仙台で、話してからその思いは強くなっている。再来週の山口で僕は、また
何かを感じるだろう。人生をかみしめながら、明日も学校へ行くのである。

北海道の皆さん、STVの放送日が決定しました。11月13日(金曜日)
6時30分くらいからです。日本シリーズなどで、どんどん延期して
きましたが、今回は間違いないでしょう。どさん子ワイドでお会いしましょう。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-10 00:09 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

仙台紀行

 仙台に行ってきました。講演を行ってきました。
宮城県の先生方の視線は熱かった。2011年に全県一区になる宮城県。
先生方が何かを変えなければという思いを感じました。今回は、いつもの
プレゼンに新たに宮城県向けのPPシートを作成しました。終了後に、
熱心な先生方から質問などをいただきました。宮城県では、最近の
実践報告を中心に、授業のお話をしました。多岐にわたりましたが、
60分の予定が、90分になっていました。参加した先生方の熱意が
そうさせたのかも知れません。
 すでに、英語力が飛躍するレッスンを読んでいる先生もいて、付箋や
赤ペンでラインが引いてある本をお持ちの先生もいました。本当に、
感謝です。少しでも、先生方の英語教育が改善されれば本望です。僕の
方が元気をいただきました。
 さて、ここ数週間かけて、山口県で行うプレゼンのPPを作成しています。
どこで講演を行っても、できるだけその地域や要望に合ったものを作成し
ています。今回のキーワードは「本音」でしょう。
 飛行機の手配も終わりました。いろいろなウェブを使い、最安値で、
山口まで行けそうです。
 山口県鴻城高校の松井孝志先生にお会いし、一献傾けるのも楽しいで
しょう。また、人生の出会いが待っています。
 広島入船高校の西先生も来てくれそうです。
 また、いろいろな発見があることでしょう。
 山岡先生曰く「出会いは人生の宝」なのです。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-08 02:18 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

久々の休日

 昨日、大阪から戻った。立命館大の山岡先生とお会いし、英語教育のエネルギーを
いただいた。このような先生が日本にいることで、日本は変わっていくことを感じている。
立命館宇治の東谷先生にもお会いできた。いつもの教育に対する熱さは変わらなかった。
同じ立命館宇治の平田先生も来られていた。久々の出会いであった。神戸葺合の竹下先生が
元気な姿で来られていた。現在、京都の大学院で研究活動をしていらっしゃる。
お元気であったので、安心。広島入船の西先生にもお会いできた。
理論と実践がここまでしっかりしている人はなかなかいない。そして、全く、それを
すごいと自分で言わない。賢者こそ、その偉大さには、決して言及しないもののだろう。
 英語教育や英語という言語の奥深さを非常に感じる。深遠なる世界に入れば入るほど
その先にある世界の広さに驚くのである。その教育者たちの努力は歴史と伝統によって
後続の教育者たちが引き継いでいく。
 今回、福井商業の今川先生にもお会いできた。山岡先生にして、もっとも信頼している
先生と言われていた。英語教育実践者たちの集まりに僕はじつに楽しい時間を過ごした。
英語教育は、変革の時を向かえている。英文和訳に授業のほとんどを使って、英語を身に
つけるトレーニングをしていない授業が多い。
 SELHiの研究が進み、インプットの技法は音読によってかなり、前進した。現在では、
インプットをシステムでしっかり行い、しっかりとアウトプットしていくことが求めら
れている。生徒の発進力を育成するプログラムが求められているのである。
 その点から言うと、もうすぐその全体像が出来上がるような気がする。
理解→納得→計画→行動→評価の理論は経済学者ドラッカーの理論である。行動様式は
ドラッカーの理論でかなり行けると思う。
 コミュニケーションは英語でのインターラクションにつきる。受容力と発信力が必要
なのである。違う価値観の人がいて結構。広く受け入れる心と前進するために必要な
行動計画を立てられる人になることが重要なのだ。
 僕たち英語教員は、常に社会性を持たなければならないのだ。
 神奈川大の久保野先生や文教の阿野先生、駒沢女子の太田先生など非常に高い
社会性をお持ちである。だから、多くの英語教員が参考にされているのであろう。
 今回、兵庫豊岡高校の沖先生と福井商業の今村先生が参加された。若い先生方だが
じつに良い感性をお持ちである。40代後半から50代の教員たちは今後も頑張るが、
若い先生たちが歴史と伝統を受け継ぎ、改革していくのであろう。
 じつに愉快な時間を過ごした大阪だった。
 多くの方々に感謝。

 ベネッセ、英語検定協会、美誠社の皆さんにもお世話になりました。
 ありがとうございました。

お知らせです。山口県鴻城高校 松井孝志先生のブログからです。
http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/

「第2回山口県英語教育フォーラム」へのお誘い
第2回 山口県英語教育フォーラム
2009年11月22日 (日)10:00 – 17:30
於: パルトピア山口 (防長青年館)
講師 (敬称略):
今井康人 (北海道函館中部高等学校教諭)
永末温子 (福岡県立香住丘高等学校教諭)
久保野りえ (筑波大附属中学校教諭)
まだ席に余裕がありますので、県内・県外を問わず、
ふるってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。
入場料・参加費は無料です。
フォーラムの講演内容など詳しくはこちらのページをご覧下さい。
→ http://cho-shu-forum09.g.hatena.ne.jp/tmrowing/
講師の方の近年の実践等は、過去ログ
→ http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/20090915
をご参照願います。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-11-03 12:12 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)