北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー

<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

仕事に没頭できた月曜日

 今週木曜日から岐阜、東京、仙台を回る。岐阜、仙台ではプレゼン。東京は、ケンブリッジ
大での教員研修の打ち合わせ。プレゼンは、今までの取り組みの成果と反省点を赤裸々にお伝
えする予定。日頃の苦労がお互いわかるので、先生方の問題解決の糸口が見えれば幸いです。
 仙台の先生から学校訪問の問い合わせがあった。7月4日に来られるそうなので、その
時にということで電話を置いた。
 プリンストン大学で、英語教育について学んでいるケント君が来校。明日来る予定だったが
勢い余って、今日来てしまったらしい。40分ほど日本語と英語で話す。日本の英語教育の印
象を覆す取り組みの数々を披露した。かなり驚いていた様子。明日は、授業の手伝いをしても
らうことになり、打ち合わせをした。高3で使っている基礎英文問題精講を読んでもらったら、
日本の高校生はこんなレベルの高い英文で勉強しているのかとやはり驚いていた。中原先生の
すごさである。
 その英文を、生徒たちは、理解し、音読し、暗写する。その姿を明日、見てもらう。
明日は、その英文の表現を使って、英語で話させてみる。まず、僕が使ってみようと
思う。
 自分の思いをどれだけ正確な英語で表現できるかを追求しないと伝わらない。
 久保野先生は非常にうまく表現しているが、基礎体力のない選手にいきなり大リーグで
プレーしても何の成果もない。筋トレや走り込みをして基礎体力が充実して、高度なプレーが
可能になるところまで、肉体と精神が充実して、初めて可能性が見えると言っている。
語学の基礎を構築して、常に疑問に立ち向かう気概が大切なのだろう。
 充実した授業を目指して、明日も教壇に立とうと思う。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-30 00:27 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 今日、東京から帰ってきました。神保町界隈に雨は降ってなかったのに、午後の羽田は大雨
でした。おまけに、滑走路が一時、閉鎖されました。悪天候の影響かな。で、10分ほど
出発が遅れました。昔、一緒にバスケのコーチで苦労した先輩が、函館に来たので、
飛行機が到着後、会うことになっていました。ので、多少の焦りがありました。
無事に先輩に会いました。良かった、良かった。
 今回は、久々に山岡憲史先生と一献傾けました。優秀な編集の方2名も一緒に交流しました
が、楽しく英語教育の話題に花が咲いていました。一次会の後、一度ホテルに戻り、もう少し
山岡先生とお話をしようということになり、ホテル近くのラーメン店に入りました。
神田神保町界隈には日大、明治大、専修大、共立女子大があり、美味しい店が多くあります。
夜更けの偶然入ったラーメン店の餃子のおいしいこと、最後のラーメンもいい感じでした。
最近の僕はとんこつラーメンに、はまっています。
 立命館大の山岡先生は教授なのに、全く偉そうにしない。だから、人気がすごい。
どこに行っても、先生の周りには人が集まってしまうのです。
30代の頃から、辞書編纂や教科書作成等、重要な仕事を次々と行なっています。
中教審のメンバーになったこともすごいことですね。
 すごい人に共通しているのは、自分は全くすごくないと思っている所がすごいのです。
自分のことがすごいと思っている人ほど、すごくないのです。魅力もない。
なぜなら、進歩が見えなくなってしまうからなのです。今の自分では、まだまだだと思ってい
る人が勉強をして進歩して行くのです。そんな人に、魅力を感じるので、人が集まるのです。
僕には目指すべき素晴らしい先輩たちがいる。皆、謙虚である所がすごい。
 また、明日、僕も勉強の日々を全うします。もっともっと英語ができるようになりたい
のです。何しろ、8月2日からケンブリッジ大学に行きますから。頑張ります。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-28 22:55 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)
 新著「教科書だけで大学入試は突破できる」大修館書店の第5章は久保野先生が執筆して
います。第5章はカリキュラム編で言うまでもなく参考になります。
入試対策の量と質を分析しています。そして、受験勉強の前倒しはじつは生徒の英語力向上
につながらないことの理由を明確にしています。教科書を使い尽くすことで英語力は向上する
こと。高校1年生1学期の辞書指導の重要性と実際の指導方法に言及しています。紙辞書の
使い方をしっかりと述べてくれています。今こそ、紙辞書の大切さを確認する必要があるで
しょう。辞書がしっかりと使えることで、英語学習の基礎が身に付くでしょう。
 また、久保野先生の真骨頂の圧縮された構文の解凍についても書かれています。
語彙の指導についても参考になります。高校2年後半~3年での接辞と語根で整理をするこ
とも再確認させられます。音声に意味を乗せる指導や言葉の意味を大切にすることも
現在の自分の授業を再構築する際に、大いに参考になるでしょう。
 緻密に先を見通して指導することで、着実に生徒の力は伸びて行きます。
 東京外大に行った教え子からはがきが来ました。
 当初、高校で続けていたバスケをしない予定でしたが、やはりスポーツの虫が騒いだのか
今ではバスケ部でガンガン頑張っています。高校時代のことを懐かしく思い出しながらも
努力を続けている様子に、こちらの頭が下がります。僕が教えなくても彼女はきっと
合格したでしょうが、感謝の言葉をもらい、気が引き締まる思いです。何とか、今年も
生徒たちの夢を実現しながら、語学の本当の喜びを共有したいと思います。
「苦しさの向こう側に喜びの光りは必ず待っている」ことを信じて、また明日教壇に
立ちたいと思います。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-25 23:28 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)

靜先生の著書できました

「英語教育の心・技・体」研究社 靜 哲人先生(関西大学教授)が出版されます。
6月25日です。楽しみにしていましたが、靜先生が送ってくれて、一足早く
読みました。授業以外の仕事をすべてキャンセルして、没頭して読みました。
痛快な一冊になりました。名著「英語授業の大技・小技」から10年が経ち、
靜先生の10年間の重いが詰まっています。じつにおもしろいです。
 予習で和訳はさせるな、訳は先に渡して結構など英語を運用できることこそが
本当に英語力を上げるのだという真実を繊細に時に大胆に書かれている。
本当に通じる発音で話せることの重要性は最近の靜先生のこだわりでもある。
確かに、どんなに素晴らしい授業をしていても、生徒の発音がひどいと普段の
トレーニングに疑問が残る。発音をしっかりと行うことができることに対して
もっと正面から向き合う必要がある。
 一日で読破しましたが、おもしろくて読むのを止めることはできませんでした。
授業をすることがこんなにも素晴らしいことなのかと気づかせてくれます。
 生徒や学生の声もふんだんに入っていて、厳しいけど優しい靜先生の姿を
見事に表している。
 久々に痛快な気持ちになった本でした。
 皆さんにもお勧めです。では。
 ところで、どなたか初のコメントを入れていただけませんか。(笑い)
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-23 22:33 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

授業方法の追求は楽しい

 二女と長男のバスケの釧路遠征が終わった。車で9時間の旅。北海道の頂点を目指して
頑張ってきた試合。特に二女は高校3年生、最後のインターハイだった。最後は涙を流して
お互いの健闘をたたえあったが、無心に努力するスポーツマンの姿は美しい。その二女も
今日から図書館で勉強。
 長女は都留文科大学で小学校の免許(理科専攻)と中学校英語の勉強に取り組んでいる。
小学校英語に取り組むことも視野に入れている。年間55単位は結構大変だが、自分で
決めたこと。日々講義の毎日だが充実してるらしい。7月、僕は山梨の勝沼ワイナリーを
巡る。ワインの文化に触れる。娘の所に1泊して、翌日帰還の予定。
 8月2日から15日までは英国ケンブリッジ大学で授業方法の研修。講師は、同大学の
講師陣。楽しみだ。そろそろ言語習得の最新情報を入手して目を通しておかなければ。
 海外大学との提携が本校の研究課題。文部科学省の指定は3年間。SELHiよりも予算は
少なめだが、今週から本格的に動き出す。海外大学では、留学生に高度な英語力を身につけ
させるカリキュラムや教材がそろっている。
 教え子に海外の大学で見事に学位を取ってくる者がいる。論文を読んでみると、
美しい英文で高度な内容を表現している。特に、文のつながりや副詞、形容詞の使い方が
豊か。動詞の使い方もうまい。多くの優れた英文に触れているからに違いない。
パラグラフの展開も模範的だ。
 教え子は、海外大学に3年間いてから、京都府立大学、同志社大学大学院から、米国の
大学院で勉強している。時々、函館に帰ってきては、僕の所に来る。話はおもしろい。
カナダのアクセントが基本になっているが、彼女の英語に米国の発音がどのくらい影響が
あるのか興味あるところだ。
 靜先生のメールでは、今月の25日に著書がでることになっている。
 名著「大技小技」の上級編になるらしい。楽しみだ。
 立命館宇治高校の東谷先生もお元気そうで何よりだ。
 二女のバスケの大会に応援に行った際、数人の英語の先生から声をかけていた
だいた。本著「英語力が飛躍するレッスン」を読んでくれたとのこと、感謝です。
本というメディアのすごさを日々感じています。少しでも皆さんのお役に立てばと思います。
速読教材を形にしたいので、何とか少しづつ、取り組んでいきたいですね。では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-21 18:53 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

釧路に行ってきます

 今、出発直前です。
車で10時間の旅です。二女最後のインターハイ北海道予選。地区大会を2位で通過。
オール北海道大会各地区代表校25校の上位2校が全国大会に進みます。
 170cm以上の選手が4人います。二女は167cm小さい方だ。シューティング
ガードをしている。ミニバスから9年間の集大成である。
 バスケ会場では、数人の英語教員に会う。英語屋が、バスケの顧問はきつい。
僕は20年間、この生活をしてきた。家族の運動会などほとんど自分のチームの
大会とぶつかってきた。だから、今回だけは応援をしたいと思った。
 4日後、結果を報告します。
 行ってきます。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-18 08:46 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

今日はフル回転

 多くの教員が出張に行っている。生徒引率だ。今年、多くの部がオール北海道大会に
出場している。北海道は広いので、車で8時間以上離れている都市まで遠征に出かけな
ければならない。
 二女と長男は共にバスケの選手だ。全国大会出場を決める大会は釧路市で行われる。
車で10時間くらいかかる。釧路は細麺の釧路ラーメンの街だ。ザンギという北海道独自の
鳥唐揚げの発祥の地だ。鳥松という有名な店があるという。行ってみるつもりだ。
 宿はホテル1−2−3釧路。一人3000〜3500円くらいで宿泊できる。
全国チェーンのホテルだ。函館に宿泊したい人は、ホテルシエナがおすすめだ。4000円
位で宿泊できる。劇団四季の御用達のホテルだ。永六輔さんもよく来られるホテルだ。
ロビーには本物のロダンの像が2体ある。値段は想像もつかない。とにかくお勧めのホテルだ。
そのホテルシエナの1階にギャラリーがオープンした。僕の陶芸の先生がオーナーである。
ギャラリーシエナという。非常にいいギャラリーが完成した。
 英語に疲れた頭をリフレッシュするために、陶器を眺めるのはいい気分転換だ。
今日の授業は4時間。その間、接客したり、雑用を次々と片付ける。
 夕方からは、外国のサイトから資料を探し出し、英語の練習問題を作成した。
インターネットがあるので、世界中のフィールドに数秒で行って、情報を得る。いい時代に
なったものだ。
 僕はウィンドウズとマックの両方を使っている。家ではほとんどマック。子供たちに
ipod nanoをクリスマスプレゼントしたから、同期にマックは欠かせない。
 今日も日本中から問い合わせが来る。
 資料を送付している。日本中にHCラウンドシステムが広がったら、英語教育は必ず
変わる。実際に多くの学校が変わっている。
 若い教員たちが希望の星だ。これからの日本の英語教育を支えてほしいと願っている。
 7月2日に岐阜で講演する。すでに40人を超えているようだ。高校の先生方に
限定しているのだが、昨年の参加者の倍になっているらしい。
 いい話ができるように今から気合いを入れている。
 では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-16 23:49 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

今日はテストを返却

 今日は前期中間考査のテストを返却した。たぶん、かなり難しいテストであった。
何しろ、110問くらいある。1問1点は当然で、完全解答ももちろんある。1問30
秒以内で答えなければ、全問に答えることはできない。ハードルは高い。
範囲は、教科書、単語帳、基礎英文問題精講、アップグレードなどなど。
 最高点は99点。この生徒は慶応に行こうとしているが、東大の方がいいかもしれな
い。よく勉強をする秀才である。努力を惜しまない生徒に出会うと未来に希望が
もてる。勉強をすることで、物事の判断方法を学んでいる。
データを集積し、考え、結論を導き出す。色々な知識を複合的に思考し、判断する。
論理的でなければ科学的な思考につながらないだろう。感性を生かす場面と理性的に
知識で判断する場面のバランスが重要である。子供は感性で生きている。徐々に
理性を働かせていく練習の場が勉強のフィールドだろう。感性と理性をうまく
生かしながら生きていく。そこに文化や技術が生きてくる。訓練も必要だ。
徹底的に基礎訓練をしたあと、感性を生かす時期がまたやってくる。技術の上に
見事な感性が花開くとき、崇高な芸術が生まれる。
 また、明日から通常の授業が始まる。
 「点数が悪くても落ち込むな。まだ、センター試験まで間に合うぞ。」と生徒に伝えた。
7ヶ月は最低限必要な時間だ。
言葉が響いた生徒諸君は今頃、必死に学問に取り組んでいるだろうか。簡単にいけば、
苦労はいらない。しかし、生徒の可能性を信じていこう。
 授業のあと、何人かの男子がやってきた。
 「僕たち、落ちこぼれですから。」と言う。
 「まだ、間に合うぞ。」と答える僕。
 少しだけ、希望の空気が流れた。
 もちろん、英語の基礎力充実のために必要な方法を具体的に述べたのは言うまでもない。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-15 23:02 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
 このブログに移ってから数週間が過ぎた。以前のブログにアクセスできなくなったので、
こちらに来ていることをお知らせしたい旨のことを掲載した。山口県の松井先生のブログで
紹介していただき、感謝します。松井先生のブログはこちらです。超多忙な松井先生が繰り
広げる英語ワールドは奥が深い。皆さんも是非読んで見てくだい。
http://d.hatena.ne.jp/tmrowing/
 さて、今月の大修館書店の月刊誌「英語教育」のブックコーナーに本著
「英語力が飛躍するレッスン」が掲載されました。編集部の北村さん、池田さん、
立命館大学の山岡先生、ありがとうございました。
 そして、熱い書評を書いていただきました立命館宇治高校英語科主任東谷保裕先生、深謝
いたします。
 僕が伝えたかったことが、見事にまとめてありました。英語教員の思いに違いはないよう
な気がします。優れた英文を心に秘めて、英語を書いたり、読んだり、聞いたり、話したりす
る。自分の感情を伝える英語に終点はないのでしょう。もっといい表現を使いたい。
自分の勉強不足は一生続くのです。ですから、勉強している英語人たちは口をそろえて
言います。自分は勉強不足であると。
 一生、勉強できる語学に出会えたことに感謝しながら、今日も自分を鍛え、生徒を鍛え、
仲間と鍛え合う、そんな日々を楽しみましょう。
 人生は長いようで意外に短い。
 昨年、訪れた英国湖水地方のパブの柱に書かれた言葉を贈ります。
 READ WELL THINK WELL ACT WELL
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-13 15:10 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

以前のブログ

 昨日、全日本男子バスケットチームが台湾に勝利した。日本大学時代、北海道長万部町に夏合宿にきていた山田君もいいところで3ポイントシュートを決めていた。身長は200cmである。昨日の試合で特筆すべきは、日本選手の身長である。北海道出身の柏木選手185cm以外、他の日本人選手すべてが200cm以上という場面がいくつもあった。しかも、竹内兄弟はじめ、200cmを超える選手たちがゆうゆうと3ポイントシュートを放つ。強豪台湾もたまらない思いだったろう。
 僕も20年間高校バスケットボールに関わってきた。全くの素人状態から、公認コーチになった。函館中部高校時代にオール北海道大会の参加を逃した年はない。13年間連続であった。これは選手のお陰である。バスケは時間がすべてを取り仕切る。時間の使い方で勝敗は決まるといってもいいくらいだ。だから、時間を大切にするように日頃からうるさく言う。朝寝坊など言語道断である。すごい罰が待っていた。当時、1階から4階までの階段を50往復することが自主的な掟になっていた。
 今週火曜日、今年の授業力アップセミナーの講師委員会が札幌で開かれた。札幌国際情報高校に行く途中で僕のブログをいつも見てくれているという先生にお会いした。嬉しいことだったが、更新されてませんねと言われ、じつに申し訳ないと思った。新しいこちらのブログをすぐにお伝えしたが、以前のブログにアクセスできないので、そちらを頻繁に見ていただいている方々にどのようにお知らせしたらいいか困っている。以前のブログと同じ名前にしたので、googleで英語教育今井塾と入れてくれれば、検索できるようになっているのだが、なかなかうまく周知していただくことは難しい。
 そこで、もし皆さんのお知り合いで、このブログを見ていただいている方がいましたら、今井塾が、移動したことをお知らせしていただけないでしょうか。よろしくおねがいします。

一緒に働くPeter先生が、祖国アメリカの生活を思い出していた。
僕が最近仲良くしているパン屋さんの社長さんの話をしたら、彼はこのパンを作れるかと英文を見せた。その英文が以下の通りである。この英文を持って、隣のパン屋に駆け込んだ。日本語で説明しながら、ご主人と話した。どうやら作れるらしい。明日、この翻訳を持って行くことにした。土曜日には僕の好きなパンを焼いてくれるという。何という贅沢か。パン好きの僕は幸せな近所付き合いをしながら生きている。

Pain de campagne ("country bread" in French) is typically a large round loaf ("miche") made from a natural leavening similar to, but not as sour as, American sourdough. Most traditional versions of this bread are made with a combination of white flour with whole wheat flour and/or rye flour, water, leavening and salt. For centuries, French villages had communal ovens where the townsfolk would bring their dough to be baked, and the miches weighed from four to as much as twelve pounds. Such large loaves would feed a family for days or weeks, until the next baking day.
Before the advent of roller milling, virtually all wheat was milled by stone grinding. In order to produce a lighter, less toothsome bread, the whole wheat flour was sifted or bolted using mesh or cloth. This resulted in a whiter flour that still retained some of the bran and germ. The addition of rye flour in some recipes probably originates from the presence of rye growing among the wheat. All the grain was harvested together, and as much as 10 percent of it would be rye. Rye flour ferments more quickly than wheat flour, and it imparts a distinctive flavor to traditional pains de campagne.
Today pain de campagne is still made in France, and is enjoying a growing appreciation in the United States. The doughs are allowed to ferment for several hours, allowing the natural bacteria and yeasts to grow, and are then rounded and placed in linen-lined baskets called "bannetons". After the dough has risen, it is dumped out of the basket and onto peel, and slid into the oven where it bakes at around 450 F (240 C) for about one hour.

こんなパンを食べたくありませんか。
ご希望の方はご一報ください。何とかします。
では、また。
[PR]
by yasuhitoi | 2009-06-11 21:18 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)