京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

激動の英語教育に思う

 これからの英語教育に何が必要になってきたのか、その本質が何なのかわかれば
気も楽になるでしょう。上智大学の吉田先生も英語の知識・技能的な側面と
思考力・判断力・表現力的な側面とに分けています。
 知識・技能は主に文法・語法の知識を問うテストが今までの主流でした。
 このままでは表現力が育成されない。思考力や判断力も育成されないとの危機感
から今回の改革に踏み切ったと言えるだろう。英語の運用力を高めるためには、
聞いたものをまとめて、書くことができ、その内容について口頭で語り、聞き手は
その英語を聞いて、さらに思考し、反応することが求められている。4技能の統合は
SELHi時代から言われ続けてきたことだ。そして、今、Speakingを二つに分けて、
やり取りと発表という分野にしている。5技能統合もわかるが、決定的に今の日本が
しなくてはいけないことがある。言語活動を活発にして、生徒の発話量を増やすに
はクラスサイズを1クラス20人以下にして、発話中心の授業も行うことが重要だ。
ただ、実現まで待っているわけにもいかない。新しい授業形態の骨子ができた。
徐々に世の中に発表しようと思う。まずは、立命館の生徒たちと実践してみる。
結果は、セミナーでお伝えすることにする。まず、今週末、東京でお会いしま
しょう。申し込みは以下に。じっくりと知りたい方は函館での北の英語大学セミナー
にお越しください。前々回のブログをご参照ください。

2017
高校英語 英作文セミナー

日 時  平成291210日(日)13:00~17:00

場 所  貸教室・貸会議室 内海 東京学院ビル3F教室

              (JR水道橋駅より徒歩3)

参加者  関東圏の私学中学校、高等学校の先生方       

 内 容    講演 新テストに対応する実践的な授業方法の構築」 

       ~最新のライティング指導から5領域の英語力を育成する~   

参加費 1,000円

お問い合わせ 03-3814-6278  (啓林館 松本、伊藤)

      FAX 080-3775-9126


[PR]
# by yasuhitoi | 2017-12-07 15:56 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
皆さん、こんにちは。
東京でのセミナーのご案内です。
ライティングの指導法を中心にお伝えします。
先生方にお会いできるのを楽しみにしています。
是非、お越しください。

2017
高校英語 英作文セミナー

日 時  平成291210日(日)13:00~17:00

場 所  貸教室・貸会議室 内海 東京学院ビル3F教室

              (JR水道橋駅より徒歩3)

参加者  関東圏の私学中学校、高等学校の先生方       

 内 容    講演 新テストに対応する実践的な授業方法の構築」 

       ~最新のライティング指導から5領域の英語力を育成する~   

参加費 1,000円

お問い合わせ 03-3814-6278  (啓林館 松本、伊藤)

      FAX 080-3775-9126













         

        


[PR]
# by yasuhitoi | 2017-11-30 10:25 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

吹雪の中、開催された札幌でのセミナー。
かなり前から準備してこられた福塚支店長さんはじめ、スタッフの方々の心配を
よそに多くの先生方に集まっていただきました。今回はライティング指導についてお伝えしました。正確さと流暢さのバランス、そこを鍛える地道ながら、効果ある指導法を共有しました。セミナーも何度も受けることで自分のイメージが確信に変わります。やはり、体験を積むことが人を成長させますね。
若い頃の僕は、あらゆるセミナーに出かけました。最初は模倣でした。徐々に自分流に変えていきました。先輩の背中を見ながら、気が付くと自分がたいそうな年齢になっていました。日々、研鑽しかありませんね。
来月は東京へまいります。
12月10日(日)です。啓林館東京支社にお問い合わせください。
東京でお会いしましょう。
以下、北の英語大学セミナーの内容です。こちらもよろしくお願いします。

第6回「北の英語大学セミナー」の要項ができました。全国から参加される先生方と是非、交流し、学びを深めてください。

1.2018年を北海道函館からスタートしませんか。新しい学びがあるはずです。

2. 日 時 2018年1月
4日(木) 13:30~16:50
5日(金) 9:00~16:30 ...
6日(土) 9:00~11:10

3.場 所   遺愛女子高等学校(函館市)

4.対 象   全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員 及び 英語教育に携わっている方々

5.テーマ  「英語の基礎力を充実し、発信力をつける授業のための指導の工夫」

6.講 師
・山岡 憲史 (立命館大学教育開発機構 教授)
・臼田 悦之 (函館工業高等専門学校 教授)
・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)
・藤原功生  (函館ラ・サール中学校・高等学校 教諭)

7.参加者2名によるマイクロティーチング (100分(20分授業・20分解説・10分QA)×2人)

8.タイムテーブル 
4日(木)
13:00~13:30  受付
13:30~14:30  藤原功生講師によるセミナー「コンテクスト設定から始めるReading」
14:40~15:30 今井康人講師によるセミナー「ACTIVE Writingの指導法SSCCの実践的活用法の伝授」
15:40~16:50 山岡憲史講師によるセミナー「文法学習と読解からアクティブラーニングへ①」

5日(金)
9:00~10:00  今井康人講師によるセミナー「コミュニケーション英語Ⅱの授業展開・語彙・音読指導」
10:10~11:10  今井康人講師によるセミナー「英語の理解・内在化・発信のプロセス体験」
11:20~12:20  臼田悦之講師によるセミナーTBLTにおけるタスク作成の考え方-インプットタスクからアウトプットタスクまで」
13:20~15:00  参加者2名によるマイクロティーチング(20分授業・20分解説・10分Q&A)×2人)
15:10~16:30 山岡憲史講師によるセミナー 「文法学習と読解からアクティブラーニングへ②」

6日(土)
9:00~10:00 今井康人講師によるセミナー「基礎を固め、豊かな英語力を育む文法指導の実践」
10:10~11:10  山岡憲史講師によるセミナー「文法学習と読解からアクティブラーニングへ③」

9.費 用  参加費 3日間 6000円(書籍代金含む)(1日参加2000円)

10.主 催  北海道英語授業研究会(代表 今井康人 事務局長 瀬戸伸晴)

11. 申込先  メールまたはFAXにて下記まで申し込みください。宿泊や交通の斡旋をご希望の方は、申し込み時にご相談ください。会場へは、ホテル法華倶楽部が近いです。宿泊先のご相談にも応じますので、メールしていただければと思います。
事務局長    瀬戸伸晴(せと のぶはる)  
メールアドレス nobseto1978@icloud.com  
FAX番号   0138-33-4565

①申込者氏名 (ふりがな) ②性別 ③年齢 ④連絡先メールアドレス ⑤勤務先
※参加費は当日、会場受付でお支払いください。


[PR]
# by yasuhitoi | 2017-11-20 16:53 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

第6回「北の英語大学セミナー」の要項ができました。全国から参加される先生方と是非、交流し、学びを深めてください。

1.2018年を北海道函館からスタートしませんか。新しい学びがあるはずです。

2. 日 時 2018年1月
4日(木) 13:30~16:50
5日(金) 9:00~16:30 ...
6日(土) 9:00~11:10

3.場 所   遺愛女子高等学校(函館市)

4.対 象   全国の小学校・中学校・高等学校・大学の英語教員 及び 英語教育に携わっている方々

5.テーマ  「英語の基礎力を充実し、発信力をつける授業のための指導の工夫」

6.講 師
・山岡 憲史 (立命館大学教育開発機構 教授)
・臼田 悦之 (函館工業高等専門学校 教授)
・今井 康人 (立命館中学校・高等高校 教諭)
・藤原功生  (函館ラ・サール中学校・高等学校 教諭)

7.参加者2名によるマイクロティーチング (100分(20分授業・20分解説・10分QA)×2人)

8.タイムテーブル 
4日(木)
13:00~13:30  受付
13:30~14:30  藤原功生講師によるセミナー「コンテクスト設定から始めるReading」
14:40~15:30 今井康人講師によるセミナー「ACTIVE Writingの指導法SSCCの実践的活用法の伝授」
15:40~16:50 山岡憲史講師によるセミナー「文法学習と読解からアクティブラーニングへ①」

5日(金)
9:00~10:00  今井康人講師によるセミナー「コミュニケーション英語Ⅱの授業展開・語彙・音読指導」
10:10~11:10  今井康人講師によるセミナー「英語の理解・内在化・発信のプロセス体験」
11:20~12:20  臼田悦之講師によるセミナーTBLTにおけるタスク作成の考え方-インプットタスクからアウトプットタスクまで」
13:20~15:00  参加者2名によるマイクロティーチング(20分授業・20分解説・10分Q&A)×2人)
15:10~16:30 山岡憲史講師によるセミナー 「文法学習と読解からアクティブラーニングへ②」

6日(土)
9:00~10:00 今井康人講師によるセミナー「基礎を固め、豊かな英語力を育む文法指導の実践」
10:10~11:10  山岡憲史講師によるセミナー「文法学習と読解からアクティブラーニングへ③」

9.費 用  参加費 3日間 6000円(書籍代金含む)(1日参加2000円)

10.主 催  北海道英語授業研究会(代表 今井康人 事務局長 瀬戸伸晴)

11. 申込先  メールまたはFAXにて下記まで申し込みください。宿泊や交通の斡旋をご希望の方は、申し込み時にご相談ください。会場へは、ホテル法華倶楽部が近いです。宿泊先のご相談にも応じますので、メールしていただければと思います。
事務局長    瀬戸伸晴(せと のぶはる)  
メールアドレス nobseto1978@icloud.com  
FAX番号   0138-33-4565

①申込者氏名 (ふりがな) ②性別 ③年齢 ④連絡先メールアドレス ⑤勤務先
※参加費は当日、会場受付でお支払いください。


[PR]
# by yasuhitoi | 2017-11-14 12:20 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)

良い授業とは

 授業の最初と最後に礼を行う。
 このような習慣がある国は多くはないだろう。この礼の意味は何かと考えたことがる。
習う者と教える者がお互いに礼をする。「これからお願いします。こちらこそ、よろしく。」
この美しい風景は日本中で行われており、なん百年も前から日本で行われてきている。剣道や柔道でも
お互いに礼をして、心を静め、集中力を研ぎ澄ますところから、学びが始まる。つまり、授業は
道場と同じなのだ。礼に始まり礼に終わる。私たちの授業は、英語道場といえる。英語を学ぶという
行為そのものが一つの道でもある。日本は本当に良い国である。
 僕は英語の学びを通して、日本語のすばらしさも伝えたいのである。言葉が持つ可能性を伝えたい。
苦しいとき、悲しいとき、人の言葉が人を支える。そんな話も含めて、僕のセミナーは行われている。
さて、札幌で先生方とお会いします。

 札幌の英語セミナーは、啓林館 北海道支社 011-271-2022に電話してください。
場所はホテルニューオオタニイン札幌です。13:30から15:35の予定です。
 このセミナーでは、英作文の指導法を中心に、なぜ、これからの大学入試にリスニングと
スピーキングが注目されているのかについても言及します。英語の授業の基本や4技能の統合がいかに
重要か、その効果的な指導方法についてお話しし、授業も行います。様々なアクティビティが生徒の
英語力にどのように寄与するのか具体的にお伝えします。
 
 来年2018年も函館で行われる「北の英語大学セミナー」からスタートする。日程は1月4日(木)から
1月6日(土)までの2泊3日である。講師は、立命館大学の山岡憲史先生や僕が行う。いつも興味深い。

 詳しい内容は後日、このブログに掲載します。
お問い合わせは、事務局長 瀬戸伸晴先生 メルアドは nobseto1978@icloud.com
Fax番号は0138-33-4565です。
以上、よろしくお願いします。
では、また。
[PR]
# by yasuhitoi | 2017-11-12 16:47 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)