京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

快進撃、続く

 今年の3年生も英語力が向上している。模擬試験での成績は波があるものの、経年比較は
僕たち英語教員の一つの指標になっている。僕自身もすべて信じているわけではないが、
自分の指導法の確認として、非常に有益で信憑性の高いデータとして扱っている。生徒達を
勇気づける一つの要因となる。そして、いまひとつ、伸びていない場合は、反省材料となる。
 教員にとっても生徒の英語力向上は、悲願の一つだ。日本において、英語力を向上させるこ
とは複雑でもないが、簡単でもない。複雑な指導法が必要でもない。いかにシンプルに基礎力を
つけるかが焦点になる。
 今年は高校1年生も教えているので、自分の指導法が正しいのかどうか、その成果が可視化
することになる。今、着々とその道筋を進んでいる。ポイントをお伝えしよう。

 1 総合英語、僕の場合はゼスター総合英語(Zkai)を徹底的に習熟させる。
 2 気づきノートを作成し、660ページの読破を行っている。
 3 英単語帳を使い、毎週、100個の小テストを行っている。
 4 総合英語の暗唱例文集を使い、毎週2回の朝テストを行っている。
 5 授業の中で教科書を使いながら、理解、内在化、発信の3段階から授業を構築している。
 6 授業の中で、言語習得を行っていく。
 7 夏休み課題で、英語を自動化するトレーニング基礎編をさせている。
 8 定期テストでは、必ず、初見問題を出している。
 9 英語でプレゼンができる基礎を作っている。
10 英語を使いながら、結果として内在化し、英語が自動化できる授業を行っている。

 これくらい行えば、英語力は向上する。
 詳しくは、名古屋セミナーでも、お伝えします。
 是非、お会いしましょう。

名古屋でのセミナーについて
11月5日(土曜日)午後1時からです。名古屋市地下鉄久屋大通り駅前で行います。
詳しくはこちらをご覧いただければと思います。
よろしくお願いします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/yama-manabiau
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/26273776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2016-10-13 22:14 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)