北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

二つのセミナーが終了

 高松でお会いした先生方、ありがとうございました。投野先生に久々にお会いした。お元気そうで何よりだった。研究の成果はじつに明快で、コミュニケーション活動で必要な語彙は基本の100語であり、さらに必要な語彙は2000語である。もちろん、コロケーションも関係しているので、基本語の広がりも含めての数字であるので、守備範囲は広い。でも、投野先生とも意気投合したのは、この基本語2100語を使って教科書を作りなさいと文部科学省が提案するくらいの必要性があると言うこと。実際のコミュニケーションで必要な語彙を集中して覚えることで無駄なく語彙習得が進むと思う。
 また、山岡大基先生ともご一緒した。初対面であったが、切れ味の良い剣客のような先生で、今後もご活躍をすることでしょう。様々な活動事例をお持ちでした。優秀な先生である。
 僕はSSCCとCOCを中心にお伝えした。教材は、ゼスター総合英語(Z会出版)と英語を自動化するトレーニング応用編(通称:自ートレ)などを使った。夏休みの課題には、是非、自ートレを使っていただければと思う。生徒の内在化を促し、発信への道筋が見えると思う。
 昨日は、日比谷高校でセミナーを行った。こちらも熱の入ったセミナーとなった。木村達哉先生と一緒に行った。参加した先生方の熱い鼓動を感じながらのセミナーとなった。駒場東邦の佐藤先生、日比谷高校の石崎先生、渋谷幕張の加藤先生にまたまた、お世話になった。SSCCとCOCを中心に言語習得の本質についてお話しさせていただき、授業も行った。何と数名の先生方から今日、メールをいただき、実際に授業で使ってみた。その結果、生徒達が集中して行っていたという。何という実行力。
 実践から日本中の英語指導が変わっていく。
 何か、嬉しいな。生きてる実感がある。
 今井康人、ただ今、絶好調。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/24663699
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2015-07-07 00:23 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)