北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

校内公開授業が終了、7月はセミナー三昧

 自分の学校での公開授業は、普段行うセミナーの緊張とはまた違った緊張感がある。セミナーは聞きたい先生方が基本的に来られる。学校での公開授業は必ずしも見たいとは限らず、教員研修の意味もあって行われる。そこで、校外でのセミナーとは異なる緊張感も生まれるのだが、僕が伝えたいことは自分の実践から生じたことや自分で学んできたことだから、僕のセミナーで伝えたいことに基本的に違いはない。
 今回の校内公開授業は長文読解からの理解・内在化・発信の3段階の授業を1レッスン、3時間で行う中での2時間目に相当する部分を行った。内在化は音読を中心に行うがそれだけではない。レッスンメニューは4段階、用意した。①語彙・表現の復習 ②音読活動 ③サマリー作成につながるキーセンテンスの選択活動 ④2分間リテリングの4種類だ。このメニューで50分。
 理解は1時間目に終了している。3時間目は、発信の授業で、内容は①復習10分 ②COC(連鎖意見英作文)25分 ③発展問題解答解説15分となる。入試問題は発展編で極めて難解なものだ。
 週に5時間ある僕の英語の授業では、3時間を長文読、2時間を英作文においている。2時間の英作文の中で、SSCC(同時自己添削英作文)を行っている。COCとSSCCで生徒の英作文能力は非常に向上した。この能力が、難関大学入試での2次試験で効果を発揮したことは間違いない。
 これらの実践は、7月に香川県でのアルクセミナー、TK東京支部セミナー、明海大学、大阪女子会セミナーなどでご紹介したい。東京、大阪、香川で先生方にお会いできることを楽しみにしている。
 英語の先生方の手助けになれば幸いと考えている。
 香川でのセミナー(アルク主催)申込みはこちら。山岡大基先生、投野由起夫先生とご一緒する。
 http://ndsnet.com/alc-event/20150704/#shousai02
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/24634748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-06-30 22:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yasuhitoi at 2015-07-06 23:58
教員も自由に教育活動が出来たらよいですね。
頑張りましょう。
Commented by yasuhitoi at 2015-07-06 23:59
guestさん、健闘を祈ります。
地道に努力するしかないですね。
by yasuhitoi | 2015-06-28 16:04 | 英語教育 | Trackback | Comments(3)