北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

5年ぶりのこの感覚、何かが起こる予感

 久々の予感である。気力が充実してくると全てがポジティブに動き出す。今の今井がその感じである。なぜこの感覚が生じるのか分からないが、自分と周りの環境が作り出す正のスパイラルだ。
 たぶん、授業が最高に順調だからだろう。今の今井の授業を受けてくれれば、必ず、東大、京大、国公立医学部に合格できると言える。その自信がある。ようやくできたこのシステムで授業を行う事が出来て幸せだ。
 英文読解、英作文、リスニング各分野が充実していく。さらに、文法・語法についての強化にを行う。高1、2で僕が教えていないので、補うべき点はまだあるので、そこを早い内に補強したい。センター模試の分析を早く行い、弱点補強を行いたい。理系は理科が重要な焦点になるので、学習時間確保も大切だ。
 英語教育の基礎とは何か。その基礎に基づき、バランス良く英語力を向上させることが重要となる。
理解、内在化、発信の原則こそとても大切なものだ。文法・語法・語彙も大切だ。文法・語法の基礎をどのように内在化していくか。英文を内在化するのだが、ゼスター総合英語(Z会出版)の例文はストーリーになっている。英文を内在化するときに、内容の連鎖があれば、長期記憶になりやすいのである。また、英文についての解説は本に出ているから、個人学習も容易にできる。
 英語の基礎が出来ていない生徒には、3年生であっても、ゼスター総合英語(Z会出版)を読ませている。高校英語の基礎がなければ、英語力は向上しないのである。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/24536991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasuhitoi at 2015-06-04 23:26
かんださん、コメントありがとうございます。
思いは必ず、何かの結果をもたらしますね。
本質を見抜けるように修行の日々ですね。
一緒に頑張りましょう。
Commented at 2015-06-05 07:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yasuhitoi at 2015-06-07 21:26
大丈夫です。
また、コメントしてください。
よろしくお願いします。
by yasuhitoi | 2015-05-31 15:40 | 英語教育 | Trackback | Comments(3)