京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2次対策の日々

 生徒はよく頑張っている。センター9割を越えた生徒が3名だ。1クラスから3名は過去最高らしいがやはり生徒が頑張ったということだろう。31人のクラスの担任である。1位の生徒は、東大理Ⅰ、Ⅱ共にA判定。理ⅢもB判定だった。きっと受ければ合格しただろう。しかし、彼女は医師になるので、地元京都の医大に行く。それはそれで素晴らしいことだ。31人中10人が医学部を受けることになった。英文読解と英作文の指導を毎日行っている。普段5時間かける分量を1時間で行う。どんどん進む。生徒の集中力がもっともある時期が今。この時期を有効に使い、生徒の英語力を伸長させる。嬉しい時間の連続だ。そして、受験での成功を生徒が持って来る。握手をして努力の成果を称える。教員の一番嬉しい瞬間である。
 僕は、今のところ7つのセミナー講師が決まっている。今年はもっと講演などが入るかも知れない。それはそれで良い。嬉しい限りだ。少しでも英語教育に貢献できればと思う。英語の良い授業を行う方法を探求していきたい。
 2年生の授業はTTであり、オールイングリッシュで、プレゼンが中心。プレゼンの内容には教員からのリクエストがある。
 1 New words 2 Q&A in English 3 Summary 4 Opinion
 生徒達のプレゼンは素晴らしい。心がこもったプレゼンは最高の教材だ。英語を使って、英語を楽しむ。何と素晴らしいことか。
 大学受験のテストで高得点を取るには英語の本質と細かな語法の知識や文法、そして豊かな語彙が必要となる。複雑な構造や代名詞や省略、倒置の知識も必要だ。
 30年後、ウェアラブルコンピューターの発達で、同時通訳機能が完成する。その時、僕たちには外国語を学ぶ必要がなくなるかも知れない。コンピューターの発達と共に時代は劇的に変化していく。間違いなく、僕たちの生活は変わるだろう。
 では、また。
 では、また。
 
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/24094177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2015-02-04 23:19 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)