北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

授業で重要なこと

 授業で大切なことは何か。
 生徒、教員、教材、環境があれば授業が出来る。生徒には学びの気持ち、教員には研究心と実行力と意志、熱意、教材は生徒に適切なもの、効果的なもの、環境は生徒と教員で作る。騒ぐ生徒には生徒指導を、さらにいわゆる進学校でも生徒指導はとても大切。これらのバランスが重要である、
 英語の授業でも、教材選定と教材の進度と量を考える。実行段階では、コンセプトが大切だ。今何をしているのか。理解なのか、内在化か、発信なのかを明確にしよう。どんな教材も理解し、内在化し、発信まで行こう。それぞれの効果的な手法は研究対象だ。本を読み、セミナーに行き、考え、学び、実行し、反省する。そしてまた、実行。挑戦の日々が続く授業が出来る僕たち教員はとても幸せだ。
 英語教員よ、授業で勝負、管理職になった人たちも、授業をするべき。仕事の都合もあるろうが、教員は授業をしていくらだ。校長先生も授業をする方がよい。その上でその職を全うするべきだ。でなければ、本当の教員の気持ちはわからないし、何より生徒の実態をつかむことは難しい。
 僕たちにとって「生徒が輝く授業こそ最高の成果」なのである。
 さて、月曜日の授業は京大、阪大など大学入試2次対応英作文である。50分でかなり進む。しかし今だから生徒はタフな授業についてくる。必死さは生徒も教員も変わらない。頑張ろう。SSCCを使う。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/24051375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2015-01-26 22:21 x
こんばんは SSCC 一度試してみました 食いつくはいいようです 後 わざとに間違えてエラーを探し当てるのも食いつきがいいです チェーンもやってみたいと思います
Commented by yasuhitoi at 2015-01-28 22:02
guestさん、こんにちは。
実践報告、楽しみにしています。
生徒さんの集中力が高まれば幸いです。
楽しみにしています。
by yasuhitoi | 2015-01-25 09:36 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)