京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

3年生の英語力をどう伸ばすか

 転勤して、最初の仕事は3年生進学クラスの担任業務だ。もちろん、英語力向上が命題である。保護者の方々の熱い期待を感じ、さらには、生徒たちの無言の期待も感じている。僕の今までの教育経験が一番に生きる状況だ。札幌の子供たちも気になるのだが、そこはプロ、現場での教育活動の良しあしが鍵を握るので、目の前の生徒たちに全力を傾けることが重要であろう。
 さて、この1年でどこまでできるか。どんなにすごい教員でも、成果を出すには時間がかかるものである。正しい方法で、パッションを持ちながら、生徒たちを育てていく。手法は様々であるが、基本がしっかりしていれば指導はぶれないものである。今井が教えると確実に伸長するという事実が重要だ。それには、状況分析と指導手法と正しい教材の使い方が問題となる。
 基本は、語彙・表現の習得、内容理解、内在化、要約、意見交換がキーワードだ。つまり、理解、内在化、発信という三つのキーワードで授業を構築するべきなのだ。
 理解には、語彙・表現の習得が欠かせない。さらに、内容に対するアカデミックな知識も大切だ。理解された内容を内在化する。音読・暗唱・暗写はもっとも効果的な手法でもある。そして、発信である。これは、英語でのQ&A、要約、意見交換で終了となる。
 僕はどんな教材を使おうと、言語習得の原理原則を重視する。その基本理念に基づいて、授業を構築している。だから、授業が楽しいのである。生徒の英語力が伸長しているのがわかるから、じつに楽しい。生徒は僕を信じて付いてきてくれる。この信頼に応えたいのである。
 英語教育も生徒への愛情がベース。必ず、君たちの英語力を向上させるという決意・覚悟は絶対に崩せないものだ。そこに、信念がある。
 さて、みなさん、良いスタートが切れていますか。
 一緒に頑張りましょう。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/22472518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2014-04-19 19:58 x
こんばんは 私は 2年生の英語力向上です 語彙のクイックレスポンス 多彩な音読 リスニングからのTF QA さらにリーディングからのTF QAでの 復習+定着をまず重点にしてます 少しずつ伸ばしてやりたいです
Commented by yasuhitoi at 2014-04-29 22:48
guestさん、正しい方法で授業を行えば、必ず、成果がでると思います。
頑張りましょうね。
by yasuhitoi | 2014-04-19 16:21 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)