京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2月15日(土)に思う

 昨日は、僕の勤務校で英語フェスティバルが行われた。1年生はレシテーション、2年生は
スピーチである。非常にレベルが高い。多くの生徒たちが感嘆し、刺激を受けた。素晴らしい
発音、聴衆を魅了するデリバリー、自信溢れる内容、どれも素晴らしかった。
 生徒のレシテーションで涙したことなどないのだが、昨日はつい涙腺がゆるんだ。誰にも気
付かれぬように上を向いていた。涙をこらえるって、こういうことなんだと思った。生徒の練習
の深さに感動したのである。そこには「思い」があった。
 美しい英文の数々を内在化し、租借(そしゃく)し、自分の言葉で伝える生徒たちに感動した。
ここまで来るのに必要なトレーニングの量を一番知っているのは、生徒たち自身だ。だから、
約600名の生徒が微動だにせず、聞き続け、拍手を送ったのだ。
 本物に触れることの重要性。本校のネイティブたちが口をそろえたのは、自分たちに、ここ
までできないという言葉だった。
 ネイティブにも出来ないレシテーションってどんなものか、僕のセミナーでいつか紹介したい。
たぶん、その時も僕は感動し、涙をこらえるだろう。
 なぜなら、人の思いは永遠であるから。美しい英語に心をのせて、生徒たちはさわやかな
笑顔で、帰っていった。僕は本当に生徒たちが大好きである。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/22067700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Midori at 2014-02-16 08:13 x
先生、是非いつか拝聴したいです!言葉に魂がこもると本当に人の心を動かすものですね。(歌もその点は似ています)生徒さんたちの心がいっぱいつまったrecitationやspeechに涙ぐまれる今井先生も素敵だと思いました。心に向き合う授業を私もしていきたいです。
Commented by タカ at 2014-02-21 06:57 x
今井先生 
こんにちは。私のブログにコメントを残していただきありがとうございました。ブログを閉じたので返信もしないでしまい失礼いたしました。また新しいブログをはじめたので是非また交流させていただければうれしいです。どうぞよろしくお願いします。ブログはここになります。http://d.hatena.ne.jp/takachan75+montroyal_montreal24/
Commented by yasuhitoi at 2014-02-28 13:51
Midori先生、コメント、ありがとうございます。美しい言葉は永遠の力があります。僕も多くの言葉で今まで救われてきました。今後は素晴らしい英文の数々を生徒と内在化していきたいと思います。
Commented by yasuhitoi at 2014-02-28 13:52
タカ先生、カナダでの研究活動、応援しています。新しいブログも読ませていただきます。またいつか、優れた研究者のお1人として、日本で、世界でご活躍ください。再会を楽しみにしています。
by yasuhitoi | 2014-02-15 13:24 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)