京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

教員、時々生徒

 僕たちは英語を教えて生きている。英語が好きだから教員になった。英語を聞くとほっとする。
ある種の緊張感も持ちながら、英語を聞くこともある。総じて、英語関係の仕事はじつに気持ちが
良い。日頃、考えていることがどんどんつながっていくから面白い。日本は職人の国である。
何かの職業を突き詰める人が多い。蛇(じゃ)の道は蛇(へび)と僕の先輩はよく言っていた。
 英語を教えて30年を超える僕は、未だに授業のことばかり考えている。6時30分に起床すると
教材を持ってある場所へ向かう。そこで、一心不乱に英文を読み、授業プランを考える。夜の
2~3倍くらいの効率の良さである。集中力が違うのだ。
 僕は何十年も新聞を読んでいたが、今は、教材を読む日々である。情報は、ありとあらゆるもの
から入ってくる。
 先週末は、セミナーに参加し、久々に生徒になった。3日連続で、人に会い、情報交換をした。
じつに幸せな時間だった。この幸せな時間は週末ごとにやってくる。
 僕は、週末バカンスと言って、懸命に働いた週末は思いっきり、羽を伸ばすことにしている。
自分を解放するのである。週末バカンス、是非、そんな気持ちで過ごしてみてはいかがですか。
 英語教育の話。
 英語が出来る生徒を量産したいと思っている。それには何が必要で何をするべきか。、ゴールは
何か。常に効果的な授業を模索している。3クラス、担当しているが、テキストは、3種類で、別々の
教材で授業をしている。教材研究を、一度限りの授業のために行っているが、何度も同じ授業をしな
いのは、僕のためにもなっている。常に3種類の授業をイメージしているからである。様々な英文を
教材にするため、自然に読み書き考え、教材を作成する。
 それで良いのだと思う。
 英語の学びとは何か、見えてきているので、授業が楽しいのである。
 いい人生を送らせてもらっている。感謝の日々である。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/21985415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2014-02-03 19:05 x
我々教員は生徒の気持ちも大切ですよね 私は常に生徒の気持ちでセミナーに参加しています
Commented by yesfamily at 2014-02-05 20:51
こんにちは。はじめまして。

英語教育に関心のある者として、お邪魔させていただきました。
学校で英語を教えていらっしゃるとのこと、昔憧れましたので(笑)
羨ましい限りです。

週末に自分を解放されるのはとてもいいことですね。
メリハリの利いた毎日を送るのが人生を充実することにつながると思います。

日本の英語教育は期待されているので頑張って頂きたいです。
Commented by yasuhitoi at 2014-02-06 19:27
guestさん、教える者にとって、習うことも時に重要ですね。共に頑張りましょう。
Commented by yasuhitoi at 2014-02-06 19:29
yesfamilyさん、コメントありがとうございます。
英語教育は、結構、注目されています。日々、どのように教えるべきか考えて生きています。時々、ご意見いただければと思います。
by yasuhitoi | 2014-02-03 18:21 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)