北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英語の授業が始まる

 英語は言語である。言語を学ぶ学問を「語学」という。広辞苑によると、語学には二つの意味がある。1つは言語を対象とする学問、もう1つは外国語を習得する勉強。また、その学科。俗に、外国語を使う能力。と書いてある。
 言葉を学ぶことはじつに楽しい作業である。なぜなら、他国の言語を学ぶことは、その国の文化を学ぶことにつながるからである。文化を学ぶということは、その国の人々と触れ合うことになる。文化は人の思いから生じているのだ。何かしらの人の思いが、絵や音楽や文章を生み出していく。発せられた物事から他人は何かをつかむ。何かを感じるのだ。つまり、豊かな感性だけが、あらゆる状況で何かを感じ、自らの方向性を見つけることが出来るのだ。感性の鈍い人は、周りが見えなくなってしまう。感性をいかに磨くかが重要である。
 感性を磨きながら英語を学ぶには、文化が内容となっていることを知り、その文化と共に言語を学ぶことで体内に定着するのである。
 言語は、理解し、内在化し、発信することで自分のものとなっていく。その原則を大切にしなければ、いつまでも英語をものにすることは出来ないのだ。

札幌でのセミナーのご案内です。冬の札幌、雪が幻想的です。来ませんか?食べ物も美味しいです。

日時:2014年1月25日(土)13:00~16:45
会場:SEA国際教育研究所(札幌市北区北8条西4丁目1-1 パストラルビルN8 3F)

第1部13:15~14:15 「音読・シャドーイングからスピーキングへ」 
講師 浦島 久先生 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授

第2部14:30~15:30 「英語の発音訓練と改善、そして維持」 
講師 セバスチャン・トーマス先生 WORLDWISE 外国語教室

第1部15:45~16:45 「英語の基礎力を身につける授業の構築」 
講師 今井康人 立命館慶祥中学校・高等学校

申し込みは、こちらから
http://www.seaedu.co.jp/news/news/201311011310.html
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/21844389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Midori at 2014-01-15 23:12 x
今井先生こんにちは。「感性」は、私もとても好きな言葉です。感性豊かで心に響く語り手でありたいといつも思っていますし、そんな語り手を育てたいとも思っています。
このセミナーも魅力的ですね。何度も北海道に伺える余裕がないのが残念ですがまたの機会を楽しみにしております。
Commented by yasuhitoi at 2014-01-18 14:06
Midori先生、コメント、ありがとうございます。
感性の豊かさが人生の豊かさにつながると思っています。
いい音楽、いい映画、良い本、きれいな英文すべてに豊かな感性が関係していると思います。自分自身の感性も磨いていきたいと思います。
by yasuhitoi | 2014-01-14 19:37 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)