北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

生徒と共に過ごす幸せな日々。

 いつもどうしたら良い授業が出来るのか、そればかり考えている。それで生活が出来る
から、やはり幸せなのだ。
 いつも日本一の授業をするぞと自分に言い聞かせながら、毎日が過ぎていく。寝るとき
も授業のことを考えながら、早く寝ようとしている。シャワーを浴びて、コーヒーを少し飲ん
で眠りに付く。
 朝、目覚めると、教科書と向き合う。今日の授業で使うところをザーッと読み込む。教材
研究と言えばそうかもしれない。頭に良く入るのが朝だ。
 良い授業には三要素がある。1 生徒のレベルを見極める 2 適切な教材を選定する
3 教材研究を行う である。これは、筑波大学付属中学校の蒔田先生も提唱している。
僕も全く同感だ。生徒に適切な教材は、生徒のやる気を引き出すし、授業が活性化する。
 いつも生徒の学ぶ姿をイメージし、教材を作成する。一時間一時間が勝負だ。
 授業を活性化するために、お互いの授業を見合う環境がある。お互いの授業について
いつでも話し合える環境こそ重要である。
 僕はいつでも誰かが入ってくることをイメージして授業を行っている。「いつでも、この
生徒たちの学びを見てください。結構、頑張っていますよ。」という気持ちだ。
 学ぶ生徒たちの姿は何よりもとても美しいと思うのである。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/21304715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2013-10-18 19:27 x
こんばんは 教えている教員も楽しくできることが生徒にも大切ですよね
Commented by yasuhitoi at 2013-10-24 23:02
こんにちは、guestさん
そう思います。人生は一度ですから。
by yasuhitoi | 2013-10-18 17:43 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)