北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英文法と英語表現 指導法研究会について

 明日は東京でのセミナーです。
 2013年10月12日(土)13:30〜17:40
 フクラシア浜松町(東京浜松町センタービル6F)
 定員は180名です。
 山岡憲史先生(立命館大学)、福水勝利先生(千葉県立印旛明誠高校)、
 今井康人(立命館慶祥高校)がセミナーを行います。
 懇親会は何と3000円です。お問い合わせは、03−5296−2830です。

 さて、今回のセミナーのテーマは英文法と英語表現の指導方法。
 英文法はもちろん英語の基礎。日本語を使っている僕たちは日本語文法について
詳しく、説明はできないが、何が正しい日本語かはわかるし、もちろん使うことは
できる。だから、英語も英文法ができなくても、英語を使えれば良いという人もい
るのだが、ここで重要なことがいくつかある。
 北海道大学の第1期生に内村鑑三や新渡戸稲造がいる。彼らはほとんどの授業を
すでに英語で受けていた。イマージョンと言えるだろう。ネイティブに近づいた
彼らの英語力はずば抜けていた。では、なぜ、日本はその授業をやめたのか。
 言語は人の心や思いを伝えるときに使う。また、物事を考えるときにも使う。
もし、自分の考えを英語で考えた方がスムーズな場合、思考言語は英語になるであ
ろう。日本語を使わない日本人は、日本人と言えるのだろうか。その国の言語で
考え、判断し、物事を感じるから文化や歴史を深く理解し、後生に伝えることができ
る。日本人が英語で考え、英語を使うことに、日本人でなくなることを危惧したの
ではないかと僕は考えている。
 これからの日本人はどのようになるべきなのか。日本語がしっかりとできて、英語
もできる日本人が必要なのだ。だから、思考言語が、完全に英語にならないが、英語
はスムーズに使える日本人が必要なのである。だから、高校まではしっかりと日本語
を使い、大学から英語をしっかりと学ぶ日本人が最高なのである。
 二つの言語を上手く使い分ける能力が求められているのだ。
 では、また。明日は、浜松町でお会いしましょう。
 
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/21262573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-10-12 07:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yasuhitoi at 2013-10-13 13:20
そろそろ「北の英語大学」の企画を立てる時期です。今年も多くの人たちの参加を期待したいですね。函館で会いたいですね。
by yasuhitoi | 2013-10-12 00:41 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)