北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

怒濤の春休み

 春休みののどかな気配はほど遠い感覚で仕事の中にいる。その割には、ソファで眠って
しまう自分もいる。新学期に向けての準備ばかりの毎日。やりたい仕事は数々あれど、優
先順位を確かめながらの作業が続く。
 頑張った3年生達の入試結果が後期分で一段落。浪人になった子も後期で一橋大や神戸大
に受かった子も皆良い表情をしている。昨年担当した卒業生と楽しい夕食会を行った。
当時、心配していた生徒達との食事はこの世の中で最上の時間の一つだ。京都大に受かっ
た2名とは特にその苦労がわかるだけにしみじみと話した。旭川医科大や酪農学園大獣医に
受かった子も良い表情だ。受験は厳しい。幸せな環境に生きてきた高校生が初めて味わう
苦労、苦難、挫折。そこから、多くのことを学び、再出発していく。
 京都大に受かった女子が言う。現役時代にとことん勉強していたので浪人時代は余裕が
あった。自分の弱点を補強することに専念できたと言う。頼もしい限りだ。合格報告に来た
時の彼女は少し疲れていた。今回の夕食会ではとても美しい笑顔であった。
 「生徒は宝だ。」彼らの未来が魅力溢れるものになるようにするのが大人達の仕事である。
大人が若者をだましてどうするのか。利益至上主義ではいけない。利益を追求するのでは
なく成果を追求してほしい。成果とはいかに世の中が良くなったかという事である。いかに
利益を上げたかを追求してしまった結果が今の日本に見られる負の状況である。
 問題でいかに点数をとるかだけに焦点を当てるとその問題が解けるだけの生徒になってし
まう。
 今目指すべきは、伝えるべき日本語を英語ではどうなるかである。英作文が正確にできる
日本人こそ今必要なのである。英作文が書ける子は、正しい発音さえできれば、話すこと
ができる。心のこもったメッセージを持った子どもたちをどこまで作れるか。
 彼らの心に火を付けることができるのか。私達、大人は子どもたちの未来に希望を作って
上げないといけないのだ。「未来を見つめて、今を生きる。」大人がそんな生き方をしなく
てはと思う。
 私達、英語教員は言葉を教えることが仕事である。言葉には心がある。
 「教育は人、人は心、心は愛」愛を伝えるのは言葉なのである。忙しい春休みだが、本を
読みながら、本質を見つめ、次年度構想をじっくりと練るのはじつに楽しい作業である。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/20195582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2013-03-24 19:27 x
こんばんは 今年が勝負の年になりました 来年は異動したいものです

今年は生徒の心が光る授業をしたいと思います
Commented by yasuhitoi at 2013-04-08 20:34
guestさん、やる気さえあれば大丈夫です。
地道な活動が必ず実を結びます。
by yasuhitoi | 2013-03-24 11:44 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)