京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

感動の仙台セミナー

 3月3日ひな祭り。この日、仙台でセミナーをさせていただいた。日曜日に70名の
出席は非常に多いと思う。東北のすべての県から参加していただいた。感謝である。
関西大学付属中高の福島玲枝先生、山形西高校の山口和彦先生、そして今井の
3名が講師を務め、その後のパネルディスカッションも行った。東京書籍のホールは
ほぼ満員状態で、英語教育熱に包まれていた。そもそも勉強しようと集まっているの
で、盛り上がらないはずはないのだが、それでも参加した先生方の問いに応えられ
ない内容であれば、その反応は厳しいものになる。それだけに、何をどう伝えるか、
数ヶ月前から思案してきた。内容は、SELHiを振り返りながら、言語習得の原則を
見つめ、現代の問題解決の糸口を模索したところから入った。ここでは、エッセイ
ライティングの添削の仕方やネイティブ教員との連携の仕方など言及した。何よりも
ワンパラグラフの書き方を徹底指導することから、始めるとレポート全体の構成が
しっかりし、生徒も良い評論文を書けるようになることを伝えた。言語を使うときの
僕たちが感じた基本的なワクワク感が重要で、学習動機の大きな部分を占めるという
現実的な基本を確認した。宮城学院の斎藤先生からもそうそうにメールをいただき、
感謝している。
 福島先生、山口先生のプレゼンについては後日ゆっくりと振り返りたい。両先生とも
じつに魅力的な先生で、このような先生方に指導を受ける生徒たちは幸せである。
 今回仙台で会った人々が皆素晴らしい方々で驚いた。特に、東京書籍の皆様には
本当にお世話になった。準備が素晴らしく、気持ちよくセミナーが出来たのはスタッフ
の皆さんの尽力によるところが大きいのである。特に佐藤さんには感謝している。
 東北の先生方、本当にありがとうございました。また、お会いしましょう。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/20107262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2013-03-05 20:21 x
こんばんは 全国には 熱い先生がたくさんいますね 新年度からも熱く頑張っていきます 東京書籍さんには色々なセミナーに参加させて貰っています 個人的にもお願いされたことがあり 3月いっぱいまでに間に合うか 厳しい状態です 1レッスンでも送らないとなりません
Commented by yasuhitoi at 2013-03-12 18:47
guestさん、こんにちは。
4月から長女が釧路の教員になります。困ったときは助けてくださ
いね。よろしくお願いします。教員が一生懸命に働くと、仕事が
来ます。校内だけではなく、校外からの仕事も増えます。
その時が大切で、時間を作り出していくことがとても大切です。
多くの仕事を行って、脳内からのドーパミンがたくさん出ると
元気が出ます。頑張ってください。
by yasuhitoi | 2013-03-05 10:04 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)