京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

北の英語大学感想

北の英語大学に参加された仙台の宮城学院中学校高等学校の斎藤成人先生から以下の
ようなメールが届いた。ご本人の了承のもとに掲載し、ご紹介させていただく。

「昨日のセミナーでは本当にお世話になりました。これまで、ずっと、頭の中でも
やもやしていたものを、きれいに整理していただいたように思います。まず、第一に
「文法が固まった上でのコミュニケーションなのであり、コミュニケーションのため
の文法なのだ」という整理自体が、コミュニケーション重視 vs 文法重視 の対立構
造でしか考えられずに悩んでいたところから、一歩抜け出すポイントだと思います。
そして何より、参加されていた先生方の熱気に、たくさんのエネルギーを頂きました。
参加してよかったです。本当に本当にありがとうございました。
皆さまにも、よろしくお伝えくださいます様に。御礼まで」

我々の勝負は言うまでもなく、授業である。日々の努力のみが良い授業を生み出す。
創意工夫しながら、理想的な授業を追い求めていきたい。また、TEAPという
画期的なテストが開発された。是非、参照していただきたい。
http://toyokeizai.net/articles/-/12124
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/19806328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2013-01-09 07:09 x
こんにちは 北の英語大学での講座は確実にそして着実に英語教員の糧になるなと感じています この良きセミナーの火は絶やすことなく燃やし続けて行かなくてならないと思います このセミナーを計画された今井先生は本当に素晴らしい先生です
Commented by yasuhitoi at 2013-01-12 17:40
guestさん、コメント、ありがとうございました。
このセミナーができたのも皆さんのお陰です。僕一人では何も
できません。今後は皆さんの時代です。基礎は作りますので
今後、自由に発展させてください。
by yasuhitoi | 2013-01-09 00:08 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)