京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

福岡は熱いセミナーでした。

 福岡でセミナーを行った。僕と金谷憲先生がその日の担当であった。東大を卒業され、
日本の英語教育のために尽力してきた金谷先生は、本をどんどん出している。
 翌日、灘の木村先生、静岡高校の森野先生とお会いした。森野先生のセミナーに参加し、
多くの示唆を頂いた。木村先生ともお話しし、先生のセミナーの最初を拝聴し、空港へ
向かった。帰ってきてからは、教科書の指導書の執筆で7時間ほど、連続でキーボードを
たたいた。倒れるように布団に入り、怒濤の二日間を過ごした。今日も5時間連続で、
授業や会議に参加し、あっという間に、一日が終了。これから、夜は執筆活動だ。
辞書とネットで教材研究を行う。
 北の英語大学はお陰様で、南は鹿児島ラサールから兵庫県、東北、北海道まで、
いろいろなところから来ていただく。まだ、募集しているので、興味と時間のご都合の
付く方は是非、お越しいただければと思う。感動深き、セミナーになることだろう。
初代学長は立命館大学の山岡憲史教授。側にいるだけで、英語の虫が動き出す不思議な
魅力をお持ちの先生だ。英語の世界で自らの見識と英語力を磨こう。
では、また。

-- 英語教育実践の達人達から学ぶ---
1.目的    
(1)豊富な指導経験を持つ英語教育実践者から授業改善のための手法を学び、その共有化を目指す。
(2)全国の英語科教諭のネットワークを構築し、英語教育の発展を目指す。
2.日時    
2013年1月
4日(金)13:30~16:45 懇親会18:30〜
5日(土) 9:00~16:30 夕食後、夜景見学予定
6日(日) 9:00~12:15
3.場所 遺愛女子高校(北海道函館市杉並町23−11)
(ホテル法華倶楽部函館より徒歩5分)
4.対象 全国の小学校・中学校・高等学校・大学・塾・専門学校・英会話学校の英語指導者
5.講師
・山岡 憲史(立命館大学教育開発機構 教授)
SELHi時、滋賀県立米原高校勤務、
検定教科書「Departure English Expression Ⅰ」代表執筆者、著書多数
「『英語が使える日本人』の育成のためのフォーラム2005」公開授業者
・市根井 恵子(函館白百合女子高等高校 教諭)    
フルブライト財団研修者選考委員, 総合英語ゼスター(Z会出版)共著
・瀬戸 伸晴(函館大学付属有斗高等高校 教頭)
総合英語ゼスター(Z会出版)著者
・臼田 悦之 (函館工業高等専門学校 准教授)
Hokkaido-a wonderful world-(文英堂)共著
総合英語ゼスター(Z会出版)共著
・ウェスリー・コリンズ (立命館慶祥中学校・高等学校 常勤講師)
SELHi時、函館中部高等学校研究員
・森田 裕 (北海道大麻高等高校 教諭)    
フルブライト財団研修者, 総合英語ゼスター(Z会出版)共著
・今井 康人  (立命館慶祥中学校・高等高校 教諭)
英語を自動化するトレーニング基礎編(アルク)
英語を自動化するトレーニング応用編(アルク)
英語を飛躍するレッスン(青灯社)
総合英語ゼスター(Z会出版)監修・執筆
Hokkaido-a wonderful world-(文英堂)共著
文部科学省検定教科書「Departure English Expression Ⅰ」執筆
6.テーマ「英語の基礎力を充実し、発信力をつける授業のための指導の工夫」
7.タイムテーブル 
1日目  
13:00~13:30受付
13:30~15:00臼田悦之講師によるセミナー
15:15~16:45山岡憲史講師によるセミナー①
2日目   
 9:00~10:30今井康人講師によるセミナー
10:45~12:15ウェスリー・コリンズ講師によるセミナー
13:00~14:30瀬戸伸晴講師によるセミナー
14:45~16:15 市根井恵子講師によるセミナー
16:30~18:00山岡憲史講師によるセミナー②
3日目  
 9:00~10:30 森田裕講師によるセミナー
10:45~12:15山岡憲史講師によるセミナー③
8.費 用  
参加費5000円(書籍2冊含む)1泊朝食6,300円(各部屋はシングル・ホテル法華倶楽部函館・遺愛高校から徒歩5分)、1泊2食 8,400円、初日夕食代4,000円2日目昼食代 1,155円 お一人様19,855円、事務手数料145円 総額20,000円 (交通費別) 
9.主 催  北海道英語授業研究会(会員は北海道の高校教員が中心です。)
10.後 援・協 賛  後援 アルク・Z会・大修館書店 協賛「GTEC for STUDENTS」
11. 申込先  
㈱JTB北海道 法人営業札幌支店
TEL 011-251-2828 FAX011-251-3777
担当 福原  メールアドレス k_fukuhara749@hkd.jtb.jp
申込者氏名 (ふりがな)性別 年齢  ②住所・連絡先・学校名を記載の上ご連絡ください。
12.申し込み締め切り 12月20日(木)午後5時まで
13.申し込み定員 50名程度(最低開催人数 20名)
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/19690049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-12-18 22:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by forwardthinking at 2012-12-21 06:20
今井先生、初めまして。室蘭清水ヶ丘高校英語科の小林といいます。セミナー参加したいのですが、残念ながらできません。先生の著書を参考に日々の授業・実践に力を入れていきます。
Commented by yasuhitoi at 2012-12-26 00:35
guestさん、ご苦労様でした。
良かったですね。僕が最初に出た時を思い出します。
お互い、頑張りましょう。函館で会いましょう。
Commented by yasuhitoi at 2012-12-26 00:36
小林先生、コメント、ありがとうございます。
一緒に頑張りましょう。英語教育、簡単ではありませんが、
じつにやり甲斐がありますね。
by yasuhitoi | 2012-12-18 20:57 | 英語教育 | Trackback | Comments(4)