北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

日曜日、ひたすらTM作成

 日曜日、7時間くらいかけて、TM原稿作成し続けた。
 日曜日の朝は必ず、一週間のニュースを見て、関口さんの番組だ。その後、TM原稿を
ひたすら書き続ける。辞書、百科事典などをひたすら読みながら、授業の活動集を作り
続ける。夢中になること7時間、ようやく僕が担当する1レッスン分が完成。明日からは
テストを作る。構想は十分にできているので、後は頭の中のプランを形にするだけである。
テストは生徒と相談しながら、範囲を決めるのだが、3年生の最後のテストはこの高校3年
間、全てが範囲になる。教科書を使っているクラスはその範囲から出題。大学入試問題集
を使っているクラスは、そのほとんどは初見の英文を使って問題を解いてもらう。
 テスト勉強は、今行っている読解練習を継続することである。
 では、また。
 北の大学でお会いしましょう。部屋は、ホテル法華クラブ函館で、全てシングルです。
会場へも徒歩5分で行けます。冬の函館、寒くて、きれいです。場所は函館の真ん中です。
「北の英語大学」の開催について
--- 英語教育実践の達人達から学ぶ---
1.目的    
(1)豊富な指導経験を持つ英語教育実践者から授業改善のための手法を学び、その共有化を目指す。
(2)全国の英語科教諭のネットワークを構築し、英語教育の発展を目指す。
2.日時    
2013年1月
4日(金)13:30~16:45 懇親会18:30〜
5日(土) 9:00~16:30 夕食後、夜景見学予定
6日(日) 9:00~12:15
3.場所    遺愛女子高校(北海道函館市杉並町23−11)
(ホテル法華倶楽部函館より徒歩5分)
4.対象    全国の小学校・中学校・高等学校・大学・塾・専門学校・英会話学校の英語指導者
5.講師
・山岡 憲史(立命館大学教育開発機構 教授)
SELHi時、滋賀県立米原高校勤務、
検定教科書「Departure English Expression Ⅰ」代表執筆者、著書多数
「『英語が使える日本人』の育成のためのフォーラム2005」公開授業者
・市根井 恵子(函館白百合女子高等高校 教諭)    
フルブライト財団研修者選考委員, 総合英語ゼスター(Z会出版)共著
・瀬戸 伸晴(函館大学付属有斗高等高校 教頭)
総合英語ゼスター(Z会出版)著者
・臼田 悦之 (函館工業高等専門学校 准教授)
Hokkaido-a wonderful world-(文英堂)共著
総合英語ゼスター(Z会出版)共著
・ウェスリー・コリンズ (立命館慶祥中学校・高等学校 常勤講師)
SELHi時、函館中部高等学校研究員
・森田 裕 (北海道大麻高等高校 教諭)    
フルブライト財団研修者, 総合英語ゼスター(Z会出版)共著
・今井 康人  (立命館慶祥中学校・高等高校 教諭)
英語を自動化するトレーニング基礎編(アルク)
英語を自動化するトレーニング応用編(アルク)
英語を飛躍するレッスン(青灯社)
総合英語ゼスター(Z会出版)監修・執筆
Hokkaido-a wonderful world-(文英堂)共著
文部科学省検定教科書「Departure English Expression Ⅰ」執筆
6.テーマ「英語の基礎力を充実し、発信力をつける授業のための指導の工夫」
7.タイムテーブル  1日目  
    13:00~13:30  受付
    13:30~15:00  臼田悦之講師によるセミナー
    15:15~16:45 山岡憲史講師によるセミナー①
         2日目   
     9:00~10:30  今井康人講師によるセミナー
    10:45~12:15  ウェスリー・コリンズ講師によるセミナー
    13:00~14:30  瀬戸伸晴講師によるセミナー
    14:45~16:15 市根井恵子講師によるセミナー
    16:30~18:00  山岡憲史講師によるセミナー②
3日目  
    9:00~10:30 森田裕講師によるセミナー
    10:45~12:15  山岡憲史講師によるセミナー③
8.費 用  参加費5000円(書籍2冊含む)1泊朝食6,300円(各部屋はシングル・ホテル法華倶楽部函館・遺愛高校から徒歩5分)、1泊2食 8,400円、初日夕食代4,000円2日目昼食代 1,155円 お一人様19,855円、事務手数料145円 総額20,000円 (交通費別) 
9.主 催  北海道英語授業研究会(会員は北海道の高校教員が中心です。)
10.後 援・協 賛  後援 アルク・Z会・大修館書店 協賛「GTEC for STUDENTS」
11. 申込先  ㈱JTB北海道 法人営業札幌支店
        TEL 011-251-2828 FAX011-251-3777
        担当 福原  メールアドレス k_fukuhara749@hkd.jtb.jp
       申込者氏名 (ふりがな)性別 年齢  ②住所・連絡先・学校名を記載の上ご連絡ください。
12.申し込み締め切り 12月20日(木)午後5時まで
13.申し込み定員 50名程度(最低開催人数 20名)
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/19561417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2012-11-26 19:57 x
こんばんは、今年も後、約1ヶ月です。1年は早いです。充実した日々が続きます。来年は函館のセミナーが皮切りです。
東京書籍のセミナーが高教研英語部会の日の夜になったそうです。もちろん参加です。
Commented by yasuhitoi at 2012-12-01 19:25
Guestさん、相変わらず、燃えていますね。
どんどん盛り上げていってください。健康には気をつけて下さいね。
by yasuhitoi | 2012-11-25 23:22 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)