北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

台風の中のセミナーin 昭和女子大学

 本当に感謝しきれない。9月30日のセミナーに来ていただいた皆さん、本当にありがと
うございました。そして、昭和女子大学の臼倉美里先生、アルクの矢部さん始め、久々に
お会いできた木下さん、営業の木内さん、ありがとうございました。
 参加者の先生方にもお会いできて嬉しかった。今回は福岡大学大濠の上田順一先生が
台風の中、来ていただいた。また、駒場東邦の佐藤先生が初めてセミナーに参加していた
だいた。初めて会う先生方なのに、なぜか旧知の仲のように感じてしまう。これは何か。
同じ苦労をしている者の共通点があるからだろう。
 この前の東京でのセミナーでは慶應義塾高校の倉本先生がわざわざご挨拶に来ていただ
いた。慶應には高校時代の同級生が英語の教員をしているし、赤松先生もいる。倉本先生
ともゆっくりとお話しがしたかった。
 山岡憲史先生(立命館大学)はいつも言っている。「出会いは人生の宝」11月10日、
立命館宇治高校大ホールで英語教育フォーラムが開催される。13時から17時まで。無料。
出演は、竹下先生(神戸大附属)、東谷先生(立命館宇治)、西先生(広島・舟入高)
山岡憲史先生、そして今井である。この企画の世話役は立命館宇治の今川先生(元福井県
指導主事)である。この6人は暫く会わなくても気持ちが通じている。なぜだろう。
 この感覚を感じる人は日本全国にいる。北海道にも仙台にも東京にも名古屋にも広島にも
九州にも。この仕事をしていて良かったと思う。苦しいことも多いがそう思うのである。
初めてあったとき、初めてではない何かを感じる。この感覚は何度も感じた。山口県鴻城の
松井先生や福岡香住ヶ丘の永末先生もそうだった。東京の久保野先生ご夫妻もそうだ。
生徒の英語力を向上させるために人生をかけている人たちと出会えて、今の僕がある。
ちっぽけな自分だが、素晴らしい英語教育者の先生方と出会えて、英語教育の難問の解決法
が見えてくる。
 今週末は大阪(6日)・熊本(7日)にお邪魔する。大阪はすでに140人の参加を頂いている。
Z会主催でゼスターを使った教育実践方法を3人で発表する。熊本では、熊本第二高校の近藤
先生にもお会いできるだろう。(興味のある先生は是非、お近くのZ会に問い合わせてください。)
 セミナーの秋である。英語の指導方法を共有し、生徒の英語力を向上させたいものだ。
 では、また。
 (この文章を書きながら、全国の先生方のことを考えたら、胸が熱くなった。)
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/19095630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by guest at 2012-10-03 12:20 x
こんにちは この前の台風は凄かったですね 今井先生やキムタツ先生のセミナーは何回聞いても自分の糧になります
日々の努力ですよね 指導困難校は大変ですが

明日から後期が始まります

また 頑張ります
Commented by yasuhitoi at 2012-10-05 14:05
guestさん、こんにちは。
いくつになっても初心が大切ですね。
僕も頑張ります。
by yasuhitoi | 2012-10-03 11:38 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)