京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

後半スタートしました。

 夏休みも終わり、後半戦がスタート。7月の模試の結果を鑑み、対策を練る。弱点の
補強とさらなる英語力の増強に何をいつまでにどのくらい学習するか。授業での実践と
自学のバランスを考える。志望校によって、またそれぞれの生徒の進捗状況によって、
何をどう学ぶか、違いがある中でのより本質に迫る授業展開を目指す。
 具体的には、英作文を正確に行えるように、基本語の復習や新たな気づきを促す。
今回は「have」という動詞をネイティブはどのような意識で使っているかを検証。
基本動詞を正確に使うことができれば、英文の精度は上がり、確実に伝わる英文となる
だろう。
 読解では、実際に使われている倒置に注目。難関大学の入試英文を和訳するとき、
倒置によって、理解しにくい状況になっているものもある。内容はわかるが、日本語に
したらどうなるのか。日本語での表現力も重要になる。英文は頭から読むネイティブの
感覚と正確な日本語に置き換える時に生じる、語法を使った構造解析力にも注目する。
 さらに、精読からじょじょに正確に読み取りながら、スピードが増していく読解力の
育成も視野に入れたい。さあ、今年も後半戦である。気合いを入れて、生徒と歩んで行
こう。
秋は研修・セミナーの季節です。東京でのセミナーがあります。何れも日曜日です。
一緒に英語教育について考えてみませんか。9/16はラジオ講座でお馴染み柴原先生
(神田外国語大学・同時通訳者)と一緒にセミナーを行います。また、9/30には、
昭和女子大にて一人セミナーを行います。4時間で、授業実践を中心に行います。例えば、
「難解な英文を生徒に理解しやすくするにはどんな手法が効果的か」ハンドアウトの
工夫で生徒の理解力はかなりアップしますし、何を伝えるかで授業の本質も変わって
きます。今回も包み隠さず、お伝えします。是非、お越しください。
9/16「英語の先生応援セミナー」
http://www.alc.co.jp/event/12/0916/
9/30「授業力UPゼミ」
http://www.alc.co.jp/event/12/0930/
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/18885322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-08-26 13:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yasuhitoi at 2012-09-02 23:51
guestさん、こんにちは。
指導方法は常に生徒の動きに合わせて変化するべきです。
実践と検証、そして改善、実践、検証の繰り返しですね。
お互い、頑張りましょう。
by yasuhitoi | 2012-08-26 10:54 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)