北海道の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

授業公開はさらに続く

 先週も5名の方々に授業を見に来ていただいた。東京などから来ていただいている。
僕の授業を見に来てくれる方々に何を見ていただくか、考えることもある。基本は、
生徒の英語力を向上させるために授業をしているので、普段の授業を見ていただく。
ただ、若い先生から経験豊かな先生や指導主事や教育関係の方々が来ますので、
その人達のニーズにも応えるようにしている。若い先生方には、どんな点でつまづい
ているのかを聞いて、その解決策になるような手法を一つ以上取り入れるように
している。その部分を持ち帰って、ご自分の授業改革に役立てばと思っている。
 お陰様で、HCラウンドシステムを自分流にカスタマイズして行っている先生方が
増えている。そこで、上手くいかない部分や不安な部分が見えてくる。特に、語学は
即効性はないので、生徒の中で語学力が熟成するまで、待つ必要がある。
 語学は反復によって、言語体験が豊かになるので、その熟成期間が2年くらい必要な
のだ。最近くる若い先生方からのメールには、1〜2年生まで、HCラウンドシステムで
粘り強く進めば、3年生で大きく花開くという結果が届いている。
 そのメールは喜びに満ちている。
 音読は必ず、成果がある。これは間違いない。音読を通して、生徒が成長している
ことがわかる。
最近の僕の確信。
「理解(文法、語法含む)・音読(語彙・発音練習含む)・シャドウイング・Q&A・
サマリー・opinion・ディスカッション」の流れを意識した授業が英語教育を変えることは
間違いない。
 僕はこのシステムを中心に新たな英語授業方法をシステム化したいと考えている。
 名前を考えて、お正月に発表したいと思っている。
 久々にゆっくりと原稿と向き合う週末を過ごしている。
 では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/14566282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Toku-Chan at 2010-12-12 21:32 x
触発されて,iPadを私も手に入れました。楽しいですし,英語教育へも応用可能なツールですね。異動して8ヶ月,ようやく本校の状況が見えてきました。「やり甲斐」のある学校です。本校も1年生が「活動型」でがんばっていて,成果が着実に出ています(英語への不安感が過去より減っている)正月での新システムの発表も楽しみにしています。担当している3年生からは「ハイレベルな授業」と言われているようですが,いろいろと学びながら頑張りたいです。The Japan Times・On lineも,iPadで閲覧すると,紙面に負けないくらいくっきりしていますね!
Commented by yasuhitoi at 2010-12-23 23:41
Toku-Chanさん、こんばんは。
iPad購入、おめでとうございます。僕は本当にiPadに助けられ
ています。メールはもちろん、本、ABCニュース、ナビ、音楽、
英語力増強、ブログ更新、プレゼンなど数えきれません。
数年後、日本人の多くが入手するでしょう。有効な使用方法を
今から研究しましょう。
by yasuhitoi | 2010-12-11 15:58 | 英語教育 | Trackback | Comments(2)