京都の英語教員今井康人の英語教育の日々 リンクはご自由にどうぞ。


by yasuhitoi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

5月22日 インターハイ地区予選始まりました

 五月も後半に入りました。インターハイ地区予選が始まり、公欠が10人くらいいる
クラスもありますが、授業はたんたんと進んでいきます。
大会参加の生徒と引率の先生が大量にでているので午前授業になりました。
午後からは、英語関係の書籍を読み込みました。特に、伊藤和夫先生の英語学習法
は興味深いものでした。

 今日は、学研さんから多読多聴のムック本が届きました。多読で有名な酒井先生が
でていました。多読多聴の方法が非常にわかりやすく解説されていました。いい本でした。

 NIKKEI NETで記事を読んでいたら、文化資本主義という考え方がでていました。
文化を大切にしながら、コンセプトを明確にして、商品開発していく。
コンセプトやフィロソフィーを構築して目標を定めることはその企業の方向性を
決定します。二つめに実行していく手法が重要になります。技術や方策でもあります。
三つ目に組織の構成と運営がポイントになるでしょう。よく考えてみると、昔の
日本の会社運営はこの方式に近かったように思います。
 文化活動と地域経済が密接な関係を持ているかどうかが今後の焦点になります。
 営利最優先のアメリカ型企業では今後の世界経済では通用しないでしょう。
 
 英語教育もコンセプト、手法、組織が重要です。特に組織は今後の英語教育の
方向性を握っています。英語科組織論は最近の研究テーマの一つです。

 明日から東京です。では、また。
[PR]
トラックバックURL : http://yasuhitoi.exblog.jp/tb/11041462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yasuhitoi | 2009-05-22 21:56 | 函館 | Trackback | Comments(0)